« 岩木山・・・またしても↴↴ | トップページ | 静かな八甲田 »

2011/03/11

八甲田 梅津コース

R_1100310umezu  

3月10日(木) 雪(新雪30cm) -9.8℃(アメダス酸ヶ湯)

八甲田ロープウェー山麓駅〔8:50〕→100番標識〔10:00〕→フォレストコース〔11:25〕→さくらフィルム130番〔昼食11:50~12:50〕→ダイレクトコース〔13:35〕→さくらフィルム22番〔14:30〕→梅津氏遭難地〔14:55〕→ロープウェー山麓駅〔15:20〕

==================================

 

R_002  

 

8:50 ロープウェー駐車場でさえ30cmの新雪。
山頂方向は雪雲に覆われドンヨリcloudsnow

それでも見知った顔ぶれは皆明るく、膝丈の深雪を軽快に走る。
『2ヶ月前から入れてた代休が大当たりぃscissors
『いやぁ~、今日は午前中休んで正解だったupnote
みんな八甲田のPOWが大好き。粉に魅せられたジャンキーなのだheart04

 

R_004  

 

体脂肪燃焼派の俺たちはフォレストコース終点の橋から北進、1時間あまりで『梅津コース』のスタート地点へ。
昨年は30~40分で来れたのに・・・膝丈の新雪は重めで先が思いやられるsweat01

 

R_007  

 

この『梅津コース』は、かつて青森市から酸ヶ湯温泉への交通路が確保されていなかった頃、冬季間の最短コースとして梅津又四郎氏が拓いたものらしい。
しかし残念なことに、昭和26年3月、氏自身がコース中「大国見」付近で遭難死してしまった。まさに“山にベテランは無い”の諺どおりである。合掌。

そんな訳で『梅津コース』が俗称なのか・・・? 円形の補助標識に混じって、四角いホーローの看板には『田茂萢コース』と記されている。

 

R_009  

 

11:25 深いところでは太腿までの重いPowに汗しながら、ようやくフォレストコースに合流。
この直前で三角の「さくらフィルム」150番からはトレースがあり大いに助かった。

 

R_010  

 

11:50~12:50 120番付近でランチタイム。

 

R_017  

 

昼食後は晴れ間が見え始めた。
雪華が綺麗なモッコ沢にはツアー客だろうか、スキーやボードのシュプールが入り混じる。ロープウェーは平日というのにスキー客で満員。

 

R_019  

 

13:35 ダイレクトコースに合流。
朝のペースならここまでの予定も、150番からのトレースに助けられ「寒水沢」まで足を伸ばすことに。

 

R_025  

 

「大国見」 黒石市方向は明るいようだが、「逆川・横岳」には雪雲が掛かっている。

 

R_023

 R_024  

 

14:30 「寒水沢」目前、22番でトレースは「田茂萢岳」に向った模様。

この先は19番から9番まで「寒水沢」を遡り、「毛無岱避難小屋」へ至る。
もう少し雪の状態が良かったら、そこから「カモシカコース」で下りたいところ・・・

 

R_026_2  

 

14:55 梅津又四郎遭難地
トドマツにスキー板が打ち付けられているのがお分かりでしょうか。
先行者がイグルーを造って休憩した様子から、きっと同人のNさんかな?

 

 R_030

 

 

15:15 林間をダイレクトコースに向い滑り降りた。

今日はじめてシールを剥いだが、重い雪はなかなか快適なスキーとはならずこれまた結構疲れましたcoldsweats01 

GPSで確認すると本日の行程は9.3k。
重めとはいえ今時期、膝丈のPowを堪能したことに感謝ですshine

|

« 岩木山・・・またしても↴↴ | トップページ | 静かな八甲田 »

テレマークスキー」カテゴリの記事

コメント

すごい地震ですが、青森は大丈夫でしょうか?
皆様のご無事をお祈りします。

投稿: パッポ | 2011/03/11 22:17

パッポ様、お見舞いありがとうございます。
幸い青森県も津軽地方では実害がなく、ただ被災者を悼み寒さに耐えていました。

投稿: Q太郎 | 2011/03/16 12:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157650/51089797

この記事へのトラックバック一覧です: 八甲田 梅津コース:

« 岩木山・・・またしても↴↴ | トップページ | 静かな八甲田 »