« 『七時雨山』 | トップページ | 『四角岳』 へ »

2007/09/11

『朔日山』 '07

9日~11日は津軽最大の秋祭り『お山参詣』。

津軽の人々が共に親しみ敬う『お山』に、五穀豊穣と家内安全を祈願する。
まさに津軽一円から、『お山』の裾に住まう住民が幟、御幣、出来物を捧げ
岩木山神社を詣でる。
残念なことに近年はその数も減少傾向・・・・
2年に一度....あるいは3年に一度へと縮小された地域も多いらしい。Rimg0003_r

地元っ子の楽しみは『参詣行列』を見る楽しみに加え、宵山の夜に行われる
「登山囃子競技会」と「桝形」での囃子愛好家による饗宴だ。
参詣行列・団体に所属できなくとも、この囃子に魅せられた登山囃子奏者が
全国から集い夜を徹して奏でる。Rimg0031_r

オイラの『朔日山』は、そうした響きに後押しされ『岩木山神社』から正しく山頂の
『奥宮』を目指す。
古くから『ヤマカケ』とも呼ばれる祭りのクライマックスだ。

Rimg0032_r

昔の祭り時、境内には必ず『松明』を売る店があったっけ・・・
そして深夜、『お山』の上方(6合目以上)には
松明行列が見られたもの・・・4908041_3049899765

岩木山神社から『朔日山』を目指し10年あまり。
2~3度中断した年もあったが『ご来光』を拝のは今回で3回目のこと。
最近では4年前らしいが、その年のオイラは礼文・利尻を旅していた。。

今回もスタート時、日中繰り返した雨は止んだものの小さな星空。
次第に星の煌きが広がるが8~9合目では雲の中へ突入。
諦めムードで『おみ坂』を登ると次第に雲上に・・・
そしてソシテ・・・予想外の『ご来光』を拝することができた。

嬉しかったなぁ~
これを機に来年からは違った企画で山頂を目指そうかなぁ~~

ちなみに去年の『朔日山』は....nna 感じでした。

|

« 『七時雨山』 | トップページ | 『四角岳』 へ »

登山」カテゴリの記事

コメント

いがったですよね~
この日は青森からもいい日の出でしたよ。
週末もいい天気でありますように!

投稿: MASU | 2007/09/12 21:20

「登山囃子競技会」!

地元っ子であり山の子である私は、
小学校の頃代表で出場してました。

百沢小学校の生徒はみな、
三上名人に教わってたんですよー

聞きなれてるせいか、ねぷた囃子より登山囃子の方が、
心がわさわさするんですよね(笑)

それにしても、素晴らしいご来光!

来年はぜひ参加したいものです

投稿: SAKURA咲く | 2007/09/12 22:28

こんばんは。
昼のニュースで偶然見ました。ご来光がきれいで見ていた人たちの満足そうな顔が印象的でした。
去年の秋嶽コースを久々に歩きました。快晴で山頂の眺めは最高でした。ミチノクコザクラを見に今度は岩木山神社から歩きたいと思っています。今年はかなわなかったけど来年行けるといいな・・・
あのご来光を見たらいいことありそうですね!

投稿: yura | 2007/09/13 21:11

>MASU様
朔日山のご来光が良すぎたせいか、以降天気がパッとしませんねぇ~
明日は大雨の予報。3日間降り続くようです^^;

>SAKURA咲く様
オイラの魂の根っこはやっぱりお山参詣ですね。
登山囃子の旋律に“ジャワメグ”もう一人の自分が居ました。
是非来年は一緒にトライしましょう。

>yura様
神々しいほどのご来光でした。
そんな朝日に向ってバンザイする人、手を合わせる人・・・
きっと何かご利益があるはずだと確信しましたが、宝くじ当選を願いそびれ今になって後悔しています。

投稿: Q太郎 | 2007/09/15 21:39

いやぁ、テレビや新聞のニュースでご来光を拝めたと知りました。きっとQ太郎さんも登ってるだろうなぁと思いつつ、今年も参加出来ない私には、永遠に宝くじに当たる・・・なんて事はないのですね(汗)。

投稿: 青森太郎 | 2007/09/25 23:00

人間...とっさの時には
「家内安全」だとか「健康」だとか...
案外、ありきたりなことしか思い浮かばないモンですね^^

ご多忙とは思いますが、一度は『朔日山』に挑戦してみるべきです。
津軽人としての根っこの部分を再認識できるはずです。

投稿: Q太郎 | 2007/09/26 19:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157650/16416053

この記事へのトラックバック一覧です: 『朔日山』 '07:

« 『七時雨山』 | トップページ | 『四角岳』 へ »