« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009/01/25

南八甲田 ・・・ 偵察

Rimg5192ll_2↑8:35 気温-7.4℃ 積雪231cmの酸ヶ湯温泉

津軽地方には風雪注意報が発令されていたが、この冬仲間入りした山岳同人
『 たかじょ 』 の皆さんと共に 『 猿倉岳 』 へ。          

Rimg5194ll_2

↑ 9:25 ガスってますが石倉手前のカーブ。
遅れて参加の kame さんでしたが、雪上では亀足返上 脱兎の如しです。             

Rimg5198ll_2

10:00 『傘松峠』到着。                

Rimg5205ll

ここまでは一昨日の『硫黄岳』帰りと同じルートだが、今日は天候からしてシビア。

膝上の雪原に、ルートフラッグを挿しながら進む。

Rimg5201ll春スキーでは馴染の 『 櫛ヶ峰コース 』 だが、深雪ラッセルに難儀・・・ Sany0015ll 

予定の 『猿倉岳』 は断念しH1180m付近でランチ場設定。

その後・・・
ランチ場下200mで遅発ちした2名がツェルトを張り休息中。

以降、総勢9名で賑々しく雪上ハイク。Rimg5211ll
14:10 予定短縮で酸ヶ湯ゲート帰着。
ず~ッとシール歩行だったO女史。
いつの間にシールを外し、すっかり立派なスキーヤーになっておりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/21

岩木山へ

昨日はHさんの葬式。
15日に訃報を聞いて以降、悲しみや欠落感は癒えないままアタフタト時は流れ・・・
事務室の机には菊の花、掲示板には葬儀日程が貼られているが
日常の業務は変わりなく引き継がれていく。

                              
Rimg5041ll心のリハビリを促す自然治癒力か,、禁煙してから匂いに敏感になったのか・・・
身に着いた線香の匂いが気になってならない。

そうした自分をリセットしようと「岩木山」へ。
夜勤明けでもあり、素直にスキー場リフトで高度を稼ぐ。
しかし、赤字を抱えるローカルスキー場のためリフト運行は10時。
とてもじゃないが、青森県最高峰を目指すには遅すぎる。
                                                       

Rimg5060ll Rimg5061ll_2

12:10 焼止ヒュッテ到着 (標高1060m)
小屋周辺の積雪は平年並み? 2階入り口からがちょうど良いアンバイ。

山頂方向に雲がかかっていたため、飯前にシールを剥がし小屋に入る。

昔は、春スキー時期になったら完全に埋もれ、チョコット盛り上がった屋根が鳥海から滑り降りる途中格好のジャンプ台だったっけ・・・                                                   

Rimg5065ll_2Rimg5064ll小屋内は-3度。 夏場に比べたら綺麗かな。。

食後はいくぶん青空も見えていたが、再びシールを貼る気にもならず
ハイクアップはあっさり断念。

結局『焼止ヒュッテ』で飯を食い、登山尾根を滑り降りた。

標高1000m付近ではPowも楽しめたがつかの間、滑るにしたがって重雪に。
振り返る山頂方向こそ晴れたものの、欲張らず下山して正解だったはず。
                                          

Rimg5074ll

『姥石』の火の見櫓を見て、今年の雪不足を実感する。
もう一降りしないとブッシュやトラップが邪魔し、思いどおりのスキーが楽しめない。                            

Rimg5086llRimg5087ll

スキー場到着は13:45 

明日に疲れを残さぬように温泉で暖まって帰ろうspa

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/19

離別

Rimg5036ssこの春の移動で、6年ぶり?で再び一緒になったH先輩。

ノホホンとした穏やかな性格で、職場で生じる刺々しさもスゥーっと消し去ってくれる、緩衝材のような存在。

                     

奇妙な職場風土のこと。
些細な対人トラブルで助けられたことは数知れず。

誰もが尊敬するキャラだった。

3月の定年退職を目前に控え、第2の人生を謳歌するのだと笑っていたのに・・・

体調不良を訴えたのは5月末頃のこと。
症状を聞かされた当初から、背筋が凍える気がしました。
でも、まさか・・・。 
まさか、そんな ・・・・・・ そんな思いで募る不安を打ち消してきたのに。。。

闘病わずか半年。
こんなにもあっけない幕切れになるなんて。
我々の心には小さな穴が開き、スースー心寒さを感じるものの、日常は何事も無かったように繰り返されていく。
そんなあっけなさに、吹き抜ける風が一層冷たく感じられたりもします。

そちらは暖かく穏やかな所らしいですが、残された我らには今しばらく割り切れない毎日となりそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/01/08

’09 滑り初め

Rimg4996ll_2カミさんに内緒でポチッとしちゃったNew Ski を持って「百沢スキー場」へ。

ここは岩木山南麓にあるマイナーなスキー場だが、ここから世界へ羽ばたいていったスキーヤは数知れない。

俺と同年では岩谷に石岡、2歳年長では沢田さん。
3人はオリンピック選手だが、世界選手権代表になった選手も多く輩出している。

当時の設備といったらシングルリフトとロープが1本づつ。
休日にはスキーヤーが溢れ、リフト待ちが30分なんてこともザラだったっけ・・・Rimg4994ll_3

                   
今シーズン Powder用 に新調したのはロシニョールのバンデットB94(122-94-112)

早速 Powder を探すが、ゲレンデはこれでもかってくらいに圧雪されている。

未整備のリフト下を滑ろうものなら、たちまち場内アナウンスで注意される始末wobblyRimg4991ll_2

                 
そうした厳しい監視を掻い潜り、見つけたゲレンデが←ココhappy01

                 
もうチョイ斜度が欲しいところだが、メロウなオープンバーンが150m+小回り系の林間100m。

                  
もう一降りしたら益々快適になるかも・・・

               
今日は3時間券でフル、加えてゲレンデからはみ出しアドベンチャーもしたため結構疲れました。

         
New Ski ....Powder では素晴らしく快適ですが、圧雪バーンではかなりシビアなスキーコントロールが要求されます。
                    
まぁ~ファットなんだからと適当に流しておけば良いんでしょうが、友人知人が沢山いる地元では結構神経を使いましたbearing

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/01/04

'09 謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。
てんてん虫も、開設以来3年の節目?迎えることが出来ました。

更新がままならない日には“結構なジレンマ”があったり・・・?
それでもHP 『やまかけ倶楽部』 に比べ更新しやすく、皆様からの書き込みも得やすいため、主はこちらに移転しそうな勢いですRimg4954lla coldsweats01

さて、年末年始も関係ない因果な稼業。
炬燵を占拠し、飲み喰らう日々 bottlepig

←新年・・・その1
元旦は仕事だったので、初詣は2日に。 

平成21年は娘が高校受験ということもあり、学問の神様 『天満宮』 へ。
正しくは、ハチベエの散歩以外は出歩くのも面倒だったところ、酔い覚ましに出掛けただけ・・・ (^-^; Rimg4962ll_2  
← 新年・・・その2
混雑を避けて、勝手気ままな初詣。

津軽には 『一代様信仰』 というものがあり、それぞれの生まれ年(干支)毎に一代様がある。

オイラのそれは、
勤務地直近の『多賀神社』。
一昨日は初詣さえ渋った家族。
どうせなら独り正しく一代様詣へ。

ここは、津軽 四代藩主 信政公が 京都清水寺 を模して建立した高楼であり、現在の神主はイトコ。Rimg4977ll

その後、、、、

たまには正しいお正月を・・・
ボウズを連れて ’09初滑りは鯵ヶ沢スキー場へ。
こちらは今季から 『ナクア白神スキーリゾート』 に名称変更したのだとか。
なんてことはない、運休リフトが増えただけかな?
リフトに乗せてナンボ? or  滑らせ楽しませてナンボ?・・・

効率よく楽しむためのリフト&ゴンドラであり、お客の目的は様々なゲレンデをスキー&ボードで多く楽しむこと。
運休リフトや閉鎖コースがあるなら当然その楽しみも制限され、その対価は当然減額されなけれるべきだと思いますがいかがなものでしょうかねェ (`ε´)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »