« 八甲田の洗礼 | トップページ | 追子森 »

2010/12/30

鳥海山

016_r_4
’10年のラス山は地元 「岩木山」 の右峰 『鳥海山』 へ
本当は昨日から八甲田へ行く予定が、急な訃報で通夜の席へ・・・
その後の痛飲もありすっかり遅いスタートになってしまった

嶽温泉〔9:30〕→夏・冬道分岐〔10:40〕→七合目〔11:35〕→バスターミナル〔12:00〕→リフト山頂〔12:30〕→鳥海山〔12:45〕→嶽温泉〔14:20〕

**********************************

001_r_2
9:30  快晴の嶽登山道口。


007_r_3
『巨木の森分岐』 先行者はワカンの4人。 すごく助かってますhappy01

010_r_2
10:40  『夏・冬道分岐』  標柱が傾いでいるだけで、積雪は少ない

014_r_2
11:40  『七合目』 細かな沢筋が入り組み、小枝や笹もやかましい

015_r_2
先行グループの女性3人をパスするが、トレースただ乗りではオチオチ休めないcoldsweats01

020_r_2
12:00 バスターミナルで飯を食いたかったが ・・・・
先行チームのリーダーにお礼も言いたいし、交代もしたいと気が焦るrun

021_r_2
12:30  リフト終点を目前に、先のリーダが下山して行った
一応お礼を述べ、俺はもう少し先へ行く旨を話すがニベモないthink

023_r_2
『鳥の海噴火口』 越に見る 『岩木山々頂』

024_r_2
12:45  標高1502mの 『鳥海山々頂』

ここは、我ら地元スキーヤーにとっては慣れ親しんだ場所。
昔から3月頃の悪雪時、ジュースとパンを持って登り遊んだもの ・・・
13年前にスキー仲間が岩木山滑走中の事故で急逝。 
この春13回忌では、親父様と談笑したばかり。 
親父様は7年まえに食道癌に罹り、その後転移も見られたが放射線&抗がん剤で癌が消失したのは、亡き息子に守られているおかげと話していたのだが ・・・ 合掌

いろんなことが思い出されるが、次第に霞みはじめ寒い。
それにも増して、向こうの山頂へ行けなかったことが悔やまれる。

040_r_2
『西法寺森』 にスキーヤーが見える。
あそこも変化に富んだ良い斜面 ・・・ カッ飛んだなぁski

045_r

ガスに追いかけられるようにバスターミナルへ。

せっかくの好天sun もう1時間早くスタートしてたら山頂へ立てただろうに ・・・・

|

« 八甲田の洗礼 | トップページ | 追子森 »

登山」カテゴリの記事

コメント

この時季に鳥海山、素敵ですね。素晴らしく美しい!!!
八甲田行きたいですが、体力間に合うかしらと自信なしです。

投稿: ashiage | 2010/12/30 23:28

いい天気ですね。
にべもない・・・
北の人は無口な人が多いからね~^^

私も今日山納めにいてきました。
意外にいい雪でした。テレも形になってきましたよ~多分。

投稿: pappo | 2010/12/31 00:48

今年は今まで以上に『岩木山』で遊ぼうと考えています。
スキー&山遊び文化の衰退で状況変化も激しいと実感。
あらためて地元の山を探ってみようかと・・・
スタート地点の標高が低い分、山麓では快適に滑れるコース選択が難しいです。でも、樹氷は無いですが岩木山のダイナミックさはもっと高く評価されるべきかと思います。

投稿: Q太郎 | 2010/12/31 21:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157650/50441373

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥海山:

« 八甲田の洗礼 | トップページ | 追子森 »