« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011/05/29

coming soon SAWA

R_110529153401

夏山人にスイッチ早々、沢登に向けてトレーニング。

弘前市の郊外にあるこの天然岩場の高さは25mほど・・・
白い粉に魅せられた数ヶ月ですっかり鈍った勘を取り戻すべく、ザイルワーク、セルフピレィーなど確認。

R_110529085725

なにわともあれ、懸垂ロープとセッティングしなければならない。

沢と岩に関しては大先輩のTさんのお出まし。

R_110529090440_2

夕べの雨で湿った岩は滑るなぁ~などと云いながらもスルスル登ってしまう。

R_110529135012

以降は我ら ヘナチョコサワヤ ・・・・・sweat01

それはそれは真剣に取り組んでおりましたyo。。。

R_110529134203

下から見上げ罵声を浴びせるこの方が“鬼軍曹”のSawaya氏ですannoy

遠目が利くようで、些細なミスも見逃しませんeye

昼食をはさんでたっぷり冷や汗をかかせて頂きましたgood

  

R_110528100817

R_110528100742

 

この訓練場の手前には反省会にぴったりの野営場があります。
トイレはもちろん、水場、カマドまでセットされています。
今回は前夜泊を予定していたのですが、急遽の野暮用で断念しましたが次は是非ってところですbeer

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/22

里山散策

R_110522113125

スッキリしない天気予報・・・津軽の降水確率は70%→30%

同じくスッキリしない頭&重い身体に鞭打って、近くの里山散策に出かけた。
自宅から30k程の『暗門ビレッジ』は、『世界遺産白神山地』の青森県側の玄関口である。そんな地の利を生かし、モチベーションが上がらない日のアウトドアでは何度も利用させてもらっている。

が、この日は『暗門の滝』へ至る渓流コースは残雪と落石のため閉鎖だった。

R_110522113839

地元っ子の強引さで強行突破したが、最初の鉄橋の床板が外されているdown
雪解けで増水した流れも相まってアッサリ引き返すことに・・・wobbly

R_110522112723

R_110522112941

R_110522125216

R_110522123212

木々の芽吹きに元気を貰ったが、お目当ての「イワウチワ」は既に散っていた。

俺の落胆振りが伝わったのか、花好きの親切な御方に頂いた一輪がこれ・・・
そうしてみれば、去年はもっと雪が多い時に来たようなきがする。

  

どうにもスッキリせず、岩木山麓のミズバショウ公園で独りランチ。

その後、鯵ヶ沢町の「ミニ白神」へ足を延ばすrvcardash

こちらでは「オオカメノキ」「「エンレイソウ」「サンカヨウ」が見ごろ・・・

R_110522145836_5

見慣れた春の花たちに混じり、特に目を引いたのが「ワサビ」の花tulip

帰りは産直の山菜コーナーでワサビを購入。帰宅するなり、今夜の肴は刺身を
リクエストしましたbeer

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/15

ラストランは小岳

R_110515134237

今季ラストランは『小岳』、濃霧一転し素晴らしいBC日よりでしたshine

睡蓮沼〔9:40〕→仙人岱ヒュッテ〔11:07~12:27〕→小岳〔13:35〕→睡蓮沼〔14:25〕

==================================

R_110515101322

「笠松峠」のカーブミラーからスタートしたかったのですが、遅いスタートの我らに駐車スペースが残されているわけもありません。
正しく?「睡蓮沼」からスタートしましたが、煩わしいブッシュ帯につかまりコース取りに難儀しました。

R_110515103036

やかましいので西へ進路変更。
当初予定していた「石倉岳」の麓を行くことに・・・run

視界は40~50m。
風も強く、山上はどんなだろうかと大いに不安think

ナゼって、今日のメーンイベントは 『雪上焼肉』 なのだから・・・

R_110515103825

『硫黄岳』山頂付近ではチョットだけ空が明るくなる。
※先行するのは三沢アメリカン?

R_110515110713

11:07 『仙人岱ヒュッテ』到着。

本来ならこの辺りに“テレマークシュプール”を1本刻んでからなのだが、悪天候のこの日は早速ツェルト設営し宴会モードbeer

R_110515113551

ラストランの今日、サブタイトルは“心の洗濯”と決めていた。
ユウジ君には初めからドライバーを任せ、俺とJunは飲みのみモードでしたup

R_110515125147 kame-G さん外たくさんの訪問を受け、準備した焼肉をヤットコサ完食full

重い腹を抱えて外に出たら驚いたぁ~
ギンギンに晴れ上がっているではないですかsunsun

R_110515130745
R_110515130833

欲張りツアーに変更し『小岳』へ向うことに。

振り返ると、津軽富士 『岩木山』 が燦燦と輝いていた。

R_110515133858

13:35 『小岳』 到着。

俺の記憶からは失せていたが、同行メンバー曰く 「岩木山が見えたのは今季初」 らしい。

R_110515140051
R_110515140844

『小岳』からのドロップ時には山水会の皆様ともお会いしました。

雪上焼肉時には Kame-G、ミチコ姉、T枝夫妻とも遭遇。
4月からの配置換えでショゲテおりましたが、新しい交流&楽しみを見出していこうと思います。

R_110515142421

14:25 朝とは打って変わった快晴の睡蓮沼に到着。

残雪豊富な今季、来週も来れそうな感じski
夏山人にもスイッチしたいし、山菜も採りに行きたいし・・・

津軽の春は悩ましいですね~coldsweats01

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/05/04

櫛ヶ峰へ

R_110503kusigamine

GW後半の3日は南八甲田の盟主『櫛ヶ峰』へ。

好天のこの日は、雪に埋もれた「赤水沢」を辿ってみた。

睡蓮沼〔8:00〕→トドマツ岱〔9:55〕→駒乗越〔10:25〕→櫛ヶ峰〔11:10〕→駒ヶ嶺〔13:00〕→パラダイス〔13:40〕→睡蓮沼〔14:00〕

==================================

R_110503080612

8:00 快晴の睡蓮沼をスタート。 メンバーは Sawaya 隊長 以下6人。

R_110503085131

バリエーションルート、雪に埋もれた「赤水沢」を辿ることに・・・

R_110503090324

ところどころ大きく口を開けているのは滝つぼfish

R_110503095302

「トドマツ岱」には、数日前NSさんが泊まったイグルーが残っていたevent

R_110503095643

この辺りから湿原が広がり、背後には北八甲田の山並みが眩い。

R_110503101533

『駒ヶ嶺』の裾野から進行方向に『櫛ヶ峰』北斜面が大きく望む。

R_110503102617

駒ヶ嶺の鞍部を南に乗越すと『十和田湖』が見通せる。

R_110503104315

10:40 櫛ヶ峰北麓に到着。ここからの登りは心してかからねば・・・

R_110503111845

11:10 昨秋以来の『櫛ヶ峰』山頂。
沢ルートでのんびり来たせいでボーダーや登山者10人ほどに先を越されたが、やっぱりここから眺める北八甲田の山並みは圧巻で気分が良い。

R_110503130342

1本滑り麓でランチをしていると、80Lザックを背負った同人仲間のIさんを発見。
「城ヶ倉」から入り、今晩はテント泊するらしい。

昼食後は曇りがち。帰りは「駒ヶ嶺」から「パラダイスコース」へski

R_110503135745

下山はあっという間。十和田北線のヘアピンカーブの下がゴール『睡蓮沼』。

R_110503140700

この場所はバス停にもなっており、10台ほどしか駐車できません。 くれぐれも交通の支障にならないよう、酸ヶ湯温泉駐車場あたりから乗り合いで来ましょう。

今年の八甲田残雪たっぷりで、南八甲田は5月いっぱい楽しめそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »