« 恐るべし...『南八甲田』  | トップページ | 『八甲田』の花々 »

2007/06/26

八幡平 『焼山 』

25日は八幡平の『焼山』へ
後生掛温泉から『毛せん峠』を超え玉川温泉への縦走路を歩いた。
Dscf2920_r

入梅間もなく、計画後の週間天気予報ではず~っと降水確率が50%。
それが直前になって曇り⇒晴れへと好転し、今期も晴れ男になれそうな予感に独りニンマリ(~_~)する。Dscf2936_r

『毛せん峠』から『鬼ガ城』方向の展望。

笹原の向こうはふかふかとカーペット状に「ガンコウラン」。
白いピンポン玉のように見えるのは「イソツツジ」。
さらによく見ると「イワハゼ」の花と「コケモモ」の蕾。Dscf2965_r

巨岩が連なる谷底『鬼ガ城』。

ここはかつての噴火口か・・・次第に硫黄臭が強くなる

Dscf2968_r

噴煙が上がる火口壁をトラバース気味に登る。

  Dscf2973_r

今でも熱水やガスが噴出すらしく、風向きによっては危険なことも・・・

山側には「イワカガミ」が群生しているのだが迷わず進もう。

Dscf2995_r

玉川温泉『地獄谷』。遊歩道の両側に茣蓙を敷き岩盤浴をする人達があふれる。

今日のコースは距離7.5k。
コースタイム3時間半のところ5時間半、花を楽しみながらタケノコを採りながらのんびり歩いた。

Dscf2956_r お昼は「焼山避難小屋」で採りたてのタケノコで味噌汁を作る。

乾燥ワカメを忘れたのが惜しまれたが、日ごろのインスタントラーメンよりは格段に旨い昼食になった。

                                 

                      

玉川温泉からは路線バスで帰り、後生掛温泉の“泥湯”で疲れを癒した。
それにしても・・・玉川温泉から後生掛温泉までのバス代。
30分弱くらいの移動時間のわりに710円は高くないですかねぇ(ーー;)

もう少し見たい方は 『やまかけ倶楽部』 へどうぞdoor

|

« 恐るべし...『南八甲田』  | トップページ | 『八甲田』の花々 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157650/15563434

この記事へのトラックバック一覧です: 八幡平 『焼山 』:

« 恐るべし...『南八甲田』  | トップページ | 『八甲田』の花々 »