« 山葡萄でワ○ン | トップページ | 初冬の『逆川岳』へ »

2008/12/01

スノーシューハイキング

Rimg4884ll_2 今日から「師走」。
それでもスキーにスイッチするにはまだ早い気がして、スノーシューで仙人岱へ。
今日はテレマーク×2、スノーシュー×2の混合編成。                             

            
予報では12時以降sun  9:15 のんびりスタートした。Rimg4889ll_2

昨夜の積雪は20cmほど。

前日のトレースをしばし辿るが
後半は見失いヤブ漕ぎにdash

雪に埋もれた若木を踏むと、突然跳ね上がったりでコース取りが悩ましいwobbly
                           
結局「地獄湯ノ沢」まで1時間半もかかってしまった。Rimg4895ll_2 

11:50 源頭に目印の竹竿。

ありがたいことに、ここから「仙人岱ヒュッテ」までは誘導ポールが立てられているが、吹雪やガスでは見失うこともしばしば・・・ Rimg4902ll_2

「仙人岱清水」

この辺りは風に雪が吹き飛ばされ
積雪1m程か。                      

             
Rimg4898ll_312:10 バテバテで小屋へ。

やっぱりテレマークが楽です。
下山のことを考えると、とても「大岳」に登る時間はありません。

そうした中、昼食時間を削って硫黄を1本滑ったマッチョ氏は偉いski Rimg4904ll_2                   
13:10 空の青みが増すが無理せず下山開始。

マッチョ氏にはもう少し休ませてあげたかったが・・・ タイムオーバー。

Rimg4910ll_2

この付近で陽気な米人男性
(単独・スノーシュー)とすれ違う。
こんな青空、俺たちのトレースを闊歩して来たらそりゃ~気分も良いはずデスsun Rimg4909ll_2      

                        

国道越しにはクッキリ「櫛ヶ峰」

                             

      

    
           
Rimg4912ll_2

14:35 朝とは見違えるような
青空の下、無事登山口へ。   

Rimg4916ll_3
スキーシーズンにはまだ早く
静かな「酸ヶ湯温泉」。

冬期間、八甲田エリアへ乗り入れる道が午前7時半まで通行止めなこともあるが、今朝はあまりにのんびりし過ぎたbearing

朝方の天気がスッキリしなかったこともあるが、せめて「小岳」には登るべきでした。

|

« 山葡萄でワ○ン | トップページ | 初冬の『逆川岳』へ »

登山」カテゴリの記事

コメント

今日の晴天で八甲田なんて
贅沢ですねー。
早くもテレ始動した方がいるんですね。
うらやまし〜。

投稿: ばりこ | 2008/12/01 19:25

予報より1時間ズレでsunでした。
まぁ~今日はスタートから遅かったし、思いがけずヘタってましたから・・・

スキーの良さ再発見でした。

投稿: Q太郎 | 2008/12/01 20:44

スキーコース登ったんですか?
ガスで迷走?GPS駄目?
硫黄のPOW良かったべな~

投稿: kame | 2008/12/01 20:59

鬼面沢あたりから冬道に入ったら、雪不足で難儀しました。
夏道に戻っても若木が被ってるし・・・

もう一降り欲しいですねsnowsnow

投稿: Q太郎 | 2008/12/01 21:08

今日の天気sunは好かったですねgoodうらやましいです。
週末は晴れるかなfuji梵珠山あたりに行ってみようかなdash

投稿: 石田屋 | 2008/12/01 21:43

いよいよですね。

今シーズンこそは八甲田に行ってみたいとおもっているのですが!

たっぷり降ってくれるといいのですが。

投稿: パッポ | 2008/12/05 18:16

皆様...おばんでございます。
今日は午後から雨脚が激しいようですが、明日からは冬将軍様が大いにご活躍くださるとか・・・

そろそろ“眩い白銀の世界”が恋しくなりました。
ドカ雪は身に余りますが、少しずつ冬景色になってもいいかなぁ~そんな弱気な今日この頃です。

投稿: Q太郎 | 2008/12/05 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157650/43288404

この記事へのトラックバック一覧です: スノーシューハイキング:

« 山葡萄でワ○ン | トップページ | 初冬の『逆川岳』へ »