« オヤジの夏休み | トップページ | 三十七回忌 »

2011/08/04

幌尻岳

110731054435rporosiri078

2011の夏山遠征は、’05年のトムラウシ&大雪以来の北海道。
前回は賑々しく歩いた北の山、今回は寂しく一人旅。

でも、心強いかな・・・? 東京3人組と足並みそろえての山行となる。

110730064724rporosiri042
幌尻のはじまりは、ここ「とよぬか山荘」から。
廃校になった校舎と職員宿舎を利用した簡易宿泊施設で、夕食のジンギスカン+登山者用朝食おにぎり4個で1泊5000円也。
何より登山用シャトルバスの起点になっているため都合がよろしい。

110730080239rporosiri046
小1時間で登山口へ。
ここには簡易休憩室とトイレが置かれ、下山者が最終バスに乗り遅れた際は宿泊も可能かな? これを見て、少しだけ気が楽になった。

110730095630rporosiri054
豊糠林道を歩くこと1時間あまり、北海道電力の取水施設到着。ここからは林道も終え、沢用の履物に替えて入渓する?

110730102143rporosiri058
巻き道、ヘツリが基本。時にはこうした鎖場もあり。同じバスに乗り合わせた面々を抜きつ抜かれつ・・・こうして、登山者同士の連帯感がアップするup

110730105644rporosiri060
この日は膝丈の水流だったが、腰高の際は通過できないこともあるらしい。
普段から水平突破を基本としているため濡れることを厭わないが、飛び石伝いに歩こうとする人ほど転倒→怪我のリスクが高い。

110730165831rporosiri064
4時間弱で「幌尻山荘」へ到着。
ここは有人避難小屋。 宿泊協力金1500円だが日中の入室が制限され、就寝時によおうやく利用することができる。 この日は19時には消灯前のトイレ利用が促され、19時30分には完全消灯になった。

110731041101rporosiri067
翌日? 1時頃から周囲のザワメキで目覚めてはいた。

宿泊者50人弱のうち、俺より高齢な皆さんは1時には出発されたようだ。
俺らは予定どおり3時にヘッドライトを灯しスタートする。

4:10頃、稜線に出て最初に目にした日高の山並み。
正面の尖がりは「北戸蔦別岳」だというのは、山頂到着後に知る。

110731050358rporosiri070
5:03 「命の泉」
この直前に朝食休憩をとったことが悔やまれる。
まさに命に染み入る名水。

3imgp0371_2

△1750付近。 ようやく風通しも良くなる。

Imgp0401_2
稜線上に見えるのは騒がしかったGグループかな?
それにしても、昨夜小屋に居合わせた人間しかこの山域に居ないってことだ。

110731064824rporosiri091
6:50 「新冠コース」分岐。

この間はカール状の地形を眺めながら快適な尾根歩き。
お花畑も広がるが、時期的には微妙? チョット盛りを過ぎているようで、以前トムラウシで目にしたお花畑ほどではないかなsign02

110731065555rporosiri093
6:55 日高山脈の盟主「幌尻岳」山頂へ。
次第に雲がかかりイマイチの展望だが、雨に当たらなかっただけでも幸いか?

110731072410rporosiri096_3
下山時・・・左の稜線の向こうには雲海が広がる。

もう少し準備(勉強)してくるべきだったなぁ~
せっかくの山並みを同定できず残念だった。
加えて、次回は稜線上でもビバークできるぐらいの備えで来たいなぁ。。。

|

« オヤジの夏休み | トップページ | 三十七回忌 »

登山」カテゴリの記事

コメント

やっぱりいいですね~
この日私はトムラにいましたが雲で視界は良くなかったです。
北日高が良く見えていい幌尻になったみたいですね。

投稿: パッポ | 2011/08/04 22:57

今夏は(も?)一緒に行けなくてごめんなさい。「幌尻」も懐の深い山ですよねぇ。「知床」は残しといてくださいね。

投稿: きん太郎 | 2011/08/05 12:11

お疲れ様でした。
お世話になりました。

東京組、頼りにはならない分、楽しんでいただけたかと・・・。

やはり戸蔦別岳にも行きたい・・・いつかきっと。

投稿: ashiage | 2011/08/05 12:28

今夏もニアミスで残念した…。前週、大雪・トムラウシ(ヤバかったです)はお花いっぱいでした***
「知床」は是非ご一緒したいです!

投稿: イグサ | 2011/08/08 10:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157650/52391376

この記事へのトラックバック一覧です: 幌尻岳:

« オヤジの夏休み | トップページ | 三十七回忌 »