« 地元の山でボランティア | トップページ | 岩木山春スキー »

2006/04/12

八甲田へ

Dscf0605昨日(11日)は、久々の好天をゲットしようと「八甲田」へ。
予報では快晴、弘前の最高気温は17℃とのこと。
早速ユンジ君とakihiko君にメール、8:30弘前出発した。
弘前市内から黒石市、「城ヶ倉大橋」を経て約45分で「酸ヶ湯温泉」に到着。
田舎暮らしなれど、当日の天気予報を見てからでも「八甲田」や「岩木山」へ出掛けられるながヨロコバシイ(*^_^*)


さて、4月1日に開通したばかりの「十和田北線」。
ご存知『雪の回廊』は真新しく、ピシット垂直にそびえている。
所々に観光客の残した落書きを見るのも楽しい。
きっと自分の刻んだメッセージを前に記念写真を撮ったんだろうなぁ~


Dscf0621

今日の行程は「睡蓮沼」からスタート、「仙人岱ヒュッテ」で休んだ後「小岳」を巻いて「高田大岳」へ。
そこから「谷地温泉」へTM&スノボで滑り降りようというもの。
「仙人岱ヒュッテ」には11:20到着、貸切の小屋でチョット早いが早速昼飯。
ソーセージを焼きビールで乾杯、ラーメンを啜った後はコーヒーで仕上げる。

Dscf0624 たっぷり休んで外に出るとさっきまでギンギンに輝いていた「小岳」、「高田大岳」は雲の中(ーー゛)
「谷地温泉」 から「睡蓮沼」へ帰るバスは13:58・・・
「小岳」の西に聳える最高峰「八甲田大岳」は晴れわたり、オイデオイデしているではないか・・・
※八甲田は青森県の中央山地、「笠松峠」を境に天候が大きく異なる

Dscf0631

結局「八甲田大岳」に変更、30度はあろうかという急斜面を登りつめる。
「仙人岱ヒュッテ」から約1時間、ときおり雲が流れるが南八甲田の山並みが疲れを癒してくれる。

H18411

山頂からは遠く「岩木山」が霞む。
北側は雲が厚く「陸奥湾」までは見渡せない。
山頂からの眺めを堪能し、山頂を時計回りに『環状ルート』を滑り降りる。
「仙人岱」からは「硫黄岳」に登りかえし、一気に「睡蓮沼」へ滑り降りた。

詳細リポートはHPへアップしました。
           ↓
  http://qtarou1625.web.fc2.com/whaiteseason/oodake411/newfile.html

|

« 地元の山でボランティア | トップページ | 岩木山春スキー »

テレマークスキー」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です、あの好天と高温では大変でしたね~
大岳登れただけでも羨ましいです。
日曜の天気予報は今一ですが大黒滑りたいと思っています~

投稿: kame | 2006/04/13 19:01

いよいよ「春スキーバス」の運行も始まりますね。
なんとか麓からハイクアップして颯爽と滑り降りたかったのですが^^;
どうせならもう少しザラメになってくれた方が滑りは良いかもしれません。
僕も岩木山は「弥生」と「赤倉」には行きたいと思っています。

PS 弘前周辺のメンバーで南も行きたいですね
   ヨロシクです^^

投稿: Q太郎 | 2006/04/13 20:01

櫛ヶ峰は5月の第三週の予定です、
都合が合えば宜しくお願いします~
9日には下記のURLの方が大黒行かれたみたいです、

http://blogs.dion.ne.jp/tomokoji/

投稿: kame | 2006/04/13 21:09

こんにちは。
朝起きてから行く山を決められる環境がとってもウラヤマシイです!
これからの時期は本当に山が楽しくなりますね。わくわくしてしまいます。
30度近くの急登ですか。登ってふぅふぅいって終わりそうです・・・

投稿: tomomi | 2006/04/17 19:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157650/9547443

この記事へのトラックバック一覧です: 八甲田へ:

« 地元の山でボランティア | トップページ | 岩木山春スキー »