« 杣道探検 | トップページ | 大荒れの早池峰へ »

2010/06/22

宇樽部川

今年の初沢は、梅雨らしい雨空の下『宇樽部川』へ挑む。

20100620_07330220100620_01r メンバーは豪勢にも17人の大所帯。
沢入門者も交えた老若男女、雨の十和田湖畔に集合した。

20100620_08034720100620_03r 8:30 装備を整え苔むした一本橋を渡るところからスタート。
この時点ではまだ小雨程度。水流に若干の濁りはあるが、安定している。

20100620_09352020100620_14r 9:30 h500mの二股。この辺りから両岸が急峻になり、プチゴルジュ帯に。

20100620_09394120100620_16r 9:40 最初の滝は2mと3m連続するが、全員フリーで登る。

20100620_09562120100620_21r 9:55 第2の滝は7~8m。お助けロープを借り右岸を攀じる。

20100620_10201120100620_26r 10:20 弟3の滝は5~6m、なぜか急ごしらえの梯子が掛かる。
数名が登ったところで梯子が傾き、安定した凹に架け替え頭から水を浴びる。

20100620_10513920100620_34r 10:50 さらにゴルジュを遡るが、弟4の滝にて作戦変更。
どうにも時間が掛かりすぎるため、安全を期して高巻くことに・・・

20100620_13264120100620_37r この頃から遠く雷鳴がとどろき、雨足も強まる。
沢向かいの木々が白む程だから、時間雨量にして20mmは越えているはず。
遂に沢水も濁流と化し、更に大きく巻いてエスケープルートに抜けることにする。

20100620_14154720100620_41r 急尾根を越え、ブナ、ナラ、カツラの巨木が繁る小沢に沿って下山。
この頃には土砂降りの雨にもすっかり慣れ、群生するミズをチョイト摘みながらrun
F0c423da453101dbfd1d3cf95d262882r 最後は、スタート時の一本橋で“決めのポーズ”scissors
今日の行程は〇〇k、林道へは15時到着する。

100620utaruber

|

« 杣道探検 | トップページ | 大荒れの早池峰へ »

沢歩き」カテゴリの記事

コメント

沢やってますね~

わたくも今年は何本か行きたいと思っています。メンバーはいないので難しいところには行けませんが、暑い時期は気持ちいいですよね~

投稿: パッポ | 2010/06/22 20:58

いやはや、天候は良くなかったけど楽しかったですね!

悪条件下で沢は初でしたが、ちょっとは経験値があがったような!?( ^ω^ )

沢足袋にもようやく慣れましたよ☆

投稿: YOKO | 2010/06/22 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157650/48693967

この記事へのトラックバック一覧です: 宇樽部川:

« 杣道探検 | トップページ | 大荒れの早池峰へ »