« 『鳥海山 』 | トップページ | 『藤里駒ケ岳』 »

2008/09/18

白神 『大沢源流 』

世界遺産 『白神山地』 探勝ツアー第2弾は 『大沢源流』 へ。
7月27日の 『追良瀬源流』 に続き、白神ぶな倶楽部のツアーに参加した。Rimg0051ll

Rimg0045ll今回の参加者は16名。Rimg0028ll
ほとんどがリピーターらしく、新参者のオイラはおとなしく後方へ・・・Rimg0035ll

まずは 「旧青秋林道」 終点から大川 「タカヘグリ」 へ。Rimg0037ll
ここは肩までの深みがあり、意を決し荷物を置いて泳ぐ。

やはり、今時期は水が冷たい。 お盆前がお勧めなようです ^^;Rimg0057ll 

その後は 「大滝又沢」 へ。 Rimg0062ll

こちらは一転?
明るい渓相ながら、緑深く苔むした石がビッシリと。Rimg0064ll

ただ、「追良瀬」 と違い魚影は薄いのかな・・・?
オイラが末尾を歩いたせいで見られなかったのかな・・・?

帰路はいかにも “マイタケ” の宝庫...って感じの広葉樹林を辿る。

|

« 『鳥海山 』 | トップページ | 『藤里駒ケ岳』 »

沢歩き」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
「白神山地」は私の憧れの地。
一度、行ってみたいです。

もう水は冷たいのでしょうね。
でも、皆さんお元気?
子どもに帰って楽しそう!

投稿: まこ | 2008/09/18 23:13

Qさんキノコの気配はどうだったんだべ?
この時期はやはり雨がほしいですよね。

投稿: MASU | 2008/09/19 19:55

>まこ様...
この春からの勤務地がまさに“白神”です。
この機会に“白神を歩き尽そう遊び尽くそう・・・”って思います。
でもなかなか奥深く、3年くらいはかかるかな ^^
ぜひ、白神にお越し下さい。

>MASU様...
18日、キノコを探しながら『藤里駒ケ岳』へ。
沢スジの湿ったところで『サモダシ』を味噌汁程度。
あまりに乾燥しすぎて、初サモダシ以降は山からキノコが消えたようです。
西目屋村の産直施設にも皆無です。

投稿: Q太郎 | 2008/09/20 17:30

気持ち良さそうな沢ですね。
さすがに肩までの水深は寒そうですが、
見てる分には楽しそう!
早いもので山はすっかり秋ですね。

投稿: ばりこ | 2008/09/21 11:09

ばりこさんほどではありませんが、源流歩きは清々しく楽しいです。

白神の源流を辿ると、ほとんどが県境分水嶺に行き当たります。
その度に、人間様が定めた“行政区分”など全く意味無いものだと痛感します。

我々に恵みや感動を与えるもの・・・
畏敬の念を抱かせ、敬い、守りたいと思わせる“山々”や“清冽な水の流れ”は一体をなすものであり、そんなに都合よく線引できるものではありません。
白神の冷たい水に浸かり、谷間を抜け、稜線を目指し、はじめて理解できる気がします。


投稿: Q太郎 | 2008/09/22 22:49

Qさんのコメント、改めて山登りっていいなあと
感動しちゃいました。

投稿: ばりこ | 2008/09/23 12:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157650/42518728

この記事へのトラックバック一覧です: 白神 『大沢源流 』:

« 『鳥海山 』 | トップページ | 『藤里駒ケ岳』 »