« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/26

八幡平 『焼山 』

25日は八幡平の『焼山』へ
後生掛温泉から『毛せん峠』を超え玉川温泉への縦走路を歩いた。
Dscf2920_r

入梅間もなく、計画後の週間天気予報ではず~っと降水確率が50%。
それが直前になって曇り⇒晴れへと好転し、今期も晴れ男になれそうな予感に独りニンマリ(~_~)する。Dscf2936_r

『毛せん峠』から『鬼ガ城』方向の展望。

笹原の向こうはふかふかとカーペット状に「ガンコウラン」。
白いピンポン玉のように見えるのは「イソツツジ」。
さらによく見ると「イワハゼ」の花と「コケモモ」の蕾。Dscf2965_r

巨岩が連なる谷底『鬼ガ城』。

ここはかつての噴火口か・・・次第に硫黄臭が強くなる

Dscf2968_r

噴煙が上がる火口壁をトラバース気味に登る。

  Dscf2973_r

今でも熱水やガスが噴出すらしく、風向きによっては危険なことも・・・

山側には「イワカガミ」が群生しているのだが迷わず進もう。

Dscf2995_r

玉川温泉『地獄谷』。遊歩道の両側に茣蓙を敷き岩盤浴をする人達があふれる。

今日のコースは距離7.5k。
コースタイム3時間半のところ5時間半、花を楽しみながらタケノコを採りながらのんびり歩いた。

Dscf2956_r お昼は「焼山避難小屋」で採りたてのタケノコで味噌汁を作る。

乾燥ワカメを忘れたのが惜しまれたが、日ごろのインスタントラーメンよりは格段に旨い昼食になった。

                                 

                      

玉川温泉からは路線バスで帰り、後生掛温泉の“泥湯”で疲れを癒した。
それにしても・・・玉川温泉から後生掛温泉までのバス代。
30分弱くらいの移動時間のわりに710円は高くないですかねぇ(ーー;)

もう少し見たい方は 『やまかけ倶楽部』 へどうぞdoor

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/20

恐るべし...『南八甲田』 

19日は『猿倉温泉』から南八甲田へ・・・
Dscf2872_rDscf2874_r登山道沿いの低地には残雪があり、雪に押し倒された若木や根曲がり竹が道を塞いでいる。

Preview001001_3『矢櫃萢』では「チングルマ」が満開なほか「ワタスゲ」も風に揺れていた。
※正面奥が『乗鞍岳』

Dscf2891_r『地獄峠』付近から見る『駒ガ峰(右)』と『櫛ガ峰(左)』

Dscf2883_r

計画では、ここの手前の『一ノ沢分岐』から『乗鞍岳』へ先に登る予定だった。
しかし分岐と思しき場所は増水し、周囲の残雪も厚かったため登山道を見落としてしまったようだ。                             

                                           

                            

Dscf2896_r_2Dscf2898_r_1以降は色褪せた赤テープを頼りに残雪上を歩き、『櫛ガ峰分岐』の標柱をやっと探しあてる。
さらに『駒ガ峰』へ向かい、生茂るササ薮の足元に目を凝らし微かな踏み跡を辿る。
わずか20分ほどで到着できそうな山頂目前・・・
ササ藪をくぐり抜け雪の斜面に出るたびに次の踏み跡を探す。
3度目、ついに“トンネル入り口”を発見できず下山を決定。

一つのピークも踏むことなく『南八甲田』の悪路を7時間歩く Dscf2910_r^^;
Dscf2894_rDscf2879_r

左から「ヒナザクラ」「ショウジョウバカマ」。右は矢櫃沢に架かる橋と『猿倉岳』

その他の花々
「イワカガミ」「ミツバオウレン」「ノウゴウイチゴ」「タチツボスミレ」「オオバキスミレ」「エンレイソウ」「サンカヨウ」「ワタスゲ」「ムラサキヤシオツツジ」「ミネザクラ」「オオカメノキ」・・・

詳細リポートはコチラ!

   

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/06/13

『岩木山』 で雪渓歩き

Dscf2805_r高気圧に覆われ今季初の夏日を記録した津軽、百沢スキー場から『岩木山』へ。 Dscf2835_r

登りの「百沢コース」は6合目から9合目まで「大沢」の雪渓上をたどる。
30度以上の急勾配のため今時期はアイゼン・ピッケル必携。特に下山時は、足下の雪を踏み抜かないよう慎重に!

Dscf2853_r Dscf2860_r 標高1200m付近の名水『錫杖清水』は雪の中・・・
しかし『種蒔苗代』付近では「ミヤマキンバイ」と名花「ミチノクコザクラ」が見ごろを迎えていた。今年の「ミチノクコザクラ」は花弁のつきがよくボリュームがある。Dscf2840_r

Dscf2848_r_2

0000269m下山時の『岳コース』ではタケノコ採りも。。
十分すぎる収穫に下山時間がすっかり遅くなってしまった^^;

       

       

     

       

今日咲いていた花々                                                                     

「マイズルソウ」「チゴユリ」「ハクサンチドリ」「ズダヤクシュ」「アマドコロ」
「ノウゴウイチゴ」「ミネザクラ」「ムラサキヤシオツツジ」「ミヤマリンドウ」etc・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/06/05

『田代岳』

昨日の晴天、青森・秋田県境の『田代岳』に登る。

弘前を8:00にスタート、『荒沢登山口』へは10:00着。

林道入口にゲートが設けられ、地元のオジサン2人に山菜採り入山料を徴収されそうになるが、登山者らしいカラフルな?いでたちに御理解いただく^^;

なんやかんやで登山開始は10:20と超遅発ちになった。

Dscf2780_rDscf2787_rDscf2778_r 登山口までの林道沿いには山菜採りと思しき20台以上の車。

例年、竹やぶの不審なざわめきに驚かされるのだが、今日は一人の山菜採りとも遭遇せず12:00山頂到着。

“ブヨ”がやかましいため、山頂の神社内で昼食を摂らせていただく。

Dscf2790_rDscf2764_rDscf2769_r 今日一番期待していたのが「ミツガシワ(左上)」
開花までは1週間ほど早かったようです。

(中)「ミヤマカタバミ」  (右)「ツバメオモト」

Dscf2765_rDscf2767_rDscf2774_r 左から「タムシバ」 「サンカヨウ」 「ミツバオウレン」

Dscf2804_rDscf2775_rDscf2772_r 左から「ムラサキヤシオツツジ」と「オオカメノキ」 「ショウジョウバカマ」
 「イワナシ」 

写真がありませんが「エンレイソウ」と 「ツマトリソウ」が数株あった気が・・・

いずれにしても花々が咲き競うのは来週以降になりそうです。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »