« 家族サービス | トップページ | 北ア② 『双六岳』へ »

2007/08/03

北ア 初日 『笠ヶ岳』

Dscf3445_r_2

夏山遠征初日は岐阜県『新穂高温泉』からスタート。

空はドンヨリ高曇り、麓の予報では曇り時々晴れなのだが・・・

左俣林道から笠新道を登り、抜戸岳南稜から尾根沿いに『笠ヶ岳小屋』を目指す。

1700mの標高差もさることながら、北アルプス三大急登に挙げられるらしい^^;Dscf3450_r

まずは『左俣沢林道』を1時間。

笠新道の分岐付近は水場にもなっておりゆっくり休みたいのだが、近くで砂防工事が行われており、資材運搬のヘリコプターがやかましい。

日差しは弱いが無風、なにより湿度は80%超まちがいなし!

加えて、うっそうと生い茂る林間の急坂は薮蚊のテリトリーか・・・立ち止まるたびにハッカ水を吹きかけ合う。                   

Dscf3489_r 12:00  遂に雨が降り出し、以降何度となく着脱を繰り返す。

さっき昼食を済ませてホントに良かった~~。

槍~穂高の稜線はおろか、目指す『笠ヶ岳』すら雲の中。

せめてもの救いは「杓子平」に咲く花たちか。 

Dscf3491_r_2 それにしても長~い道程。

稜線に出たものの視界は20~30mほど。

奇岩『抜戸岩』・・・は分かるが、前を向いても振り返っても白く霞むばかり。

足元には咲き始めの「ミネズオウ」「コケモモ」「ツガザクラ」・・・                  

Dscf3496_r 16:30 テント場到着。

めぼしい岩々には「ガンバ」「スグソコ」のペイント・・・・一層苦しくなる^^;

今日の行程はナンと11時間。
睡眠不足+足がツルなどアクシデントがあったものの、昨年の『トムラウシ』を凌ぐハードな行程であった。

ようやくたどり着いた『笠ヶ岳山荘』は、縦走中最大の混雑。

“布団1枚に2人”は覚悟でいたが、布団のヘリの重なり具合(15cm)がまた最大であった。。。

                         2日目 『双六岳』へ続く ⇒

|

« 家族サービス | トップページ | 北ア② 『双六岳』へ »

登山」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。体調をクズしてしまい、御心配かけました^^;。いまだにゲ○p-続いております。たしかに、笠新道はキツかったですねぇ。でも、初日がいちばん元気でした。

投稿: きん太郎 | 2007/08/03 12:31

ご苦労様でした。私も北キレット縦走の時カミナリと雨に泣かされました。下山の紀美子平でも同じカミナリに本当に怖かった。アルプスは今頃が一番天候が良くないそうです。
又目が痛くて病院通いしながら里山楽しんでいます。最後の花を楽しみに待っています。

投稿: リリー | 2007/08/04 08:14

 初日は何も見えなくて残念でしたね!でもQ太郎さんが弱音を吐くなんて・・・^_^;
 いつも道案内&山々の紹介をQ太郎さんにしてもらいながら歩いている私としては、とてもとても行けそうにないこうていでした・・・(ーー;)

投稿: かめ仙人 | 2007/08/07 21:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157650/15983888

この記事へのトラックバック一覧です: 北ア 初日 『笠ヶ岳』:

« 家族サービス | トップページ | 北ア② 『双六岳』へ »