2017/12/04

忘年会 in 仙人岱

土曜日、所属する山岳同人の忘年会が例年どおり八甲田山中で行われた。
天気は…こちらも恒例の悪天。今期は特に冬の入りが順調で雪〜吹雪〜ホワイトアウト。
E77eb55a7a7f42ccb8a21268ea4c8817
地獄湯ノ沢にご挨拶。46番の文字は薄くなってますが立派なカンバが目立ちます。


7e598f9e9a374fa1b19c09f63837e24c


夏道合流地点からは一層風が強まり先行した同人のトレースもかき消されています。
cloud8fe5f2189d0244eb9a63bdab9de98bf1


銚子の首は風の通り道。真冬でも岩と氷の世界。

Ac60aad8c9cd42c7b7cc164f537f2296


無事に忘年会会場へ到着。
先行したメンバーも深雪に苦労したようで小屋内は全然温まってません。休憩後、元気なみなさんは大岳山頂へ。自分は野暮用で日帰りとなることから先に忘年会をさせていただきますbeer

ホワイトアウトのせいか大岳アタック組が帰らず痺れを切らして退散。というよりは、調子に乗って飲みすぎたら下山も危ういかなと…
わずか1時間前に登って来た3人のトレースも消え膝丈のラッセルでのげざんとなった。

| | コメント (0)

2017/08/29

猿倉温泉~櫛ヶ峯

2017.8.27 櫛ヶ峰

南八甲田の盟主「櫛ヶ峯」は雪上なら2時間ほどだが夏道となると5時間の長丁場となりなかなか足が向かない秘境。

幾分暑さも和らぎ、日も長いことから、往復10時間を見込んで出かけた。

Tmp_imgresize2
「猿倉温泉」を5時スタート、1時間程で「矢櫃萢」に到着。キンコウカが盛りだ。

Tmp_imgresize3_2
7:00 「松次郎清水」

Tmp_imgresize5
7:20 「地獄峠」でようやく視界が開け目的地の「櫛ヶ峯」をとらえる。

Tmp_imgresize4
7:50 「黄瀬沼分岐」

Tmp_imgresize
「駒ヶ嶺」登山口を過ぎ「御鼻部山」へ続く旧県道が伸びている。今では道に沿って木立が並ぶのみ・・・

Img_7401
「櫛ヶ峰」にまっすぐ伸びる木道が心地よい。だが、この後再び背丈を超える藪に突入。

Tmp_imgresize7
最後30分ほどの急登で遂に山頂到着。北八甲田方向を一望する。

Tmp_imgresize8
こちらは今歩いてきた湿原と「黄瀬萢」と「乗鞍岳」。

健脚向けのロングコースにもかかわらず、この日は珍しく10人を超える登山者があった。

| | コメント (0)

2017/07/03

下北半島ドライブ



津軽も梅雨空ですっきりしない週末。
何十年ぶりかで下北半島をぶらつくことに…
となればとりあえず最北端へ。落ちぶれ感溢れる地方観光地にあっても大間人気は健在の模様。


この日はお天気にも恵まれ海峡の向こうに北海道がくっきり。
穏やかな海にはマグロが群れてることでしょう。
岬には土産物屋が軒を連ねているが入浴してから食堂を探したが既に閉店。
営業時間をしっかり調べて来るんだったcrying


翌日はまさかりの刃の部分を南下。
仏ケ浦は上から見下ろし佐井村のぬいどう食堂へ。
午前11時というのに名物ウニ丼は予約完売とのことでカブキ丼 千円也 をいただきました。
やはり旬のウニは弾力、甘みが違ってました。


むつ市内では三大霊場 恐山へ。
県人なのに初めて拝観させていただきました。
宇曽利湖の向かい側『大尽山』に登った時に拝観しておけば良かったのに…

予報に反して穏やかな天気のもとウン十年ぶりに下北半島を周回。
尻屋崎に立ち寄れなかったのは残念だけど次回はしっかり下調べして美味しい物は余さず食べ尽くしたいと思います。

| | コメント (0)

2017/06/21

南部赤倉岳



猿倉温泉から幻の県道を行く。
大岳を盟主とする北八甲田と違い夏の南八甲田は超静か。


途中からルートを外れ矢櫃沢を徒渉。


高田大岳を背に名もない湿原を進む。


北ナガムテで赤沼を見下ろし一息。更に30分ほどで赤倉岳山頂へ。


再び湿原に戻り東に向かう。ブナ林に変わる頃巨木に刻まれた赤沼への道標。


南八甲田の瞳。透明度第3位、晩秋には朝陽に照らされた赤倉岳に多くの写真愛好家が集う。
新緑爽やかな今日、昼時にもかかわらず閑散としたもの。

| | コメント (0)

ドラゴンアイ



頂上近く『鏡沼』上に降り積もった雪解けが進むにつれ出現するらしく皆さんfacebookなどに紹介している。
どうにもスッキリしない空模様。ドライブがてら樹海ラインを辿る。


見返り峠からの歩道には残雪たっぷり。


八幡沼と稜雲荘。


広い湿原。木道は見えているがショウジョウバカマがチラホラ…


後半はすっかり雪に覆われた樹林帯を竹竿に導かれ見返り峠へ。

八幡沼、ガマ沼展望台から先は花々が咲く季節までハイカーも少ない様子。
やはり今年は雪解けが遅いのかなぁ〜


翌日も休み。近くで車中泊&晩酌beer
サブバッテリーやら防虫ネットなど取り付けたがなかなか車中泊する機会がない。
これまでの車中泊も仙台の子等を訪ね、ハチベエと街中パーキングに泊まるのみ。
これからは山と車中泊で行動範囲を拡大さねば…

| | コメント (0)

2017/06/08

烏帽子岳

Img_6978_rr

6月5日(月)南蔵王 「烏帽子岳」 を訪ねた。
前に来たのは5年位前・・・? 正面に見える屏風岳の稜線を歩いた後、シロヤシオツツジを見るために立ち寄ったが悪天候で断念。その時も開花時期にあたらなかったっけ。
Img_6947_rr 平日の今日は登山者も少ないとのこと。時間は10時過ぎ、ゴンドラで楽々ハイクアップで時間短縮を図る。
Img_6962_rr ゲレンデは結構な急斜面で日差しも強く退屈だった。どうせならリフトもう1本運転してくれたら良かったのに・・・ただ黙々と登り、ゲレンデ上部で3人組を追い越しよく整備された登山道へ。
コッヘルの蓋みたいなのに書かれた標識は、以降も⑦④③①と続く。
Img_6970_rr
シロヤシオツツジ目当てなのに足元にはショウジョウバカマ。
岩木山のはもっと色濃いサファイアブルーなんだぞ!などと心でつぶやく。
Img_6963_rr
シロヤシオ・・・と思いきやオオカメノキ
Img_6955_rr
ムラサキヤシオハ鮮やかに、いたるところに咲いているのに・・・モヨウラクツツジ、ミネザクラ、ハウチワカエデ、ナナカマドなど見慣れた花々。
Img_6976_rr 前烏帽子岳分岐。予定ではこの分岐から前烏帽子岳経由で下山するはずだったが・・・
Img_6984_rr 山頂までは2時間弱。ろうずめ平へ下山する3人組を見送りながら昼食を摂る。
Img_6986_rr 結局ここまでシロヤシオツツジにはお目にかかれなかった。ゴンドラで時間短縮したこともありパンフレットに書かれたシロヤシオ群生地を目指し、ろうずめ平~股窪~三段の滝コースへ。
Img_6990_rr 後烏帽子岳を右手に下山するのだが、こちらのコースは一転荒れた様子。
Img_7004_rr ほとんど視界が利かない中を歩くが後半になり一昨年歩いた雁戸山を目にし懐かしむ。一人って退屈だ・・・
Img_6995_rr 咲いてないマイズルソウロードを足早に通過。以降もイワカガミ、ツマトリソウ、シラネアオイ、サラサドウダンなどチラホラ見やりながら黙々と・・・結構長く単調な道。
Img_7009_rr ボウズがお世話になってます・・・倉石ヒュッテ
この後は更に荒れた道になり退屈至極。三段の滝まで遂にシロヤシオツツジを目にすることは無くゲレンデへ。
Img_7019_rr 最後はゲレンデを早足で下り、チケット売り場のおばちゃんに下山報告し帰路へ。
ここの春から息子も仙台人になり、もう4年間は宮城の山を訪ねる機会も増えそうだ。

| | コメント (0)

«黒森