« 焼山 | トップページ | スキー場ハイキング »

2009/10/25

神社 to 神社

昨日に続き、今日も『岩木山』で晴天ゲットsun

6:50「岩木山神社」へRimg0649ss
地元の山なのに、
今年は何回目だろう・・・    

地元民でもよほど覚悟して望まなきゃ登れない
『岩木山』。                       

 
今回はお嬢様達2人の
リクエストを請け縦走run                           

Rimg0650ss

7:00 

正しく参拝してからと思ったが本殿への門は閉じていました ^^;Rimg0651ss

       

「カラスの休み場」で小休止。

         

そこから先は、鼻を擦るほどの?急坂。

一昨日の雨で足元はズルスル・・・

この標柱も、葉が繁っている季節は見落としがちなのだが、晩秋の今はクッキリスッキリeye

Rimg0653ss

8:20 「姥石」 

到着前から樹間が開け、見通しが利くせいか
山頂方向が透けていた。

普段のこの区間、山上も裾野も見渡せる場所は限られている。Rimg0654ssss            

                  

9:00 「焼止り避難小屋」

ここまで来ればしめたもの。

                                     

「姥石」からここまでの登り、年々辛く感じられます。

俺適には「百沢コース」中、最大の難所といえます。                                          

            

※ 三十数年前、雪崩で崩壊したこの小屋を再建時のこと。
 ブロックや砂、セメントを麓から担ぎ上げました。
 当時高校生の俺も随分稼がせてもらったことが懐かしく、天気のいい日は出来るだけ換気する
 ようにしている。Rimg0658ss

10:30 『種蒔苗代』

すっかり枯れた木々も、こんな日差しに照らされれば輝いて見える。Rimg0660ssss

        
『一の御坂』

高度感たっぷり。

死亡事故も頻発している難所・・・
特に週末の混雑時は浮石に
注意が必要です。Rimg0663ssss  

11:00 山頂着

途中のゲチャ泥では
今季初の薄氷を確認。

日陰では霜柱も立っていた。 

山頂小屋でのんびりランチ。

           Rimg0666ss

12:00 

下山は「赤倉コース」へ。

かつて“大好きだ”・・・
と言ってたこのコース。

                              Rimg0677ss   

「赤倉御殿」から「鬼の土俵」までは下草も伸び、洗掘も進行し、かなりな難路になっていた。Rimg0682ss

それでも日本海の海岸線や津軽平野の広がりを堪能し、次第に彩りを増す赤倉神社へ。

|

« 焼山 | トップページ | スキー場ハイキング »

登山」カテゴリの記事

コメント

全く山日和の週末でしたよね。
今日は大学OBの草刈大会でしたflag
天気と反比例してスコアは...

山のほうがいいの~~~

投稿: MASU | 2009/10/25 23:39

いい天気でしたね~
私は仕事でしたが、あさ歩いての出勤は気持ちよかったなぁ~

岩木山にものぼってみたいな。fuji

投稿: パッポ | 2009/10/26 18:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157650/46582296

この記事へのトラックバック一覧です: 神社 to 神社:

« 焼山 | トップページ | スキー場ハイキング »