« 安達太良山 Part 1 | トップページ | 桃洞沢から赤水沢へ »

2009/06/17

安達太良山 Part 2

090614adatara_r0606:30 「野地温泉」 からスタート。
早朝雨がパラついたが次第に薄日が差しはじめる。090614adatara_r066_2
6:40 「旧土湯峠」
「鬼面山」 は見えるものの、その先 「箕輪山」 の山頂は雲の中。090614adatara_r072_2

7:30 「鬼面山」 標高1481.6m

視界はイマイチだが足元にはサラサドウダン、ガクウラジロヨウラク、ツマトリソウ、
マイズルソウ、イワカガミ、ショウジョウバカマ・・・090614adatara_r075

8:40 「箕輪山」 標高1718.4m

雪渓を越えたあたりで遂にthunderrainmisttyphoon
雷鳴の後10分くらいザーっと降っては止み、降っては止み・・・

天気が悪いせいか、ここまで出会った登山者は3人のみ。
静かな山中を賑々しく進むrun090614adatara_r080
9:25 荒涼とした赤土の尾根に出ると、岩の周囲にコケモモ、ガンコウラン、
ミネズオウが咲く。
一瞬視界が開けた先に 「鉄山」 と 「鉄山避難小屋(トイレ無)」。090614adatara_r001
10:20 「鉄山」 標高1700.3m

小屋で休んでる間にまたまたmist
ここからは 「馬の背」「沼の平」「牛の背」 ・・・遠くには飯豊・朝日・蔵王・・・

そんな風景を心に描きながら風雨に耐え進むrun090614adatara_r004

ガスに浮かび上がるのは 「安達太良山」 かな?

「矢筈森」 を過ぎて急に登山者が多くなった。
「くろがね小屋」 経由や 「あだたら高原スキー場」 からが断然多いのだろう。090614adatara_r011

11:10 山頂直下は四差路になっており多くの登山者で賑わっていた。

さらに山頂への狭い岩場では渋滞ぎみに090614adatara_r016 wobbly

11:50 「峰の辻」から 「くろがね小屋」 へ下山すると視界回復sun

ここに来ると、泥まみれの登山靴やカッパが恥ずかしいsweat01

「くろがね小屋」 では一風呂浴びたかったが、パンツとシャツの替えしか持って
いないので断念し湯川渓谷コースへ。090614adatara_r026_2090614adatara_r027_2 090614adatara_r034_2 090614adatara_r035_2

これがまたワイルド&スリリングgood

渡渉すること5回。
「天狗岩」 や 「八幡滝」 など見所いっぱい、量感タップリ。

それなのに行きかう登山者は皆無・・・ナゼ? ナゼ? ナゼ?

※お決まりの山頂写真がまだ仲間から送られて来ませんsweat01
届き次第 『やまかけ倶楽部』 へ詳細レポートと一緒にアップする予定です。

|

« 安達太良山 Part 1 | トップページ | 桃洞沢から赤水沢へ »

登山」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様。
天気いまいちながら、なかなか良さげですね。

温泉は残念でした。

安達太良山は28年前、はじめての縦走でした。花を見る余裕はなかったです。

下のスキー場には数回。

後の写真も楽しみにしています。

投稿: asshiage | 2009/06/17 12:14

安達太良山は地元の人いわく、「関東が梅雨入りしてから一週間は天気が続く」とのこと。sun
2003年の6月にOさんと二人で登りました。good
塩沢スキー場~くろがね温泉~安達太良~鉄山~新野地。
温泉は相模屋旅館の野天風呂。
なつかしや・・・
晴れていれば眺めのいい、山ですよ。

リベンジの際には一声お願いシマ~~ス。^^

投稿: きん太郎 | 2009/06/18 15:10

お世話になりました。ありがとうございます。
北小苑の民宿に泊まってきました。いい人達で楽しかったです。
雪渓でアイゼンの人は楽に登りましたが、私一人苦労しました。ミチノクコザクラは雪渓がある所にも沢山咲きますか?
百沢より少ないようでした。まだツボミが多かったです。紫のショウジョウバカマが根曲がり竹の中に沢山咲いていました。このコース又登りに来たい。
安達太良山にスキー場にテント泊まりで同じコース昔登りました。懐かしく見ています。

投稿: リリー | 2009/06/26 15:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安達太良山 Part 1 | トップページ | 桃洞沢から赤水沢へ »