« 岩木山へ | トップページ | 駒ヶ峯 »

2010/01/19

烈風の八甲田へ

今日の予報は、明け方まで一時snowcloudsun

10日の岩木山では8合目のバスターミナルを目指しながらも途中撤退。
今日こそリベンジしたかったところだが、Junさんと2人ラッセルでは叶わないだろうと八甲田へ。 せっかくの好天につき、箒場コースの下見に向かう。20100119_01r

9:18 又兵衛茶屋からスタート。
時折空の青さが透けるが太陽は見えない。
今の時期にここから登るのは初めてだが、道中の積雪も異常に少ないのでは・・・20100119_05r

箒場コース標識64番を過ぎ、木々も疎らになった標高900m付近。

ウィンドパックされた雪は重くスキーに絡みつく。
空は明るいが、強風で足元はさながらブリザードtyphoon
視界は70~80mだがフラッグを挿しながら行く。20100119_08r

12:10 1100m付近

こうして振り返ると麓も見えるが、実際は油断するとなぎ倒されるほどの強風。
Junさんのビンディングが不調なこともあり、木陰にツェルトを張り昼食beer

そこそこ風を避けれる場所ではあったが、烈風につき画像は無しです。
ストーブで暖をとり過ぎたせいかツェルト内の結露が凄まじく、風で叩かれた水+
氷結?で二次濡れする始末wobbly20100119_07r

13:25 Junさんのビンディングも調整も済み、もう少し登ろうかとも思ったが烈風は収まる気配なし。

「小岳」諦め、せめて「小岳」と「高田大岳」の鞍部まで行こうかとの思いも消沈・・・1120mにて下山する。20100119_17r

But 写真では伝わらないでしょうが、空も青く“良さげなわりに厳しい”日です。

下山中のこの時点も、登りのトレースはおろか、たった今滑って来たシュプールも
あやしいほど。20100119_20r

14:0 フラッグは烈風で倒れている所もあったが、やはり安心感は抜群。
GPSは保険だなぁ~と実感する。

20100119_23r14:40 又兵衛茶屋に帰着。

下山は林間(標識64番)辺りからは風も無く快適。

ただ春スキー時期に比べ雪も少なく、木々の混雑と沢の深さで疲れたsign04sweat01

 

|

« 岩木山へ | トップページ | 駒ヶ峯 »

テレマークスキー」カテゴリの記事

コメント

下からいったんですね~凄い!!
しかし、小枝があちこちにまだ見えてるのが
心配です。春スキーはどうなるんでしょう...

投稿: MASU | 2010/01/20 19:29

雛は?高田のVは如何でしたでしょうか?
気に成りMASU~

投稿: kame | 2010/01/20 22:21

Masu様….

今時期に下から登ったのは初めてですが、雪不足に感じました。
枝沢を乗越すにもシンドカッタです。


Kame様….
高田の火口下は険しそうですね。
まだ木々が多く見えていましたが・・・

投稿: Q太郎 | 2010/01/23 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157650/47338367

この記事へのトラックバック一覧です: 烈風の八甲田へ:

« 岩木山へ | トップページ | 駒ヶ峯 »