« 鉛山峠から白地山 | トップページ | スノーシューで峠越え »

2011/11/13

八甲田温泉コース

111112115047r014
11月12日(土) 快晴

3年ぶりの八甲田温泉コース。
BCスキーでは愛好家が多いが、夏場はほとんど訪れる人の無い登山道。
地図では「八甲田温泉」「みちのく深沢温泉」双方から登山道が記されているが、現在は「みちのく深沢」温泉前の入り口しか見当たらない。
3年前にもヤブコギだったが、懲りもせず往復登山を試みるpunch

=================================

111112063635r001
6:40 たがじょメンバーと共に「みちのく深沢温泉」前から入山。
昨夜の雨で路面が濡れているが今日の予報は快晴で気温も高めsun

111112072040r002
予想どおり、背丈を越えるササ藪の中を進む。
下草が繁茂しないブナ林は落ち葉のカーペット状態で快適だが長くは続かず、標高を上げるに従いヤブは濃さを増し押し分けるにもかなりの圧力がいる。

111112082750r003
h900付近で「八甲田温泉」からのコースと交差するはずだが、それらしい踏み跡は見当たらない。尾根に沿って登るようになり「雛岳」「高田大岳」の順に姿を現す。

111112091913r004
再び振り返ると「八甲田温泉」、「箒場」と「八幡岳」fuji

111112102608r008
h1100付近の展望地。 ようやく「赤倉断崖火口」の下端に到着。

111112103011r010
山頂方向の全貌が現れるが登山道は一層激しいササ藪となり、色あせたピンクテープを探し、補いながら1時間の格闘が続く。

111112115709r020
途中で昼食を摂り、ようやく「赤倉分岐」へcoldsweats01

111112120702r021
12:00 「赤倉分岐」到着
「陸奥湾」を一望し遥かに下北半島の山並み。 西の雲に「岩木山」が浮く。

002203_image
5時間以上のヤブコギで到着した山頂では皆の笑顔が輝く。
いよいよ来週からは冬将軍様の御越しかな・・・snowsnow

|

« 鉛山峠から白地山 | トップページ | スノーシューで峠越え »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。いつも密かに覗いております(笑)。私は何十年ぶりで八甲田に登り、癖になりそうです。Q太郎さんの行くルートは無理ですが、自分なりに山を楽しんで行きたいなぁ。

投稿: 青森太郎 | 2011/11/25 14:20

ナン十年ぶりですかぁ~
これを機にバンバン登りましょうfuji

最近は休日ごと悪天が続き欲求不満気味です。
山好き殺すにゃ雨の三日も降れば良い‥‥って、なんかの祟りでしょうかねbearing

投稿: Q太郎 | 2011/11/27 20:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157650/53233960

この記事へのトラックバック一覧です: 八甲田温泉コース:

« 鉛山峠から白地山 | トップページ | スノーシューで峠越え »