« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011/12/31

厳冬期 西法寺森&追子森

R2000_r
12月30日(金) 鯵ヶ沢町松代地区経由、二子沼~西法寺森~追子森

=================================

111230092459rimg0017_r_2
9:25 h850m付近だったかな・・・大きな淵のようで水面が覗いていた

111230110857rimg0022_r
11:10 h1200m付近 西法寺森西面の子尾根に乗る

111230111801rimg0026_r
本日のCLは山岳同人「流転」会長 scissors

111230112125rimg0028_r
相変わらず強風だが、一時ガスも晴れ振り返ったり fuji

111230122040rimg0033_r
12:20 西法寺森 山頂直下ではツボ足でシャベルラッセルsweat01

111230140303rimg0039_r
追子森への鞍部でツェルトランチ。 風は一層激しさを増し視界も急激に悪化。
雪庇でデコレーションされた細尾根を慎重に進む typhoon

111230141827rimg0040_r
14:18 追子森 ようやくシールを剥がすものの、視界は15~20mほど mist

111230143515rimg0041_r
コメツガの林を抜けると快適なゲレンデ。 もう少し雪が軽かったらご機嫌 good

111230143627rimg0046_r
14:35 再びブナ林になり、やがてカラマツの植林地へ

111230154241rimg0049_r
15:40 ようやくゴール 
9時間、11.8kは歩き応えあったが、初めてなのに和気藹々で楽しかった。
お住まいもご近所とのことだし、またご一緒しましょう bottle

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/25

逆川岳へ

R000_2
12月24日(土) 南八甲田 『逆川岳』 へ

昨日の岩木山に劣らぬ寒波&吹雪 typhoonsnowmist

111224081922r008
城ヶ倉大橋の黒石側駐車場。
やはりトイレが雪に埋もれるくらいじゃないと・・・

111224093407r010
たがじょの izumi さん。ガシガシ引っ張ってくれます dash

111224100221r011
10:00 h1100を越えると乱雪帯になる。
昨日に続き頑張る森カズ。 今日は元気だ run
吹き溜まりや小さなアップダウンを避け、湿原を行く good

『逆川岳』 と 『横岳』 をつなぐ尾根まで行くが、吹雪で視界不良。
『横沼』 さえ見えずソソクサと樹林帯まで下りツェルト内で長~いランチタイム。

111224125107r002
111224125056r000_2
雪不足で小さな起伏が多く、登りではコース取りが難しかったが、ツリーランは
視界良好。 十分に楽しめました ski

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/23

極寒の岩木山

111223083340r008
12月23日(金) 8:30 嶽温泉からスタート
強烈なクリスマス寒波で、「突風と60cmを越える降雪に注意が必要」とのこと。
めげずに今シーズン初&締めの岩木山へdash

111223092312r009
「湯ノ沢分岐」までは小枝が多く行く手を阻まれること度々 coldsweats01

111223094156r011
「巨木の森」あたりからは雪も豊富で快適。
しかし、予報どおりの吹雪きっぷりtyphoonsnow 脛から膝の深雪になる。

111223094902r013
9:50 「夏道分岐」

111223095842r014
いつもは元気な森カズだが、今日はどうもスピードが上がらない chick

111223102046r016
相変わらずガシガシ行ってくれる Jun horse
今年は休日が合わなく、なかなか山へ行けなかったストレスを一気に発散中 punch

111223104356r001
例年の初岩木山は7合目止まりなのだが、幾分雪が多めなため8合目を目指すことに・・・

111223112110r004
11:20 視界は20m位 ・・・
もう一降りsnow欲しい状況で、コース取りが難しかったぁ

111223112622r007
下山は慎重にシールを貼ったままで・・・

7合目テン場でツェルトを張り、ようやく人心地つく scissors
ゆっくり、のんびりランチタイムの後は一気の下山 ski

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/12/19

八甲田の季節♪

111218110958r022_3

12月18日(日) 今冬初の仙人岱へ。
実は前日の土曜日もチャレンジしたが、60センチの深雪にギブアップbearing 28番で引き返したのだ。

111218093607r010
この日は“たがじょ”仲間4人、Aboサンチーム、その他諸々の合同ラッセルで、久々の仙人岱だった。

111218095921r011_3
今朝も40センチほどの降雪があり、前日のトレースを埋めていた。
沢も完全に埋まっておらず、はまり込むと脱出不能の恐れありdown

111218103317r017_2
地獄湯の沢上部 『銚子の首』 は雪が吹き飛ばされ、岩やハイマツが見え隠れtyphoon

111218105949r021_2
2時間以上かかって仙人岱ヒュッテに到着dash
入り口を掘り出し小屋へ入ると暖かく感じられるが、室温は-8度。

111218124218r001_3
遅れて到着した者も含め14~5人だろうか・・・
2台のストーブを囲み、和気藹々昼食を摂るriceball

111218130254r003_2
下山時も相変わらずの吹雪snowtyphoon 慎重に、シールを貼ったまま降りる。

111218131304r005_2
沢下部、『硫黄コース』 分岐付近。 ようやく吹雪もおさまり視界回復。

111218134351r008_2
シール貼ったままでもやはりスキーは早い。
スノーシューを引き離し酸ヶ湯登山口へ。 2日間で1mを越える降雪は笹を覆い、来週からは快適テレマークが楽しめそうだ。

111218074536r009_2

昨日も猛烈な吹雪。
家に帰るのが面倒になり、『みちのく深沢温泉』 に素泊まり。
簡素な部屋ながらオンドルでポカポカ。 

電子レンジもあり、グループでのスキーツアーには絶対お勧めです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/12/11

スノーシューで峠越え

111211110450r021
12月11日(日) 午前6時ハチベェの散歩前に、まずは酸ヶ湯アメダス。

積雪量は58センチ、今日の気温予報と降水確率からするときっと雪 snowsmileheart04
ハチベェの散歩は短縮コースとし急ぎ八甲田は 「酸ヶ湯温泉」 へcardash

111211093533r009
酸ヶ湯温泉の駐車場には見知った車が何台か・・・
しかし困ったことに、スキーシールが無いhappy02
今回はどんな状況にも対処できるようにと、スキーもシューも持ってきたのに・・・

まぁ~雪不足。 
雪で下がった枝を潜っていくのも面倒で、スノーシューハイカーにrun

9:35 「ホテル八甲田」 前のゲートからスタート

111211101125r012_2
10:10 冬季間の南八甲田コース入り口。
雪に埋もれるはずの欄干がスッキリ。 除雪用の竹竿も強風で倒れそうだ。

111211103211r014
10:32 『石倉岳』
今日も西風が強く、雪が吹き飛ばされているせいか深さは足首ほど。

実は、スキーシールのほかにもスパッツも忘れていたcoldsweats01
この辺りまでは雪も浅いが、出来れば風を背にしたまま 「谷地温泉」 まで貫けてしまいたいのだが・・・

111211104240r016
10:40 『石倉岳』 登山口

111211110804r023_2
11:05 本日最高所の 『笠松峠』

振り返ると 『石倉岳』 と 『硫黄岳』 がかろうじて見えている。

あの先・・・雲の切れ間辺りに「仙人岱ヒュッテ」があり、あの人やこの人が居るんだろうなぁriceball

111211112634r001
11:25 『睡蓮沼』

同人のOさんがツェルトを張ったらしい痕跡が残る。
しかし、今日はここまで誰と会うことも無く静かな小吹雪snow

戻ろうか、進もうかチョット迷ったが、県南方面の空が明るいことから前進することに。 事前に調べたJRバスは12:52分だったか、52分だったか・・・まぁ、15時台のバスもあったしbus
12:05 青森県の分水嶺でもあり、空も明るく楽観的な見通しで東進したものの、風雪激しく積雪深も増して汗だくで 『猿倉温泉』。

111211124205r008
12:40 『谷地温泉』 へ到着するや愕然。
小さな不安があたったとも言えるが、バスは15:27に通過していたweep
  

111211120707r005

風呂に入って、飯食って・・・にしても、3時間は長すぎるなぁ。。
バス待合室でおにぎりを食べながら思案。 そして、行動に出たpunch

厚かましくもヒッチハイクgood これ幸いし早々に酸ヶ湯温泉へ帰り着いた トサ fuji

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »