« 八甲田温泉~赤倉 | トップページ | 晩秋の八甲田 »

2008/10/22

『袴腰岳』

20日は外ヶ浜町の 『袴腰岳』 へ。

津軽半島には 『袴腰岳』 が二つあり、今回登った方が9月28日に登った 『袴腰岳(中泊町・蓬田村)』 に比べ70mほど標高が高い。Preview001001a_2

津軽半島の先端 『竜飛岬』 と北海道の 『白神岬』 まではたった19.5k。

今日のメインは津軽海峡越しに北海道を眺め、飯を食うことだったのに・・・ship

津軽地方特有の悪習 「田圃の藁焼き」 のためか、北海道はおろか下北半島でさえ霞んでいた catfaceHakamakosi200810

それでも終日晴天に恵まれ、コース中 「ナラタケ」 の収穫もあり気持ちの良い里山歩き。 広葉樹の黄葉~赤葉を楽しみながら、往復6時間。

スタート地点は道路を挟んでwave、限りなくゼロメートルかsign04
道のりが長いこともあり、津軽半島とてその奥行きの深さを実感しましたsweat01

Rimg4716llllllRimg4722llllll【左上】標高708m 外ヶ浜町側の山頂  【右上】標高707m 今別町側の山頂

|

« 八甲田温泉~赤倉 | トップページ | 晩秋の八甲田 »

青森県の山」カテゴリの記事

コメント

低山とはいえ、標高ゼロからとは侮れませんね。
にしましても、晴れた日の秋の山は
のほほんとした風情があって
いいですよね。
本州の端をなぞるようなコース、
いつもながら面白いコースを企画されますよね。

投稿: ばりこ | 2008/10/22 21:44

あ!keroさんもいるー

いいなー

私も行きたかったー(仕事だけど)

今年最後の登山はいつ頃ですか?

忘年山やりましょー♪

投稿: SAKURA | 2008/10/23 00:50

お疲れさまでした♪ 
平舘の袴腰岳もブナ林が素敵なのですが、
蓬田の袴腰岳に負けず劣らず
里山のわりにハードでございました・・・。
軟弱なもので、未だに筋肉痛です。(^▽^;)

SAKURAさん、朔日山以来ですね~(^○^)

投稿: kero | 2008/10/25 00:15

>ばりこ様...
春一番と晩秋は里山に限ります。
いろんな頂きものがあり、『登山』とは違ったありがたみを実感できる季節です。
きっとご先祖様たちは、こうした恵みを糧につつましく謙虚に暮らしていたことでしょう。

>SAKURA...

一転、現代人にとって山は癒しの場所でもあります。
『忘年会登山』大好きです♪
Keroさんも誘って、山小屋で「霜降り肉」ならぬ「霜降り鍋」しましょうか?

>Kero...
そんなわけで、霜降り鍋忘年会もきっと↑熱いことでしょう。
一緒に盛り上がりましょう!

投稿: Q太郎 | 2008/10/26 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157650/42868028

この記事へのトラックバック一覧です: 『袴腰岳』:

« 八甲田温泉~赤倉 | トップページ | 晩秋の八甲田 »