« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/30

驚異の方向転換

Dscf00012 「北アルプス」遠征で準備を進めてきたものの、停滞する梅雨前線と繰り返す大雨被害に大英断の大ドンデン返し。
旅の前日、北アルプスの山小屋と麓のホテルを全てキャンセル。
代わり映えのしない本州に見切りをつけ、北の大地を絞り込み検索。
梅雨のない北海道は「大雪山」にあたりをつけフェリー予約をした。

なんとも“行き当たりバッタリ”な夏山遠征・・・
フェリー乗船まぎわに地図と食料を購入、船内でコースタイムを測りながらの作戦会議。
山小屋利用の縦走計画から一転、避難小屋orテント泊縦走である。
なにかに忘れ物の多い“ドタバタ山行”になった ^^;


早速荷物を解き、写真とガイドブックを照らし合わせながらリポート作成。
詳報は 『Q太郎の山歩記』 にアップしま~~す!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/07/22

夏山遠征 in 北ア

週①一ならぬ月①ブロガーへ転落の危機か・・・ってことで、取り急ぎキーを叩くQ太郎であります^^;

“明けない夜”はありませんが、まれに“明けない梅雨”はあるようです。
昨年なぞは梅雨期間中の 『梅雨明け宣言』 がないまま夏に突入しました。
そんな訳で 『夏山遠征 jn 北アルプス』 を目前に、連日代わり映えのない天気図とにらめっこをしているのでした。
今季の遠征日程は25日に南下、26日から3泊4日の行程で槍ヶ岳ほか2本登る予定。
ところが近畿・中部地方では、梅雨前線による大雨の影響で20人を越える犠牲者が出ている模様。
いったん小康状態になったものの、前線は23日頃まで九州~中部に停滞する見込みで更なる被害も危惧されています。
まぁ~こうした時期に 『夏山遠征』 なぞと浮かれているのも不謹慎な気もしますが・・・どうにもスッキリしない天気図に、「いっそ梅雨のない北海道へ変更しようか」 と言う消極的意見も囁かれましたが、 自身の晴れ男ぶりを信じて強気で荷造りを始めることにしました。

Dscf1775そこで今回の秘密兵器? 

なんてことはない百均の「衣類圧縮袋」です^^
できるだけ荷物をコンパクトにまとめたいQ太郎、昨年オバチャン達が使ってるのを見て便利そうだなぁ~と・・・

Dscf1773_2ついで、デジカメのメモリーと予備バッテリーも購入しました。
昨年は3日間の行程でメモリーが不足し、仲間内で撮影規制 ^^
※カメラマンを当番制にし、カメラマンはみんなの意見を聞いて撮影
本当はギガサイズが欲しかったのですが・・・まぁ~動画撮影しなきゃ大丈夫だと思います。。                                                        

Dscf1774また、メモリーだけ大きくしてもバッテリーが切れたら元も子もないので、予備バッテリーを2個購入。バッテリーは純正品が高いため、ネットで互換バッテリーをオトリヨセ ^^
※2個で(送料込み)2530円は絶対安い!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/07/18

コマクサツアー in 岩手

16日(日)、コマクサ満開の「岩手山」へ行ってきた。P1010433_1_r

「岩手山」の北面には“高原の女王”とも称される「コマクサ」の一大群生地が広がっている。オラが山にも「ミチノクコザクラ」という固有種があるのだが、悔しいけれども今時期は「コマクサ」の魅力に敵わないのだ・・・

P1010507_r ここ岩手山縦走路には、「コマクサ」以外にも多くの花々が咲き誇っていた。
生憎の梅雨空ながら、足元を見つめて歩いているだけでホノボノ~とした気分になる。
今回は「岩手山麓国民休暇村」の夏山リフトでハイクアップ、山頂を越え国史跡の「焼き走り溶岩流」に下山するという長丁場・・・・ホントのところは疲れ切っているはずも、花々のフェロモンに惑わされ酔わされていた。そうでもないと老若男女のハイカー達、とてもじゃないが歩けた距離じゃない^^;

P1010514_r 続きは Q太郎の山歩記 でご覧ください \(^o^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »