« 阿闍羅山 | トップページ | 松森から蔦温泉へ »

2010/10/30

釜臥山

『分県登山ガイド青森県の山』で紹介されているものの、全国的にはほとんど無名の里山?下北半島の最高峰は陸奥湾を見下ろす絶好のロケーション。
標高は879mとたいしたことなさそうに思えるがさもあらず・・・sweat01

**********************************

 

 

20101030_09111120101030_06r

9:00 水源地公園をスタート。

本日のメンバーは山岳同人の仲間5人。
純粋な県人4人+関東出身で大間在住のHさん。
奇なことに、関東人のH氏が現地情報に最も詳しくエスコート役になる?

20101030_09180620101030_09r

水源地公園周辺は、この地に古くから赴任する海上自衛隊の官舎が立ち並び歴史的な味わいがある。 すぐさまこうした赤松林に延びる林道を行く。

20101030_10334020101030_14r

10:30 途中に右手のスキー場に抜ける小路が複数あり、そちらに行かないように気を使いすぎ大きくタイムロス。 それでも里山ハイキングなんだから・・・と大らかにブナ、ナラ、クロモジの混合林を登る。

20101030_10492420101030_24r

10:50 スキー場コースと合流するとすぐ『七面山』の祠。

20101030_11223820101030_30r_2

11:20 急登に耐え潅木帯を抜けるとこんなアンテナと廃材。

20101030_11281620101030_33r

20101030_11284320101030_34r_2 

11:28 古めかしい看板とクライミング場とおぼしき巨岩。

20101030_11354320101030_43r

11:35 巨岩を回り込むと礫石が連なる最後の?登りに。
行く手にはそぐわない近代的建築物が・・・

20101030_11425420101030_45r

この巨大なレーダー施設。 日本に4箇所しかないのだとか。。

20101030_11480020101030_51r

山頂は休憩に適した場所もなく、冷風厳しいことからチョッと下って観光展望台へ。

20101030_11560220101030_54r

11:50 ここまでは車で登れるようだ。

立派な展望台の下階には休憩室とトイレ。
ジュースの販売機もあり重荷を背負ってきた俺らはナニ・・・coldsweats02

20101030_13171420101030_65r

下山時。。あれこそは“やまかけ下山道。胎内くぐり”かな?

20101030_13225320101030_68r

さらに、巨岩から右手上方にある“大黒天?”をリサーチする。

20101030_13545120101030_70r

七面山分岐からスキー場方向へ下ると、ゲレンデトップにある『望海雪楼』。
休憩舎のようで施錠なし。スキーゲレンデの備品が若干置かれていた。

20101030_14013820101030_74r

こちらは開放的だか、かなりの急傾斜で膝がわらう。

20101030_14254720101030_77r_2

振り返るとこの高度差。

876.6mの里山となめていました^^;
標高差840mは酸ヶ湯から登る八甲田大岳以上にタフでした。

20101030_14261520101030_78r 

麓に海水面が近いせいで、なんか優しく感じるでしょうがそんなことはありませんpunch
一度きりでナンですが、お勧めは春&晩秋でしょうかmaple

俺としては冬季、自動車道を辿ってでもこちら側に滑り降りたいなぁskiski

|

« 阿闍羅山 | トップページ | 松森から蔦温泉へ »

青森県の山」カテゴリの記事

コメント

ナイスロケーションの山ですね。
こんなところでのスキーも気持ちよさそう。

投稿: パッポ | 2010/10/31 07:24

里山って本当に侮れませんね。
標高差800m以上の登りといい、
山頂付近のシュールな光景といい
味わい深い山ですね。

投稿: ばりこ | 2010/11/01 12:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157650/49888585

この記事へのトラックバック一覧です: 釜臥山:

« 阿闍羅山 | トップページ | 松森から蔦温泉へ »