2018/07/13

おと休で行く妙高&火打 ②

Img_1432_r_r_2
24日 8:00 今日は快晴の予報。大倉乗越のトラバースが心配されるがまずは現地まで

Tmp_imgresize3
こちらの縦走コースは登山者も疎ら・・・コースもそれほど整備されていない模様

Tmp_imgresize4
冬期閉鎖中の黒沢池ヒュッテ。トイレも使えないがテントが3張

Tmp_imgresize5
残雪が残る急坂を詰めると大倉乗越

Img_1435_r_r_2
ピッケル、アイゼンは12本爪必携とのことだったが、雪面が緩んでいることもありツボ足でOK。 せっかくのアイゼンもザックの重しwobbly

Img_1440_r_r
9:00 長助池分岐付近 大人数のこともあり雪渓トラバースにかなり時間がかかってしまった。

Img_1443_r_r_2
11:00 ようやく妙高山頂へ 長助池分岐からキツかった~

Img_1445_r_r
火打山はもちろん後立山から北アルプスの峰々まで一望

Img_1449_r_r_2

燕温泉への下山路。まずは難所の鎖場

Img_1453_r_r_5
以降は特に厳しい箇所もないがず~っと急な下りが続く。こっちから登るのは嫌だなぁ・・・

Img_1458edited_r_r

14:50 称明滝を眺めながら渓流沿いに歩く。あ~入りたいspa

11人の大グループ。笹ヶ峰にデポした車2台を回収するためタクシー会社と交渉中、これを聞きつけた新潟からお越しのSさん。送ってあげましょうとの申し出heart02
非常にありがたく、親切に甘えることにしましたheart04
その後一緒に温泉で汗を流し、埼玉隊の車で妙高高原駅まで送ってもらい無事帰青bullettrain

| | コメント (0)

おと休で行く妙高&火打 ①

6月23日(土) 同人仲間+やまかけ埼玉隊 総勢11人の大所帯
青森隊4人にしても前泊ホテルこそ同じだが、大人の都合で集合スケジュールもバラバラ

Img_1408_r_r

22日 8:20 笹ヶ峰登山口 遅れて到着する東京隊を待たずにスタート 

Tmp_imgresize
直前まで目まぐるしく変わる天候も持ち直し薄曇りのなかスタート。

Img_1412edited_r

11:00 黒沢池分岐

Img_1415_r
次第に残雪歩きになるが踏み跡があり時に踏み抜きもあるが明瞭

Img_1417_r_r
やがて左手に火打山が・・・更に奥には後立山の山並みが続く

Tmp_imgresize1
12:00 高谷池ヒュッテ 宿泊受付を済ませヒュッテ前のベンチで昼食

Img_1420_r_r
昼食後荷物をサブザックに詰め替え火打山へ

Img_1423_r_r
15:45 火打山

Img_1424_r_r

後立山の山並みと遠くに能登半島辺りが見える

Img_1425_r_r
高谷池ヒュッテの後方には明日目指す妙高山。近くに見えるがなぁ・・・

この後、下山時いようやく東京隊とスイッチ。小雨が零れだし、挨拶もそこそこに山頂へ見送りヒュッテへbeer

| | コメント (0)

2018/05/01

板納 in 鳥海山

Img_1089_r

4月28日 今シーズンの〆はお気に入りの鳥海山へ
移動日のこの日、なんやかんやで祓川ヒュッテに到着したのは16時すぎ

Img_1094_r
先着していた仲間と合流し明るいうちから宴会モードbottle

Img_1119_r_2
下山後は湯の台温泉で入浴
市内で買い出しを済ませ、山形側登山口「鉾立」へ移動し夕陽に乾杯beer

Img_1122_r
月明かりに照らされた扇子森。明日の晴れも間違いなしか・・・

Img_1126_r

7:00 今日は風もなく汗ばむほどの好天

Img_1135_r_2
広い大斜面には雨筋もなくフラット
雪もフィルム状の薄氷も緩みはじめスキーも走りそう

Img_1136_r_2
笙ガ森付近で吹浦口へ滑り降りる2人を見送る

Img_1142_r
一気に滑り降り吹浦口へ移動し無事2人をピックアップ
道の駅象潟で汗を流し、フードコートで遅い昼食を摂り帰青car

| | コメント (0)

