« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009/11/24

1年ぶりに 『大岳』

20091124_02ss今シーズンから登山&テレマークに加え “沢登り” という新しいカテゴリーが増えたため、八甲田大岳に登るのは昨年12月14日以来のこと。
ほぼ1年ぶりの北八甲田となった。20091124_05ss

10:30 南八甲田展望所

22日は48cmの積雪も、今日のアメダスは30cm。

2連休の翌日のため、
しっかり踏み固められたトレースはツボ足でもOK。
スノーシューはザックに括り付け快適にハイク。

20091124_07ss11:10 仙人岱

この辺りの木道のほうが歩きにくいcoldsweats01
          

景色に見とれていると、
時にズボッと膝まで
沈んだり・・・

八甲田清水はまだ雪に隠れておらず、手も切れるほどの冷たい水に薄氷が張っている。この水でウイスキーの水割りしたら旨ェだろうなぁ~~

20091124_14ss

「小岳」に登るつもりだったが、あまりに空が青かったからつい「大岳」まで欲張ってしまう。

久々の山で足が上がらないところ、この背景を振り返るたびにペースダウンcamerasunfuji「岩手山」がこんなに近くみえるのも珍しい。。

20091124_16ss_3

12:10 大岳山頂

「仙人岱ヒュッテ」に荷物を置き、水とカメラを持って
山頂へ。

森林限界を越えるまではブッシュが多く難儀するが、先行者のトレースに助けられクリア。その後はスノーシューをデポし、吹きっさらしの夏道をツボ足で登る。

山頂は俺たち2人きり。
西に聳える『岩木山』には薄く雲がかかるが、青森市街や陸奥湾はくっきり。
いつまでも佇んで居たいところだが、空腹と寒気に耐え切れず下山。

「小桜沼」あたりで独り山頂を目指すMさんと遭遇。
雪が少ないのでスノーシューを持って来なかったのことで、マリンブーツで登って行った。時間は既に14時頃・・・日没までに下山できたかなぁ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/11/08

スキー場ハイキング

先日の寒気到来で雪化粧した「岩木山」もご覧の状況に・・・
冬将軍様のご活躍はまだまだ先のようです。Nagadaiss000_2

晴天の日曜なのにスタートから大きく出遅れ。
コンビニで買出しを済ませたのが10時。

遠出はあきらめ「岩木山・長平コース登山口」へ。Nagadaiss001_2

「ナクア白神スキーリゾート」駐車場から林道へ。

未舗装路を車で進むが悪路に断念。
480m付近から歩きはじめる。           

標高640m付近に石仏や祠が並ぶ「石神大神」が現れ、さらに700m付近の赤鳥居を潜ったところから登山道らしくなる。              

Nagadaiss004_2

急坂をひと登りでゲレンデに。

北に視界が開け日本海の海岸線が一望に。
冬には「権現崎」や「北海道」まで、見渡せる場所。

Nagadaiss005

爽やかな景色に浮かれた気分で登ると、コース脇に慰霊碑が出現。

昭和39年、大館鳳鳴高校生4人が犠牲になった遭難慰霊碑が佇む。                

俺が4歳の頃の惨事・・・田沢拓也著「空と山の間」に登場するヒゲの藤田さんは旧知で、現在も健在。                    

Nagadaiss008_2

時間は既に12時。

スキー場トップで昼食に。
ここは「鍋倉山」山頂直下で標高920mほど、日陰には先週の降った雪が消えずに残る。

                       

                   

           
芝生は柔らかく整地され、絶好のテン場かな・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »