« 山頂諦め 『鳥海山』 | トップページ | 逆川岳からガチャポチ »

2012/02/26

久々の仙人岱

120225090955rimg0001_r

2月25日(土)
今シーズンは週末天気に恵まれず、八甲田の樹氷も満足に眺めていなかった気がして一人酸ヶ湯温泉へ。 道中の積雪は凄まじく、道路標識は雪に埋もれ、信号柱さえあとわずかで埋没しそうsnow
9:10 ゆっくり支度を整えスタート。スキー手前の穴は、酸ヶ湯温泉へ抜けるトンネル。
120225094350rimg0002_r

25番付近で先行する3人組を追い越す。
コースには春スキーシーズン到来を告げる竹竿が設置されているが、雪の重みで倒れたアオモリトドマツの間を抜けるときはドキドキcoldsweats01
120225095408rimg0003_r9:55 地獄湯ノ沢入り口
湿りがちな小雪が舞うが、視界はまずまず。踝くらいの新雪で、ラッセルもそれほど辛くない。

120225095419rimg0004_r小休止の後、硫黄コースへ進む。
風は穏やかで、進行方向には「硫黄岳」と「名無岳」が霞んで見える。
120225103644rimg0006_r鞍部が近づくとモンスター達が出迎えてくれる。
例年であれば今時期の樹氷は暖気で痩せているのだが、今年は未だ健在。踊りだしそうだ。
120225105510rimg0010_r10:55 一番乗りで仙人岱ヒュッテ到着。
冬用の入り口も半分埋もれ、雪掻きしてから小屋へ。
小屋内の室温は-1℃。ストーブを点けお湯を沸かすと、後続のスキー3人組、単独ボーダー、スノーシュー2人組が到着する。
120225120956rimg0012_r12:10 午後から大雪の予報もあり、のんびりランチの後は地獄湯ノ沢を下る。
120225122440rimg0013_rこちらも久しぶり・・・大雪に沢が埋まり、広くなだらかに見える。
120225124311rimg0015_r12:45 下りは一気ski
30分余りで酸ヶ湯温泉へ到着した。もうチョットゆっくり滑ればよかった。。

|

« 山頂諦め 『鳥海山』 | トップページ | 逆川岳からガチャポチ »

テレマークスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157650/54079011

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の仙人岱:

« 山頂諦め 『鳥海山』 | トップページ | 逆川岳からガチャポチ »