« 三十七回忌 | トップページ | 岩手山 御神坂コース »

2011/09/26

和賀岳

110924094500rporosiri029

体調不良で入院し、なんやかんやで二月近く里で過ごしていたが遂に解禁。
奥羽山脈の真っ只中、秋田・岩手県境にまたがる原始性が高いと云われる秘境を歩いてきた。
標高こそ1400m余りだが聞きしに勝る秘境っプリ、7時間半の行動中に出会った人間は6人だけでした
good

11.9.24(土)
甘露水登山口〔7:40〕→倉滝〔8:25〕→薬師分岐〔9:35〕→薬師岳〔9:40~9:55〕→小杉分岐〔10:25~10:40〕→小鷲倉〔11:05〕→和賀岳〔11:40~12:00〕・・⇒・・登山口〔15:00〕

=================================

110924073051rporosiri013

7:40 甘露水登山口には立派な避難小屋があった。
これなら昨夜、がんばってここまで来ればよかったcardash 

110924082653rporosiri020_3
杉林→ブナ林を40分ほど・・・『滝倉』では沢を渡渉する。
細く浅い流れで一跨ぎだが、雨で増水した時は注意しなければ。

この先に「滝倉避難小屋」の標識が朽ち倒れていることから、増水で下山できないこともあったのかもsign02

110924094500rporosiri029_2
9:40 杉→ブナ林の急登を2時間。稜線に出ると間もなく『薬師岳』。
正面右奥が目指す『和賀岳』らしいが、ずいぶんと遠く感じるsweat01
スローペースを維持するため中休止。
お湯を沸かしアルファ米をセット、次の休憩地点で昼食を摂ることにする。
 

110924101054rporosiri032
『薬師平』はその名のとおり開けた場所だが、前後は緩い稜線に沿って歩く。

110924102904rporosiri036
『小杉分岐』 たった30分しか歩いていないのに疲労感が強い。
前方に見えるのは一つ手前のピーク『小鷲倉』?焦る気持ちを抑え昼食にする。

110924105738rporosiri039
遠目にはビロード様に滑らかに見えたが、『小鷲倉』への急登は胸丈のヤブ。
気分的にはここが一番きつかったが、ここで初めて登山者1人と合い短い会話を交わす。

110924110509rporosiri042
11:05 小さく開けた『小鷲倉』。 絶えず雲が流れ、時おり霧雨がパラつく。

110924110536rporosiri043
まだまだ遠い『和賀岳』。 12時をタイムリミットに決め急ぐ。

110924113432rporosiri047

山頂付近は草紅葉な感じにmaple
110924114030rporosiri049
11:40 山頂到着fuji

小さな祠の左奥が『田沢湖』。その右にあるはずの『秋田駒ケ岳』は雲に隠れて見えない。

110924115224rporosiri000
振り返る縦走路はまた素晴らしい眺めshine
さっきまでの弱気の虫もどこへやら・・・大いに満足。がんばって良かったhappy01

But ・・・ この後の下山路は厳しかったぁ~
すっかり膝にきてしまい、ストックを持ってこなかったことを大いに後悔。
荷物が小さいとはいえ病み上がり。少しハード過ぎました。。

|

« 三十七回忌 | トップページ | 岩手山 御神坂コース »

登山」カテゴリの記事

コメント

happy01復帰一登目、おめでとうございます。
にしては、タフな山ですね。good
徐々に慣らしていきましょう。

投稿: きん太郎 | 2011/09/26 10:01

心配しておりました。まずは復帰おめでとう
ございます。ご自愛ください。

投稿: ABO | 2011/09/26 19:51

きん太郎様。ABO様...
ご心配をおかけしましたが幸いそれほど深刻な病でもなく、3週間5kダイエットコースを過ごしてきましたcoldsweats01
なんやカンヤで30代の体重になり、さぞ快適に闊歩できるかと和賀岳を訪ねましたがさもあらん。。
すっかり足が衰え、やっと下山しました。
冬に備えまた鍛え直しですdash

投稿: Q太郎 | 2011/09/26 21:41

おはようございます。
体調崩してらしたんですね。
それにしても、復活第一座が和賀岳とは
ハードですね。
人も少なく、見晴らしも良くていい山ですね。

投稿: ばりこ | 2011/09/27 07:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157650/52834375

この記事へのトラックバック一覧です: 和賀岳:

« 三十七回忌 | トップページ | 岩手山 御神坂コース »