2018/03/15

八幡平 茶臼岳

Img_0789_r

2018.3.10 岩手県側から八幡平へ。
移動時は秋田駒か八幡平かで揺れていたのだがこの晴れっぷりに松尾八幡平ICでドロップ。


Img_0796_r

「御在所」から旧スキー場をハイクアップ。今日は「茶臼岳」を目指すことに決める。

Img_0808_r

Co1360m アスピーテライン「茶臼口バス停」までが長かった~
アイスバーンで何度も後退・・・やはり「大国森」「恵比寿森」と周回して来ればよかった。

Img_0818_r

13:00 「茶臼岳」山頂到着。風が冷たいので茶臼山荘で昼食。


Img_0821_r

きれいな小屋内も雨漏り? 乾いたベンチに腰掛けゆっくりランチタイムnoodle

Img_0825_r

素晴らしい眺めにパノラマ撮影してみた。
しかし、この後の滑走は全然ダメbearing
深い雨溝をガリガリのアイスバーンでスキーになりませんでした。 

Img_0828_r

ゴール地点の積雪は十分でまだまだ楽しめそうですgood

| | コメント (0)

2018/03/13

BCスキー in 八幡平

Img_0664_r

2018.2.10~11 秋田八幡平へ。
初日はスキー場リフトトップから冬眠中の「蒸ノ湯温泉」を見下ろしながらスタート。

Img_0673edited_r

八幡平アスピーテラインの道路標識は腰の高さ。積雪はゆうに3メートルを超えている。

Img_0672_r

道路を挟んで、こちら「大深温泉」も冬季休業中。

Img_0669_r

「藤助森」を過ぎると吹雪始めたが、立派に育った樹氷で風をかわしながら山頂を目指す。

Img_0670_r

2時間ほどで山頂到着。夏には木製のデッキがあるはずも完全に埋もれている。
天気が穏やかなら「八幡沼」ほとりの陵雲荘でランチの予定だったが、立ったまま行動食を頬張りそそくさと下山する。

Img_0676_r

この日は「後生掛温泉」泊。湯治村は改修工事中でラッキーなことに休憩用の大広間を使わせていただいた。
食材、シュラフ持ち込みで合宿気分で大盛り上がりbottle

Img_0684edited_r

2日目は「焼山」方面へ。すっきりしない曇り空ながら雪質は前日より良く、ツェルトを張って登り返し楽しんだ。

| | コメント (0)

2018/01/09

田代岳BC

秋田県大館市「田代岳」でBCスキー
国道からのアプローチが長く登山口に着いたのは10時過ぎ。先行パーティは車2台か?
膝下のPowは踏み心地良さげだが急斜面の登りラッセルきついだろうな…ありがたいhappy01



今日のメンバーはスキー6人、シュー、ワカン=8人
T枝さんの企画で初山と新年会を兼ねた飲み山行。当初は登山口テント泊の計画だったが除雪作業の妨げになることを考えたらね…
自分は泊まれなかったけど「田代温泉ゆっぷら」は綺麗でリーズナブル、温泉も安価で良さげでした



曇り空から青空も見え始めたが山頂到着に合わせ曇りだす
雪はウィンドパックの重深❄️ 滑るには難儀しました。林間まで降りると良い感じのパフパフ❄️❄️



ただし尾根が狭く急斜面が続き初心者には厳しいコース
晴天時は岩木山や八甲田を一望。大鰐スキー場はすぐ近くに見え、距離にしたら青森県の方が近いかも
登山口の奥にロケット燃焼試験場があり通年で車両が乗り入れられるのもありがたい

| | コメント (0)

«初滑り