« 後立山縦走② | トップページ | 後立山縦走④ »

2010/08/04

後立山縦走③

【3日目】 5:22唐松岳頂上山荘テント場→6:08大黒岳→7:30遠見尾根分岐→7:40五竜山荘→9:20~9:40五龍岳→11:30~11:50北尾根ノ頭→12:50キレット小屋
                        

20100728_05013220100728_161r
5:00 「唐松岳」山頂からの御来光に晴天と安全を祈る

Source_20100728_05070220100728_16_3

昨日歩いた「唐松岳」山頂と「不帰ノ瞼」。
山頂から列をなしているのは、地元の中学校の学校登山だそうな。。
白馬大池小屋にも学校登山の一団が居たが、さすがは長野県ですね。


20100728_05044320100728_164r
朝日を浴びた「立山三山」と「剣岳」

20100728_05282720100728_174r_4
5:20 やはりこの日も20分遅れでスタートとなる。
昨夜は11時頃まで雷雨で、今朝畳んだテントからは水が滴り重みを増している。

20100728_05390320100728_175r_4 
高度感もリセットされ、荷の重さと恐怖に抗いながら慎重に足を運ぶ。

P7280056r_2
「牛首」を乗越し不安定なガレ場を下る。こっちの方が怖いかも・・・

20100728_06083820100728_184r
6:55 「遠見尾根分岐」 左「遠見尾根」と右「五龍岳」

20100728_06580720100728_186r_2
縦走路を振り返るとこんな感じrun

20100728_07311120100728_189r_2
7:30 五龍山荘と「五龍岳」

20100728_08214520100728_191r
小屋前のベンチでゆっくり朝食。美味しい水が無料なのが嬉しい

20100728_09261120100728_200r_2
9:20 『五龍岳』山頂 正面には「立山三山」と「剣岳」。この左には「黒部ダム」

20100728_09225320100728_198r
縦走路を振り帰るとこんな感じ fujieye

20100728_09405720100728_202r
進行方向の先には『鹿島槍ヶ岳』。その右手には“槍”も見え隠れ

20100728_11305220100728_214r
P7280072r_4 
G4→G5の岩稜を進む。ここまで『不帰ノ瞼』より緊張感があったかも・・・

20100728_11342120100728_217r_2
11:30 「北尾根ノ頭」から振り返る 
 
20100728_12491920100728_226r
似たような岩稜に飽き飽きしたころ突然現れた「キレット小屋」。
小屋前後の数メートルさえクサリの断崖絶壁。さすがは三大キレットと呼ばれる所以かな・・・

P7280081r_2
ここキレット小屋周辺にはテントバ場が無いため、行程中初の小屋泊まりに。
平日の今日は空いており、ご覧のような快適空間を得る。

P7280085r
小屋前のテラスからは、怪しい雲をまとったオドロオドロしい『剣岳』が迫る。
今日は3日間で最高の天気だったが・・・不気味な雷鳴と忙しい雲の動きに明日の好天を祈り大いに飲むbeer

缶ビール(大)800円×3+ウィスキー小瓶1000円=3400円也beer
行動食が余ってきたため素泊まりとし、そのぶん晩酌が多くなる coldsweats01
 

|

« 後立山縦走② | トップページ | 後立山縦走④ »

登山」カテゴリの記事

コメント

羨ましい!
暑過ぎて、山に行けない今年もありかなと思いつつ。

しかし、毎年方面が重なるのは何ででしょう?
唐松から不帰経由鑓温泉を考えていました。

投稿: ashiage | 2010/08/04 21:13

お身内で忙しそうな様子を察しておりましたが・・・
今年の梅雨明けッぷり&太平洋高気圧の頑張りには応えないといけませんねsun
たまにはリフレッシュも必要です。

秋口にもう一度南下したいと考えています。
虫のいない静かな山で一杯やりたいですbottle

投稿: Q太郎 | 2010/08/05 17:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157650/49059587

この記事へのトラックバック一覧です: 後立山縦走③:

« 後立山縦走② | トップページ | 後立山縦走④ »