2017/03/14

船形山

7月30日(土)
梅雨明け翌日、二百名山の船形山へ。
今回も仙台に住む娘の所に寄ったついで…皆が寝てる間に起き出しての山行。
涼しいうちにスタートする予定も登山口を探し行ったり来たり。すっかり遅くなってしまった。
登山口に駐車する車は5~6台、思いのほか少ない?
良く整備されたブナ林の中、30番からカウントダウンする標識に従い進む。
傾斜は緩いがとにかく長い。鳴清水、山光宮、升沢小屋からは沢の中を遡る。

追越した方が1、すれ違った方が5、大滝からの方が7。山頂泊りと思われる方が1。蒸暑くガスってるせいか意外に静かな船形山。

春に登った泉ヶ岳らしいのが微かに見える。
下山はそちらの縦走路を少し、蛇ヶ岳から草原コース。こちらの方が近いようだ。
水がギリギリで不安があったがなんとか15:30下山。
スズメバチに追われ登山靴のまま車を走らせ、自動販売機で冷えたコーラを飲みながら履き替えた。

0911


0918


1106


1138


1200_2


1221


1244_3


1331_2


1339


1350

| | コメント (0)

おときゅうで「八ヶ岳」

6月30日(木)~7月1日(金)
50歳を越えて久しいが「大人の休日倶楽部」デビューは昨年のこと。
すんげぇ~!信じらんないくらいの晴天に恵まれ南アルプス2座を堪能、年寄りになって最大の賜物はこれだね~って感激したのでした。

2度目の今年。切符を取って以降は週間予報は下がりっぱなし・・・
ところがドッ転。初日のスタートを遅らせたりしているうちにドンドン晴れ空に。
悪天に恐れをなしたのか硫黄岳山荘は我らだけの貸切状態。

二日目は見事な雲海が広がり、昨年の南アルプスから中央アルプス、御嶽、北アルプスまでぐるリンパ。赤岳までにすれ違ったのはわずか2人だけ。赤岳頂上山荘も貸切だった模様。
思うに、今回は晴れることは無いだろうとサングラスを持参しなかったのだけれど、この謙虚さが良かったのかなぁ~
これからは晴天を願う験担ぎにはサングラスにしようかな・・・

Img_5067_r
Img_5079_r
Img_5089_r
B0901ade9483480505ab99bce58f8a8f
346d6026e7799e697993b71a862877c7
7ed48b1d9ff5a85e7bf7a66cff1c4972
Ffa5412f087ac20d9114728c2bc42f8e

3f478fe98db48702701f4b1d1fbccaff
7c6b42d1c7933abf6db485b970448770
10706_3
10726
10804_2
10831

10923_2
4e96d831a2bfffe7a1e510b26fd968b1
1d45ebd3149a101eee70a45a024c00d7
11139




| | コメント (0)

2016/07/05

早池峰山から鶏頭山

早池峰は何度も訪れており、中岳~鶏頭山の稜線を見上げてはいつか歩く日を楽しみにしていた。
早池峰山頂から見る縦走路もそうだが、延々と岩稜帯が続くものと思っていたのだが実際は半分以上が椴松の樹林帯で視界が無く、やぶ蚊と蒸し暑さが続く。
岳集落に近くまで水場も無い長丁場。かなりの健脚向きコースだった。
今回、逆周りで早池峰を目指していた方は3~4人、ホンと頭が下がります。
もしも次の機会があるなら・・・晩秋の涼しく虫の居ない時期にしたいな。

Img_4914_r
Img_4919_r
Img_4924_r
Img_4928_r
Img_4932_r_2
Img_4934_r

| | コメント (0)

沢に遊び泊まる

6月4日(土)~5日(日)
メンバーは概ねシーズン初の沢歩き。
難しい登攀は無いが山中一泊の長丁場。
初日の天気予報は曇り午後から雨、深夜は雷雨のおそれも。
翌日は回復し晴れるとのことで8人の大パーティでスタートする。
今回のテーマの一つ、カワラサワノボッチ鞍部を通る杣道を辿りアサヒ沢へ。

Img_4859_r

2年ぶりのこと、一部記憶が霞む。
やはり一つ手前の尾根を下ってしまったが問題なくアサヒ沢へ。
大滝又沢本流を2時間ほど歩きビバーク地へ。

Img_4863_r

翌日は曇り。
小さな滝を二つばかり遡り570付近で尾根を越し青鹿沢へ。
降りた場所は魚止の滝か?

Img_4877_r

大滝又沢からアサヒ沢出合で作戦会議。往路で尾根を間違えたことが悔やまれ再び正規ルートを探すことにする。
が…尾根道の一部がほぼ消えていたことが判明。

Img_4885_r

なんやかんやで予定より少し遅れてゴール。
反省点も有った。体力、バランス感覚の衰えも痛感したが、今年も楽しい沢シーズンを迎えることができた。
これも皆、同行メンバーのおかげです。ありがとうございました。

| | コメント (0)

2016/02/05

ジルブレッタで岩木山

3月13日(日)百沢スキー場リフトトップから古いジルブレッタ300+登山靴で岩木山頂をめざす。
テレマークに比べ足は軽々。序盤は高温で緩んだ雪はラッセルの苦も無く順調に高度を稼ぐがCo1200辺りで靴擦れ発症、重い雪に難儀しアイゼン装着しスキーはデポする。

Img_4346_r_3


次第に雲行きが怪しくなるが降りだす前に山頂到着。

Img_4348_r_2


やっぱり雪不足の今シーズン。これだと春スキーシーズンも期待薄。
ジルブレッダ+登山靴でこの急斜面を滑る自信なし。種蒔苗代までおみ坂を下りそこから滑ることにする。

Img_4375_r


せっかく大先輩から頂いたスキー。軽くてさぞかし楽かと思ったが、登行は良いとしても滑るのは超難しい代物。
何度も脱いだり、シール貼ったりを繰り返すがほぼ80%は細引きで引き歩いて下山する。

| | コメント (0)

2016/01/25

岩木山BC情報

【第1回偵察】 1月15日 青森スプリングスキーリゾートから追子森方面
Img_4064_r_3
ゴンドラトップの木々がやかましい。
Img_4073_r_2
雪不足で細かい沢の起伏があちこちに・・・さすがにモービルの騒音はない
Img_4082_r_2
西法寺森へのルートも木々が黒々している
 
【第2回偵察】 1月23日 百沢スキー場から鳥海山方面
Img_4094_r
スキー場尾根は藪やぶ・・・
Img_4096_r
1,050m付近 大沢は渡れるが例年になく深い
Img_4107_r
「焼止り避難小屋」の状況Img_4100_r
小屋から上は問題なし
Img_4122_r
「カラスの休み場」
Img_4117_r
「七曲り」
近年の温暖化と木々の成長で、岩木山のBCエリアはどんどん狭まっている。
昨日、今日(1/24~25)は全国的に大雪の模様だが、岩木山の降雪は25日~26日がピークになりそうで、 このドカ雪に大いに期待したいところ。

| | コメント (0)

«赤沼から赤倉岳