« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009/02/27

快晴に誘われて

Rimg5261ll_2 夜勤明けだったが、目が眩むほどの青空に堪えきれず地元『岩木山』へ。

週末ごとの悪天?で、かなり久しぶりのテレマークです。
帰宅しまずはハチベエの散歩。

Rimg5214ll コンビニでおにぎりを買って、スタートの「嶽温泉」到着は既に10:30。
バタバタ身支度を整え10:45スタート。

Rimg5215ll_2前回に比べればマシだが、例年に比べると1mは少ない積雪。

Rimg5218ll_3登山道沿いに進むと“TSL”の真新しいトレースと、2~3日前と思われる方は“MSR”かな・・・?

好天にもかかわらず、平日とあってモービルの爆音が聞こえないのが心地よい。

Rimg5222ll_312:30 前回のランチ場、標高1050m付近に到着。

お山はオイデオイデしているのだが腹の虫が疼いてしょうがない。

Rimg5241ll_3

くわえて、スタート時は絶好調だったシールが高下駄状態に・・・

Rimg5231ll_3どうせ山頂を踏むほど元気もないし「白神」を眺めながらまったり~
以前、キャット運行していた頃が懐かしい。

のんびり1時間ほど休んだ後下山。

Rimg5254ll_2パックした雪が緩み“妖怪板ツカミ”状態で疲れるだけ、後半はほとんど直滑降で
嶽温泉に滑り込む。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/02/11

裏山散歩

2009_0211iwaki0001ll穏やかなBC日和の一日でしたが、生憎のこと夜勤明けthink
皆さんの計画に合わせることが出来ず、のんびり地元の山で遊ぶ。
たいそうな事を言うわけではないが、岩木山の南麓標高195M辺りに生まれた
オイラにとって、津軽の最高峰 『岩木山』 は裏山的存在です。
久々に賑う 「百沢スキー場」 から12時スタート。
2009_0211iwaki0002ll_2登山道に沿ってハイクアップするが、辺りは“モービルランドかい?”ってほどに爆音がこだましている。
そのトレースを辿る自分にも腹立たしいが、まるで圧雪したゲレンデなみに広く
キャタピラ跡が伸びている。2009_0211iwaki0006ll
もんくのひとつも言ってやりたいが、昼にスタートしたオイラが追いつけるわけもなく 「姥石」 でランチタイム。2009_0211iwaki0008ll
津軽平野の東方にはクッキリと 「八甲田」 の山並み。
『たかじょ』 の皆さんも、毛無岱付近からこちらを眺めていることでしょうeye


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/02/09

Dynastar Regend

昨日は二日酔いにもかかわらず早起き。
八甲田に向って車を走らせたが視界10m、何度も立ち往生する猛吹雪に恐れをなしスキーを下ろすことなく撤退。

今日はうって変わってすっきり青空。
大寒もなんのその、我が家の庭先は積雪30cm?
例年、雪片付けに四苦八苦している人間には大いに喜ばしいのだが、オイラにとってはスキーシーズンの先行きと、芝生の刈り込み回数+1が気掛かりcoldsweats02

それでも、山間部ではそれなりの積雪量になっています。
2009_0209ski0001ll_3

今季の安物買いで大トラブルの
“ロシ”でしたが、ロシニョールグループ(株)様には誠意ある対応をいただき、代替品の足慣らしに地元のスキー場へ。

今回受け取ったのは Dynastar Regend 。

手にした感じはチョッと重めなのが気掛かりだったが、ゲレンデに飛び出すと全く気にならない。
コースわきのPowは最悪の重モナカ、でもチョッと強めに上下動するとかえりのテンポ良くスゥーっと抜けてくる感じ。

ハードバーンでもバタついた感じがなく、確実に雪面を捉えられそうですhappy01
2009_0209ski0006ll

暖冬の津軽ですが、八甲田の樹氷は順調に発育し見頃になってきました。
吹雪にガスが加わる日は最悪ですが、これからの1ヶ月・・・
天気予報から目が離せませんeye

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/02/01

またまた 『横岳 』

一昨日・・・1月30日、雲天の予報をおして『横岳』へ。

終日曇りで気温も高めの予報。
市内は厚い雲に覆われ、「国際スキー場」リフトでコソ練かと思いきや、山へ向かうほどに好天になる。
9:00 昼間では大丈夫だろうと、甘い見込み?で城ヶ倉Pをスタート。
今日はテレ2年生のJUNさんと、ダメなら『逆川岳』まででも・・・の計画。
前日、前々日と2日連続で快晴だったこともあり、シューやスキーのトレースも鮮明でアリガタク拝借。

P1300053ll_3

樹間からは『北八甲田』の山並みが一望でき、酸ヶ湯温泉裏の「湯坂」に生じた亀裂までクッキリ見える。

標高1100mを越え樹氷帯になると次第に曇りだすが、ガスのわりには雪の兆候もなくダラダラ進む。
快晴の日に歩いたトレースは“北八甲田ビューP”から“横沼ビューP”へとやたら大回りで、今日のような天気崩れ気味の日にはイラッタイ?happy02

11:20 順調にガスガスの『横岳』到着。
写真だけとって速攻下山、標高1200m付近でツェルトランチ。
昼食後は一層悪天になっていたが、見え隠れするトレースをGPSで確認しながらアルペン滑走。
13:20 予定どおり駐車場へ帰着する。

Preview001001ll

夜、嬉しいことが・・・
先の欠陥スキーについて、ロシニョールグループ(株)から連絡あり。
旧モデルなので同一品とはならないが、同社で取り扱っている Dynastar から同等品をチョイスして送ってくれるとのこと・・・その電話が30日夜。今日は到着するかと待っていたのだが残念。

こういった連絡はメール(文書)で欲しかったところだが、メールは1通のみ。
なぜか大事な部分は“直電話”なのが気にくわない (-_-X)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »