2019/06/11

花には早かった「秋田駒ケ岳」

Img_3665_r

 

6月9日(日)国見温泉から秋田駒ケ岳へ

スタートが遅く横長根から第二展望台は11:10

 

 

Img_3677_r

 

11:35 かたがり泉水

 

 

Img_3691_r

 

残雪の急登を避け金十郎長嶺へ

 

 

Img_3692_r

 

尾根筋は雪解けが早い

 

 

Img_3694_r

 

12:40 男岳

大概の登山者はもう引き揚げたのかな…

山頂独占でランチタイム

 

 

Img_3700_r

 

阿弥陀池と奥に岩手山

 

 

Img_3701_r

 

避難小屋脇の水場が枯れていたのが残念

 

 

Img_3705_r

 

下山は脚に優しい大焼砂コース

 

 

Img_3711_r

ムラサキヤシオツツジ

Img_3685_r

チングルマ

Img_3679edited_r

ヒナザクラ

Img_3689_r

イワウメ

 

その他にもショウジョウバカマ、ミツバオウレン、ツマトリソウ

ツバメオモト、シラネアオイ、ミヤマキンバイ、タカネスミレ etc…

 

鼻の百名山としての最盛期は1~2週間先かな?

 

| | コメント (0)

2019/06/03

小泊岬・尾崎山

Img_3641edited_r

津軽半島 小泊岬を周回する東北自然歩道

海岸部分の歩道はかつての地震で荒廃し通行止めだが自己責任で

 

Img_3643_r

ここまで1時間余り

途中の磯では多くの釣り人が居たがハイカーは異色?

 

Img_3644_r

「尾崎山」までは旧海軍の石標が並ぶ

 

Img_3650edited_r

標高229mの山頂に鎮座する「尾崎神社」

 

Img_3646_r

神社裏の展望地から「岩木山」

Img_3649_r

龍飛岬の先には北海道

「白神岬」「大千軒岳」か?

 

Img_3651_r

「尾崎神社」からは木漏れ日差す稜線を周回

小さなアップダウンに時々海岸が見え隠れ

4時間ほどで小泊港裏山の「柴崎神社」へ

山手のコースも明瞭でベンチや東屋(荒廃)もありお勧め

| | コメント (0)

岩木山で雪渓歩き

Img_3617_r

令和初登山は地元「岩木山」へ

標高1,000m付近から所々に残雪が見え始める

 

Img_3618_r

焼止り避難小屋

小屋内の空気を入替え小休止

 

Img_3619_r

大沢は厚い雪渓に覆われている

斜度もありアイゼン歩行の訓練にちょうど良い

 

Img_3620edited_r

雪渓上を吹く風は爽やか~

コース中唯一の水場「錫杖清水」が埋もれているのだけが残念

 

Img_3626_r

御蔵石が見えてくると雪の切れ目に「ショウジョウバカマ」

ここ岩木山では背が低く、サファイアブルーで美しい

 

Img_3627_r

そして岩木山固有種「ミチノクコザクラ」

 

Img_3635_r

雪に覆われた「種蒔苗代」

周辺は「ミチノクコザクラ」「ミヤマキンバイ」のお花畑

 

Img_3631_r

岩木山神社「奥宮」に家族の健康と今シーズンの安全祈願

 

今日は同人メンバーと賑やかに歩いた

少々の山菜も頂き感謝。今夜は心地よい疲れを山菜で癒そう

| | コメント (0)

2019/05/07

板納め② in 鳥海山

板納めツアー2日目は鳥海山吹浦コース

昨夜は道の駅鳥海ふらっとで早々に撃沈

今日は同人O君と彼の友人を加え3人でツアーへ

 

Img_3427_r

昨日は降雪で通行止めだったらしく今朝の夜間規制ゲートは長蛇の列

なんとか駐車させたがO君たちは100この先の駐車帯に居るらしい

まぁ行く先は同じなので山上で落ち合うことにしてスタート

 

Img_3433_r

いきなりの急登。出だしはスキーを担いで…

 

Img_3435_r

1時間ほどで斜度も緩くなりO君達と合流する

 

Img_3462

昨日以上に日差しが強く覆面スタイルで

 

Img_3438_r

先ずは笙ヶ岳へ

 

Img_3447_r

笙ヶ岳3峰から東斜面を滑るO君達を待ちながら大休止

 

Img_3455_r

流石に新山までは届きそうになく御浜小屋前で昼食に

 

    Img_3460_r-2

彼らは明日も滑るというしシールオフ

昨日とは打ってかわって超良い雪(^^♪

俺がスタートしたコースの方が快適そうなので一緒に滑り降りる

 

その後、彼らの入山口まで送り届けシーズンを終えた

今シーズンは13年ぶりにテレマークからアルペンに変更

装備の進歩は目まぐるしく軽量化を金で買った感じ^^;

足元が軽くなり滑るのも超安楽。立ってれば身体が勝手にッテ感じです

でも、もうちょい硬いしっかりした板が欲しい今日この頃です

 

| | コメント (0)

板納め① in 月山

板納めは鳥海山が恒例になっているが今年は月山も加えてみた

グリーンシーズンは何度も訪れている月山だが

ホワイトシーズンは半世紀近くも昔、スキー大会で来て以来

 

Img_3384_r 前日の雨が雪に変わり姥沢への道は凍結

夏タイヤではとても無理な状況で乗合バスを待つ

 

Img_3385_r

姥沢からリフト乗り場まではスキーを運搬するサービスあり

でも、結果的に担いで行った方が早かった^^;

 

Img_3387_r

バス待ちやなんやですっかり出遅れちまった

 

Img_3396_r

山頂方面は薄く雲がかかったまま…

バスでは知り合いのBCガイドと遭遇

彼は山頂は踏まず湯殿山をまわり志津野営場までのツアーらしいが

自分はどうしても山頂ピーク足が向いてしまう

 

Img_3400_r

朝日連峰を眺め暫し休憩

ガチンガチンのアイスバーンにアイゼンを持ってこないことを後悔

1,800m付近でスキーをデポして空身で登る

 

Img_3413_r

12:40 ようやく山頂へ。遠く鳥海山が輝いている

 

Img_3416_r

4週間ぶりの山で足腰はガクガクに…

ツアーコースはあきらめゲレンデコース外を流し志津野営場へ

 

Img_3417_r-2

14:20 後半はストップ雪でクロスカントリーみたいな…

 

明日の鳥海山のため遊佐まで移動

温泉で汗を流し早くビールを飲みてぇ~🍻

| | コメント (0)

2019/03/12

大黒沢BC 長平⇒弥生

Tmp_imgresize13月10日(日) 今期2度目の岩木山大黒沢は長平の青森スプリングスキー場のゴンドラで高度を稼ぐ
Tmp_imgresize西法寺森直下。少雪の今シーズンだが、雪庇の張り出しは変わらない
Tmp_imgresize2むしろ、風の吹き方異常だったのか・・・こんな所のクラックは初めて
Tmp_imgresize3西法寺森ピークから山頂。中央は広いゲレンデになるはずもハイマツがモコモコ
Tmp_imgresize4西法寺平。雪庇をかわしたところから大鳴沢へドロップ
Tmp_imgresize5スノーモビルに踏み固められた大鳴沢を詰め上がる
Tmp_imgresize7乗超すとスキーパラダイス「大黒沢」
Tmp_imgresize6中間から下部は程よいザラメ。スキーもよく走る
Tmp_imgresize8最近は新しく拓かれた「いこいの広場」へゴールすることが多かったが久々に「旧弥生登山口」へ
やはりリンゴ畑まで滑り降り自分たちのシュプールを振り返ると達成感もひとしお

| | コメント (0)

«森吉山BCスキー