« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/23

暗門の滝

八甲田山で初雪が観測された21日、どんよりした曇り空に覆われた津軽地方。

それでもなお、春からの体重増加に苦しむオイラは健康的に秋の白神へ。Anmon061021001a_2

ここは『上岩木橋』交差点。

世界自然遺産『白神山地』の青森県側の玄関口は実質ここから始まる。

岩木川に沿って遡ること20キロ。 時間にして約30分の快適なドライブコースだ。

Anmon061021104b

          『第三の滝』                    『第二の滝』                                          

                                          

Anmon0610210251 Anmon0610210362

第二の滝から先はいよいよ渓相も険しく、岩盤をくり抜かれた『トンネル』などもあったりする。また歩道と言うよりは、建設現場に組まれた足場のような狭い橋(60~70センチ)を上り下り、互いに譲り合いながら注意深く進む。

                                                                        

Anmon061021040c

 

         『第一の滝』                さらに奥(核心部への道)

Anmon0610210543

Anmon0610210584

終点の『第一の滝』から奥(核心部)に通じる踏み跡。↑

ここから先へ立ち入ったのは過去3回。

いずれも山菜採りや魚釣りの遭難者の捜索活動だった。

それにして15~6年も昔のこと・・・なんとか仕事抜きで行ってみたいなぁ~

Anmon061021065d

帰りは案内板に従い『ブナ林散策道』を歩く。

それにしても・・・こちらの散策道は静かだろうと期待したが、凄い人・人・人.......

ほんの2時間ほどの間に、ガイドツアーの一行だけでも20以上いたのでは?

『世界自然遺産、、、恐るべし!』

Anmon061021095e

帰り道、キノコ採りのできないオイラは『西目屋村の産直施設』でナメコ、ナラノキシメジ、ハタケシメジ、マイタケ。。。2400円分購入。

カミさんもチビ達も不在のこの日。

独り気ままにキノコ三昧の夜!一杯が二杯・三杯になり・・・ \(^o^)/

スッカリ二日酔いでありました。
本家『Q太郎の山歩記』もヨロシク!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/15

森吉で空中散歩

秋晴れの昨日、ボウズにせがまれて家族サービス。

それでも・・・ナニが何でも気になってやまない山上の紅葉景色!

Dscf0765a

それで行き着いたのが森吉町の『阿仁スキー場』です。

紅葉時期限定でゴンドラ運行中とのこと。

Dscf0837b_1Dscf0781b_1 

Dscf0798a 15分1700円で、一気に標高1167mまでハイクアップ。

Dscf0804a

↑ 東には『秋田駒ケ岳』

Dscf0811a

↑1308m『石森』から北にはオラが山『岩木山』が・・・下には『森吉神社』

Dscf0815a

↑ 山頂方向へ足を延ばすハイカーが沢山おいででしたが、今回はここまで^^;

Dscf0816a

山頂駅から約20分のハイキング。↑ 圧巻は遙か南に浮かぶ『鳥海山』の姿・・・

Dscf0842k

最初は間違って森吉スキー場へ向かうなどずい分と遠回り・・・

それにしても、国道から12キロの表示は嘘でしょう??遠かったァ^^;

途中の松林、いたるところに立てられた看板!

これじゃぁ~探してみて!採ってくれ! って言わんばかりじゃない??

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/10/11

紅葉 Part 2 『早池峰』

三位一体の低気圧もやっとおさまった3連休の最終日。

Dscf0642

「鳥海山」へ行くはずも、天気見でのびのびになり・・・

Dscf0661

最終日の今日こそ!
天候回復を信じてゆっくりめのスタート・・・

Dscf0671

よみピッタリで晴れ上がった山頂 ^^
吹き飛ばれそうな強風に耐えて忍んでイガッタなぁ~

Dscf0678

シッカシ・・・東北の山といえど、『早池峰』恐るべし!

Dscf0684 Dscf0697

Dscf0714

たおやかで、優しいイメージが強い東北の山にしては珍しく
険しい巨岩が連なる『早池峰』。 鎖場あり鉄梯子あり・・・

それでいて、希少種を含む“美しい花々”が沢山咲き競う名山です。
1917mの標高も立派!
是非ともオラが県に持って帰りたいノォ ^^;

詳細リポートは本家『Q太郎の山歩記』にもアップします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/06

錦秋の八甲田

Dscf05891_1 週末3連休の天気予報が優れないことから、平日の5日急遽八甲田へ紅葉ハイキング。

薄曇ながら山頂を流れる筋雲が一層秋らしさを演出している。

紅葉は今が盛り・・・

Dscf05741_2これまで「紅葉は終盤の明るい林床になった頃がすき」と言ってきたが、今回のドンピシャの彩を目の当たりにすると、、、

う~~んn。。これもまた美しい!!

Dscf05961

「八甲田山」といえばここ『毛無岱』は外せません。

平日にもかかわらず2箇所ある『休憩デッキ』は満席状態。

ゆっくりコーヒーでも飲みたいところだが・・・

Dscf0603jpg1

一面の草紅葉。

つい先日までは「キンコウカ」の黄色、その前は「チングルマ」「ワタスゲ」に彩られていた。

Dscf0572jpg1_2Dscf0551jpg1_1「ゴゼンタチバナ」                      「マイズルソウ」

HP『Q太郎の山歩記』もよろしく!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »