« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011/10/30

白神岳

111029163634rsirakami1029000
10月29日~30日 
晩秋の白神へ夕陽を見に出かけた。
残念ながら曇りがち・・・海に沈む寸前ぼやけてしまったが、ジュ~~って音は
遠くに聞こえましたsign02

登山口〔11:20〕→マテ山分岐〔13:15〕→山頂〔14:50〕

=================================

111029112307rsirakami1029034
11:23 昔はここまで車を乗り入れていた。
黄色い小さな建物内にノートがあり、入山者は記帳すること。

111029131422rsirakami1029039
13:15 「マテ山分岐」
ここまですれ違った登山者は8人。 うち4人は山頂を諦め途中下山らしいdown

山頂の水場が不安なので、最終水場で2L背負う。
一気に荷が重くなりガクッとペースが落ちる。

111029140834rsirakami1029044_2
駐車場に在った車から察するに、先ほどすれ違った人たちで終わりか・・・
ここから先は明朝まで俺一人。 白神岳貸切りの夜mist

111029142855rsirakami1029047
山頂 “ロックオン”
最盛期だと山頂に多くの登山者が目視できる距離なのだが、シーズンオフ直前の今日は寒々しているなぁcloud

111029162907rsirakami1029052
14:50 山頂到着

無人の小屋は寒く、上段にツェルトを張り備え付けの銀マット+エアーマット。
夕飯の準備を整え、しっかり着こんで夕陽を待つ。

111029163109rsirakami1029053

111029163334rsirakami1029055

111029163334rsirakami1029055_3
111029163507rsirakami1029056
水平線に漂う雲に邪魔され、水際のジュ~って音は聞こえませんでしたcoldsweats01

この後小屋に独り・・・と思いきや、18時半頃でしょうか ・・・
風切音とも違う、鈴音のような小さな女の子の声のようなear
ラジオ気を紛らわして居たところ、トントン小屋の引き戸をノックするsign02

なんと、小学生2人を連れた親子がヘッデン灯して到着wobbly
『まさか、こんなに遅くなると思わなかった』 ・・・・ そうだ。

111030060709rsirakami1029010
30日 6:07 ラジオの天気予報では曇りのち雨。
東の空には雲が広がっていましたが、ご来光の時は良い塩梅になりましたsun

111030060855rsirakami1029015

111030073237rsirakami1029020
7:30 下山開始。

111030074322rsirakami1029023
「笹内川」を挟んで連なる「向白神」の稜線。 その先には「岩木山」。

111030083333rsirakami1029025_2
落ち葉が敷き詰められた稜線は見通しも利き快適run

111030093904rsirakami1029030
最後の水場ではゆっくりコーヒータイム。
偶然・・・落ちてた「ハリギリ」とナイスコラボでした。

ハリギリじゃなく、大きな 「イタヤカエデ」 かなぁ maple

3年前、残雪期の白神も良いですよ scissors

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/10/23

蔦発・・・松森、赤沼

111023093232rmatumori002
白神山地の真っ只中 『天狗岳』 を予定していたが、生憎の天気で中止。
しかし、紅葉末期の今時期はなかなかジッとしていられないcoldsweats01
芽吹きの季節は「仙人橋」から入山したが、今回は独りバス利用の予定で「蔦温泉」から入山するmaple

111023093452rmatumori003_2 

「酸ヶ湯温泉」から「笠松峠」通過時、道沿いのブナはすっかり葉を落とし寒々としていたがこの辺りはまだ彩が残っている。

111023101137rmatumori004_3
落ち葉で覆われた踏み跡を見失わぬよう目を凝らしているおかげで、倒木にナメコを発見good
111023114942rmatumori006
キノコを探しながらのんびり 『松森』 へ。
早速ナメコラーメンを試みるが、悪天候でストーブやラーメンを置いてきたことに気づくdown 急に北風が冷たくなり、ポットのお湯でサンドイッチを流し込み下山。

111023122901rmatumori010
すっかり葉を落とし閑散とした 『赤沼』 。
ここまで出会ったのはキノコ採りのオヤジさん一人だけ・・・
ここでもう一つ大きな失敗に気づいた。 「仙人橋」 からはバスで帰ろうと思っていたのに、肝心の財布が無いwobbly

111023123932rmatumori011
少し標高を下げたせいか、ブナの巨木に黄葉が残っていた。

111023124037rmatumori012
こちらの立派な巨木はトチ。 

111023131852rmatumori016

「蔦トンネル」 から車道を30分。
排気ガスにむせながらも、車だと見落としがちな景色と最後の紅葉を楽しむ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/10/17

強風・撤退の秋駒

111016093411rakikoma002

10月16日(日) 国見温泉→秋田駒ケ岳

北東北の各県、すごく難しい天気だったが3年ぶりの 『秋田駒ケ岳』 へ。
登山者駐車場では途中で諦め下山したグループもいたが、午後からは晴れの
予報もあり入山。

国見温泉〔9:25〕→横長根〔10:15〕→大焼砂分岐〔11:00〕→国見温泉〔12:05〕

=================================

Pa160678_800x600
9:25 空模様を気にかけるあまり水を買い忘れ、森山荘で調達する。

Pa160679_800x600
スタート前の駐車場で既に下山してきたグループから悪天候の情報を聞き、
とりあえず『阿弥陀池避難小屋』で飯を食おうと出発。

Pa160681_600x800
10:15 横長根

ここへ来て、木々を揺さぶる風が凄まじいと知る。 幸いここまでは林間、この先も笹のトンネル状の道なのでゆっくり先へ進むことにする。

111016105804rakikoma000
11:00 大焼砂分岐

天候回復を信じ、時間を稼ぎながらゆっくり歩いてきたが凄まじい強風。
ここから先は風を遮るものの無い稜線歩き。 諦め下山する。
この後の5分くらいでザックカバーが風に飛ばされ行方不明にtyphoontyphoon

111016120538rakikoma001_2
12:00 下山途中、若いカップルとすれ違う。

雨と強風を心配しながらも登って行った笑顔が爽やで羨ましい。
やっぱりと言うか、お決まりのとおり下山すると穏やかな天気に・・・

結局、昼飯を食する暇も無く下山。

Pa160684_800x600
のんびり紅葉見物。 新玉川温泉へ通じる橋上からcamera

Pa160688_800x600
締めの温泉は 『湯瀬ふれあいセンター』 spa 男女別露天風呂もあり。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/10/09

森吉山

111008122032rmoriyosi009_2

10月8日(土)
 全国的に秋晴れsun 絶好の行楽日和がお約束だった連休初日、紅葉を愛でに『森吉山』を訪ねた。
ヒバクラコースを往復する予定で出掛けたが、割沢森コースからヒバクラ岳経由の周回コースを歩く幸運に恵まれた。

割沢森登山口〔9:00〕→△1280〔10:35〕→小池ヶ原湿原〔11:00〕→ヒバクラ岳分岐〔11:50〕→山人平〔12:20〕→森吉山〔12:50〕→ヒバクラ分岐〔14:30〕→水場〔14:55〕→ヒバクラ登山〔16:00〕

=================================

111008084724rmoriyosi022
9:00 『割森沢登山口』
ヒバクラ登山口へ到着すると、たった今登山客を送り届けた米内沢タクシーのプリウスを発見。
『ヒバクラコース』も初めてながら、ヒバクラ岳を経由する『割森コース』にも興味があった我ら・・・・この辺りの林道に不案内の運転手さんに、駐車場に設置された“登山者用案内板”を見てもらいながら交渉し、崩れ落ちそうな危うい林道を30分ほどで割森沢口へ。

111008090043rmoriyosi023
でっかい高気圧が中国大陸にあるとかで、日本列島行楽日和のはずが遠くに雷鳴、冷たい雨rain

111008103919rmoriyosi029
10:35 △1280m
雨衣を何度か脱ぎ着しながら胸突き八丁の急坂を上り詰める。
小休止で振り返ると、『割沢森』らしい小さなfuji

111008110333rmoriyosi031
11:00 『小池ヶ原湿原』
草紅葉が盛り。夏にはチングルマ、イワカガミ、キンコウカのお花畑か・・・tulip

111008111154rmoriyosi000_2
小さなアップダウンの先に『ヒバクラ岳』? 左の『森吉山』は雲の中cloud

111008111818rmoriyosi002
広く刈られた登山道の真ん中に熊さんの落し物。

111008112930rmoriyosi003
ヒバクラ岳のピークを踏むことなく通過。 『割沢森』と『△1280』を振り返る。

111008115134rmoriyosi008
11:50 『ヒバクラ分岐』一時霙混じりの大粒の雨に見舞われ雨衣を着たり脱いだり・・・時間は押しているが、どうにか山頂を踏めそうだ。

111008122229rmoriyosi010
12:20 『山人平』
写真で見ると木道も乾いて見えますが実に良く滑ります。
ここまでで、3回は転びましたwobbly

111008125238rmoriyosi014
13:10 山頂到着
ゴンドラ運行中のため、小雨&曇天のわりに山頂は賑わっていた。
皆さん冷たい風に身を竦めながらお弁当タイムriceball

111008125515rmoriyosi015
「石森」「一の腰」方向。
こちらは雲が少ないようで、ゴンドラ山頂駅、森吉神社、△一の腰がクッキリ。

111008124150rmoriyosi013
我らは風の冷たい山頂を避け、そそくさと下山・・・ランチ場『山人平』へ。

111008145418rmoriyosi018
やはり風は冷たく、雨もパラパラ。
「これからの季節は小屋飯だなぁ~」などと言ってる間にヒバクラコース水場。

111008153415rmoriyosi019_2
こちらのコースも急坂で、雨に濡れた階段は滑りやすく気が抜けない道。
ブナの巨木が目に付くようになるとようやく登山道も穏やかになる。

111008160649rmoriyosi021
16:00 『ヒバクラ登山口』

スタート時は6~7台あった車も3台だけ。
俺たちが最後と思いきや・・・下山中は山頂付近で登山者とすれ違っただけ。
ってことは“山菜取り”かなsign02

静かな割森沢コース、ヒバクラコースとも良く整備され、我が南八甲田の荒廃ぶりとは大違い。こうした地元の努力があってこそ『花の百名山』などという称号が得られたはず。 素晴らしいですね。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »