« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010/11/29

久渡寺山

014_r

11月27日(日) 今期一番の冷え込みも抜けるような青空sun
夜勤明けですっかり遅くなったが、ラーメンと水だけ持って 「久渡寺」 へcardash

10:30スタート→10:45あそびの森→中間ベンチ10:55→11:20山頂

********************************

011_r

弘前市子供の森として整備されているが、本来は「津軽33観音」の1番札所。
『あそびの森』を過ぎ、杉林の入り口には観音様が置かれている。

013_r

スギ林からヒノキ林へrun 展望がなく退屈なので足元の枯葉観察eye

017_r

11:20 ヒノキ林は急登りで辛いが15分ほどで山頂(663m)へ。

山頂では食事中の男性1名、途中すれ違った登山者1名と静かな山行。
樹間にのぞく 『岩木山』 は山頂付近の雪化粧が青空に輝いているが、『八甲田山』 は周囲の木々が邪魔して見えない。

018_r

下山は尾根周りでカモシカの道へ。

019_r

こちらのコースはすっかり葉が落ちた広葉樹林のため見晴らし良好fuji

『岩落山』 からはカモシカの道をドンドン下り 『あそびの森』 へ合流。
この下りも急坂で、枯葉が積もった道に何度も足を滑らせる。
“たがじょ” が最適だったのだが、今日は冬用登山靴での足慣らしrun 

いよいよ明日からは雪の予報snow
スキー、ウェアーの入れ替えも済み冬将軍様のご活躍を待つばかりsnowtyphoon
snowtyphoon

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/11/18

名水と修験道のみち

012_r

11月17日(水) 東北自然歩道 『名水と忍者修験道のみち』

弘南電鉄 津軽大沢駅〔10:00〕→桂清水〔10:50〕→尾開山西麓ランチ場〔11:40~12:10〕→
尾開山〔12:45〕→お茶の水〔13:25〕→石川駅付近〔14:15〕→津軽大沢駅〔14:35〕

**********************************

002_r

10:00 弘南電鉄「津軽大沢駅」をスタート。

007_r

10:35 桂清水への林道入り口

012_r_2

013_r

10:50 「桂清水」到着。 今日はこの奥(山手)にある『灯明杉』まで足を伸ばす。

016_r

鳥居をくぐり急坂を10分ほど上ると『灯明杉』
たしかに神々しい。 最近パワースポットとして密かな人気らしい。

022_r

11:25 林道から左折、尾根を切り開かれた歩道へ

041_r

昼食のあと、先輩のキノコリサーチに付き合って「尾開山」へfuji

046_r

049_r

13:28 「お茶の水」

056_r

一気に下りりんご畑になると展望が開ける。
りんごの収穫も終盤、おいしそうなりんごが鈴なり。 

偶然、畑作業中の知り合いと遭遇。収穫したてのりんごをリュック一杯頂くapple

058_r

南には白く輝く「八甲田」の山並みsun

101117p_r

のんびりし過ぎて帰りの電車に遅れてしまったのはご愛嬌coldsweats01

結局スタートの津軽大沢駅まで(2駅)歩ききったrun

今日の参加者10人、歩行距離は13.8K。
温泉で一汗流して居酒屋で総会。 来シーズンへのステップとしたい。。

最近はどうも不精で、細かなレポートはヤマレコにお任せしています。
その他の画像をご覧になりたい方はこちらを Click 下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/15

東北新幹線 『はやて』 試乗

この冬、ようやく津軽へ新幹線が乗り入れることになった。

長いこと陸の孤島のごとき僻地とされてきた本州最北端の地。
ついにこの冬、東京から3時間半で結ばれることになり、超難関、超高倍率の抽選を通過し優待試乗scissors

Pb150015_r_2

**********************************

      

Pb150001_r_2

12月4日オープンの『新青森駅』東口です。

Pb150004_r

開業前とはいえ殺風景な駅前風景。
窓の奥には八甲田の山並みが見通せるでしょうが、そうした趣味のない方々にはかなり寂しい風景に写るでしょうね。
なんか新興住宅地まで延伸した新設の終着駅って雰囲気です。

Pb150005_r_2

新聞やニュースで見るに何度目かの試乗会。
今日3回目?の試乗列車。 見覚えのある自治体職員もチラホラ・・・

Pb150010_r

高倍率につき満席かと思いきやガラガラの車内。
空席が多いのは自由席の車両だけで、指定席車両は満員なのでしょうかね・・・

それとも試乗会とて試運転の一環で、乗車割合も測っているのでしょうか。

     

結果、振動もなく非常に快適でした。 せっかくのスピードを享受するには、
「七戸十和田駅」に停車することが惜しまれるほど。

トンネル走行の時間がほとんどで眺望は無し。
加えてトンネルへの出入りが煩雑で、そのつど耳腔が絞り込まれる感で快眠が妨げられるんじゃないかな・・・wobbly

さてさて、この新幹線津軽へ訪れ、俺の出迎えを受けるのはどなたでしょうかね~
時節柄、バックカントリースキーヤーでしょうねgood

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/11/13

初冬の仙人岱

2010111313350000_r   

酸ヶ湯温泉〔9:30〕→地獄湯ノ沢〔10:20〕→仙人岱ヒュッテ〔11:00〕→酸ヶ湯温泉〔13:35〕

*******************************

↑ 下山時の画像です。アシカラズgood
ようやく津軽もホワイトシーズン・・・snow  今季初、雪の八甲田へご挨拶 happy01

2010111310250000_r

寒気が緩んだこの日、街中の最高気温は14℃ほどだった。
が、ドッコイ・・・・八甲田山は初冬の雰囲気。
酸ヶ湯温泉の公共トイレ、ビジターセンターは冬季閉鎖になり寒風が吹いていた。
それでも駐車場には10台くらいの車がおり、俺なぞは遅いスタートだったかな?

2010111310420000_r

10:50 「仙人岱」
スタート時よりは幾分空も青みがかり、「小岳」の山頂付近まで見え出した。
積雪は10cmほどか・・・石の隙間が微妙に埋もれ足の置き場に気を使い歩く。

仙人岱ヒュッテでは地元学生グループとスイッチ、温かみの残る小屋でマッタリ。
今時期ここに訪れるのは皆常連様のようで、各々大きな荷物を持ち込み、備蓄し、年末山行の予定なぞを交換している。


2010111311070000_r 2010111311090000_r

マッタリ休憩の後はますます良い天気になったのだが、ピークを極める気などサラサラなく下山。晩秋のこんな良い天気・・・北国に住まう男達は庭木の雪囲いやら、自家用車のタイヤ交換やらで大わらわなのだcoldsweats01

言いつつPCに向かうbeerbottlewine

前回に引き続きデジカメを忘れて行ったが、ナンカそれなりに撮れてるupcamerasign02

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/11/07

松森から蔦温泉へ

八甲田も山頂付近は雪模様。
市内から八甲田に至る国道も凍結による通行規制が増えてきた。
本格的な冬山にはちと早く、南八甲田の 『仙人橋』~『 松森 (標高804m)』
~『蔦温泉』 を散策する。

蔦温泉〔10:20〕→仙人橋〔10:25〕  JRバス 190円
仙人橋〔10:25〕→赤沼〔11:05〕→松森〔11:45〕→月沼〔12:40〕→蔦沼〔13:00〕→蔦温泉〔13:20〕

**********************************12 

10:25 蔦温泉へ車を置き、バスで「仙人橋」へ。
駐車スペースにはキノコ採りの車が2~3台。すっかり葉が落ちたブナ林を45分
ほどで『赤沼』に到着。 

22

11:45 松森のピークに到着。 風を避けて小休止。

32

下山中は2~3箇所不明瞭なところもあったが、南ナガムテを左に見ながら広い
尾根を下る。

42

石を抱いたブナ。 こうした巨木が増えてくると林床もすっきり見通しもよくなる。

52

蔦七沼めぐりの遊歩道が近くなると木々には黄葉が残り彩が豊かになる。

2010110513000000

12:40 『月沼』

2010110513240000

13:00 『蔦沼』
お日様が見え隠れする微妙な天気suncloud 

62

前半はどんより曇り空だったが次第に晴れ間が多くなる。
カメラを忘れ携帯電話で写真を撮るがどうにも画像がヨロシクナイthink

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »