« 『岩木山』 で雪渓歩き | トップページ | 八幡平 『焼山 』 »

2007/06/20

恐るべし...『南八甲田』 

19日は『猿倉温泉』から南八甲田へ・・・
Dscf2872_rDscf2874_r登山道沿いの低地には残雪があり、雪に押し倒された若木や根曲がり竹が道を塞いでいる。

Preview001001_3『矢櫃萢』では「チングルマ」が満開なほか「ワタスゲ」も風に揺れていた。
※正面奥が『乗鞍岳』

Dscf2891_r『地獄峠』付近から見る『駒ガ峰(右)』と『櫛ガ峰(左)』

Dscf2883_r

計画では、ここの手前の『一ノ沢分岐』から『乗鞍岳』へ先に登る予定だった。
しかし分岐と思しき場所は増水し、周囲の残雪も厚かったため登山道を見落としてしまったようだ。                             

                                           

                            

Dscf2896_r_2Dscf2898_r_1以降は色褪せた赤テープを頼りに残雪上を歩き、『櫛ガ峰分岐』の標柱をやっと探しあてる。
さらに『駒ガ峰』へ向かい、生茂るササ薮の足元に目を凝らし微かな踏み跡を辿る。
わずか20分ほどで到着できそうな山頂目前・・・
ササ藪をくぐり抜け雪の斜面に出るたびに次の踏み跡を探す。
3度目、ついに“トンネル入り口”を発見できず下山を決定。

一つのピークも踏むことなく『南八甲田』の悪路を7時間歩く Dscf2910_r^^;
Dscf2894_rDscf2879_r

左から「ヒナザクラ」「ショウジョウバカマ」。右は矢櫃沢に架かる橋と『猿倉岳』

その他の花々
「イワカガミ」「ミツバオウレン」「ノウゴウイチゴ」「タチツボスミレ」「オオバキスミレ」「エンレイソウ」「サンカヨウ」「ワタスゲ」「ムラサキヤシオツツジ」「ミネザクラ」「オオカメノキ」・・・

詳細リポートはコチラ!

   

 

|

« 『岩木山』 で雪渓歩き | トップページ | 八幡平 『焼山 』 »

登山」カテゴリの記事

コメント

始めまして(^_^)
八甲田のブログ探していてたどり着きました(*´∇`*)
ワタシも昨日八甲田行ってきました♪
初めての単独だったのでメジャーな大岳ですが(;^_^A ・・・
南八甲田は道が難しいんですねΣ(゜ロ゜;)!!
とても参考になりました(*´∇`*)
また遊びに来ますね♪

投稿: JERRY | 2007/06/20 10:15

ようこそ...JERRYさん
貴女のスキー奮戦記、楽しみに見てましたよ^^
なにやらグリーンシーズンも八甲田を楽しまれてる様子。
少しずつ花々の名前も覚えると週末ごとに違った八甲田を堪能できるはず・・・
次回は『雛岳』にも登ってみてください。
迫力ある高田大岳と大岳~赤倉の稜線が素晴らしいですよ。

投稿: Q太郎 | 2007/06/21 11:31

あっ!!!お名前見て分かりました♪
確かBCデビューした時に…(*´∇`*)

お花の名前は本当に少しずつですが…覚えていきたいんです♪
ガイドブックみたいなのを買ったので今からの移り変わりも楽しみです(^^)
「雛岳」ですね!
今度挑戦してみます。。。。(((o・ω・)♪
ありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ

投稿: JERRY | 2007/06/21 12:53

Q太郎さんこんにちは
なかなかハードな山行していますね。
チングルマがきれいです。

今年こそは縦走登山ともくろみ、日々トレーニングをしています。とりあえずは毎日4kmの通勤は歩いております。

投稿: パッポ | 2007/06/21 18:54

『夏山遠征』に向けて出来るだけ定期的に...と思っています。
春からは4.5kを自転車通勤していますが1~2キロしか減量になりません^^;
去年の北海道では見栄を張ってストックを持たなかったのですが、大雪では初めての膝痛を経験。
「トムラウシ」の比ではないものの、4日間の縦走となるともう3kは痩せたいところです。

投稿: Q太郎 | 2007/06/21 22:31

Q太郎さん こんばんは
7/3 関西から友が南八甲田山の櫛が峰登るに来ます。そんなに荒れていますか?
一の沢からの乗鞍コースはいつもこんな状態で沢歩きになります。ハードな山登りの貴方がピーク踏めなかったとはリリーも案内どうしましょうか。3年は櫛が峰行っていないので心配になりました。

投稿: リリー | 2007/06/22 21:00

リリーさんへ

猿倉~駒ガ峰コースの方が荒れていないのでしょうか?
いずれにしても、駒ガ峰⇔櫛ガ峰分岐の急坂は藪が酷いようです。
近いうちに猿倉→駒ガ峰回りでリベンジしたいと思います。
出来れば3日までに調査して報告したいところですが・・・
やはり南は残雪期に限りますね

投稿: Q太郎 | 2007/06/23 19:48

こんにちは!
お早いですねー もう南八甲田行ってきたんですか

昨年、私もチャレンジしてきました。
途中でケガして10時間くらいかかりましたが(笑)

秋頃行ったので、朝早く出発したのですが日が暮れるのが早く、
ケガした足をひきづり、ヒヤヒヤしながら下山したのを覚えています。

南は余裕を持っていかないとダメですね、ホント。

しかし、あの路でないような路・・・
人が入ってない分、神秘的で美しいですよね☆

投稿: 百沢のりんご娘 | 2007/06/24 21:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157650/15497048

この記事へのトラックバック一覧です: 恐るべし...『南八甲田』 :

« 『岩木山』 で雪渓歩き | トップページ | 八幡平 『焼山 』 »