« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/29

濃霧の岩木山へ

今朝の天気予報では“晴れ時々曇り、降水確率20%”
気温も5℃くらいまで上がり、3月上旬並みの穏やかな日になりそう・・・

そんな天気を昨日から確信していたオイラ、あらかじめマッチョタカ氏と打ち合わせていたのだった。

Dscf1353_r_1 『百沢スキー場』も絶好のコンディション。
あァ~それなのに、駐車場はがら空きである。                                                        

Dscf1354_r9:30 第2リフト終点をスタート。
前回1月3日よりはマシだが、まだまだブッシュだらけで下りも難儀しそうだ。

Dscf1358_r

11:00 『焼止りヒュッテ到着』
途中何度もガスに覆われ、ヒュッテを見逃すまいと必死で目を凝らす。
しかし、例年に比べ2~3mも雪が少ないため容易に発見。

Dscf1366_r

11:30 ヒュッテで休憩後再度アタック開始。
今日は湿り雪で20cmほどのやぶ。
前半でバテバテのオイラ、早くもマッチョ氏の後塵を拝むことに・・・

Dscf1371_r

次第にガスが濃くなり、ほとんど視界が利かなくなった。
※ ↑これは時折見える山頂

山頂に拘らず、14:00までと決めて濃霧に挑むマッチョタカ氏!

29_021

ホワイトアウトのため鳥海山をパスし、14:00 『鳳鳴ヒュッテ』到着する。
小屋入り口には雪が張り付き、人の気配はない。
さっき遠くに見かけた“単独ボーダー”も、どうやら断念したらしい。

この後のすべりは最悪^^;

激重雪に足をとられ、引きずられ・・・・
これほどに疲れる下りもまた珍しい。。
スキー場のゲレンデに着いてさえ、3度ほど休んでやっと駐車場へたどり着いた。

掲載以外の写真はアルバムでご覧ください!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/01/26

『のへじるし』

先日、ご近所の居酒屋で『晩酌会』。

特に“お題目”をおかないでも、気の会う仲間で集ってみたり・・・

どこで飲んでもKIRINはKIRINなのだが、ついつい飲み過ぎモードに突入^^;

Nohe2

こちらのマスター、弘前市の学生街で21年にわたり洋風居酒屋を営まれていた。

20代の若かりし頃ずいぶんお世話になったのだが1年ほど前に
こちらに新規オープン。

手軽な料金で旬の酒肴を味わうことができる。

店内はカウンター席の他にテーブル2卓と小上がりもあり、家族連れでも
寛げそうな雰囲気。

お近くにお越しの際はお立ち寄りを・・・

Nohe1

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/01/15

今季....初 八甲田

今朝、新聞を取りに出てみると10cm程の積雪。
昨日の積雪と合わせると結構なパウも期待できそう・・・ ^^
早速“弟子”にメール。 以前から気になっていた『高長根スキー場』で落ち合う。。
http://www.net.pref.aomori.jp/hiroryokuchi/

ところが・・・・なんと、毎週月曜日は定休日とのこと^^;

Dscf1345_r

そんな訳で、急遽変更した先は
“今季初 no 八甲田”。

弘前では曇り空だったものの、そこは恐るべし八甲田。。

-7℃、積雪2メートルオーバーな世界なのです。
『本日は悪天候のためフォレストコースは閉鎖しております』そんなアナウンスも聞こえたような・・・・

本日閉鎖のフォレストコースは膝上の重パウ。予想に反して?従順なボーダー&スキーヤーが集う今日の八甲田。。

そんなシビ~~アな八甲田なのに・・・

あろうことか・・・初八甲田の弟子に“ラッセルマン”の試練をアタエタモウタQ太郎なのでした。

Dscf1344_r_3

Dscf1342_r_3

1時間ほどのテレ板トレッキングの終盤、ようやくモッコ沢を滑り降りたガイドツアーのトレースと合流。
彼の背中から、湧き上がる汗・湯気とともに緊張感が薄らいでいくのが見える気がしました。。
Dscf1350_r

なんと今日のフォレストコース・・・・
下りで1時間20分もかかってしまいました。
吹き溜まりでは股下の深雪。それもやや重めパウ。。

今季初? 1年ぶりに実感する“恐るべし八甲田......”であります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/01/14

スキーシーズン本番

ようやくスキーシーズン本番といった感じの『津軽』です。
前回7日に続いてまとまった降雪があり、天気予報でも今日からの1週間は雪マークが連続しています。

Dscf1320_r_2 Dscf1322_r 

カクテル光線鮮やかなゲレンデは11日の「百沢スキー場」。 
圧雪バーンに2~3センチのパウダーが心地よかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dscf1338_r 一方こちらは13日の「鯵ヶ沢スキー場」。 

晴れ後吹雪という慌しい天気ながら、昼頃にはこの景色です。

今シーズン3度目の「鯵ヶ沢スキー場」ですが、はじめてゴンドラ乗り場に行列(10分待ち)が出来ていました。

Dscf1331_r Dscf1340_r

3度目にして初といえば、ツイスターコース(左上)と鍋森スーパー(右上)もこの日から営業開始だとか。

すでに多くのスキーヤーに蹴散らされ荒れていましたが、コースの隅には30センチほどのパウダーエリアが僅かに残されていました^^

Dscf1334_r

ツイスターとコザックを2分する第2ロマンスリフト。

なぜか同じような雪の着き具合なのに、左半分のコザックコースは閉鎖中。

もったいぶらずに開放したら良いのに・・・・

Dscf1341_ra 今日のメンバー。
テレマーク3日目のM君と今季から山スキーに挑戦するK君。

次回は森吉へ?それとも八甲田へ??

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/01/03

初テレ山

年末の雪でようやくオープンに漕ぎつけた地元のスキー場。
新年の”初テレ山”は地元の百沢スキー場から・・・

Dscf1271_r_1 Dscf1276_r 

いわゆる、この○△□◎・・・・なのです。
本当は『焼止避難小屋で昼食を・・・』くらいは言いたかったのですが、なにせ雪不足の今シーズンは木々ボウボウの状態。
スキーなんて幅をとるアイテムじゃなく、ワカンなどの方が断然に適していたようです。

Dscf1284_r Dscf1285_r

それでも今回の同行者は、新人テレマーカーのm君。
※決してMなどと大文字表記できない先行き不透明な“Do素人”である。
それなのに・・・あろうことか、初っ端からヤブコギテレマークツアーに誘ってしまったと大後悔^^;

Dscf1298_r

Dscf1291_r

第2リフト終点から1時間でコース最上部へ到着。
その後、大沢と後長根沢の間の樹林帯を登ること1時間。。。
先行するスノーシューの足跡を辿ったものの、大沢を渡らずしてギブアップ。
雪不足で潅木が邪魔で歩きにくいこと・・・・^^;
加えて“モナカ雪”。シール装着のスキーも微妙にズレまくりで『青色吐息』でありました。。

Dscf1294_r Dscf1301_r

Dscf1297_r_1 Dscf1302_r

登りが2時間。
『頑張って登っても、下りはほんの10分だからね!』等と言っておいたは良いが、今日の下りは30分余り。。。

初心者テレマーカーならずとも嫌になるモナカ雪。
加えて、パラレルターンはおろかボーゲンすら許さないと密生する潅木。。。
これなら『下りもシールが欲しいなぁ~』などと弱気な声も聞こえたりして。。。。。。。

本当~~に疲れました^^;
百沢スキー場の整備されたゲレンデも生憎のアイスバーン状態。
まさか・・・百沢のコースで3回も休み 々 滑り降りるとは.......

観測史上まれにみる雪不足な津軽。
豪雪に泣いた昨年が懐かしく恋しい今日この頃です。
ベストな岩木山は、昨シーズンのリポートをご覧ください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/01/01

謹賀新年

あけましておめでとうございます。本当に穏やかな年初を迎えています。

Dscf1259

今朝方など、3時頃にハチベェと散歩。
これで寝ようと思ったはずが、煌々と輝く満天の星空に狼のごとく目が冴えまくり再び飲みなおし・・・結局、娘と一緒に5時過ぎまで起きていた有様です。
悲しいかな、、、それでもなお昼前には起き出す 『The tyu-nen』 であります^^;

午後から出掛けた『初詣』。
ハチベェを抱っこしているため賽銭はできず、合掌もできず・・・・単なる酔い覚ましのひと時。
明日から仕事のQ太郎としてはソソクサト家に帰りお屠蘇の続きがしたいのですが、神社周辺は渋滞に次ぐ渋滞。
途中からは雨も降り出す最悪のコンディションでした。

Dscf1266我が家の“お年玉ルール”

チビな家系を覆すべく、身長の伸びに応じて金額を決めようと言うもの。
小学2年生のボウズは6.4センチの伸びで6千4百円。
一方中1の娘は3.4センチ、わずか3千4百円だった。
これには成長期を過ぎた長女がオカンムリ (+_+)
とは言え、昨年までは大いに納得し喜んでいたのだから自業自得なのだが。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »