« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012/04/30

岩木山春スキー開幕♪

Imgresize1

4月29日(日) GW初日は機動力を駆使し、岩木山を滑りMAXpunch
欲張りに1台目を弥生コースのゴールにデポし、百沢スキー場からバスに乗り込んだのが大失敗。激混みでずっと立ちっぱなし・・・スンゲェ~疲れたcoldsweats02

120428140920rimg0049_r_2
リフトから長平コースと日本海。
嶽温泉から一番バス(8:20)で登った方々は、既に西法寺森あたりを滑っているはず。

120428104013rimg0005_r
弥生コースの俺たちは、山頂を目指す。
「おみ坂」でキラキラ光っているのは、先行するスキーヤーの板かな・・・

Imgresize2
11:30 岩だらけの登山道をスキーブーツで登るのは楽じゃないが、この笑顔happy01

120428113338rimg0015_r
岩木山神社「奥宮」に安全スキーを祈願し、すぐ滑走準備up

120428114552rimg0026_r
悲鳴か歓声か知らないが、それぞれ雄叫びをあげてドロップbomb

120428115546rimg0028_r
これだけの斜度がありながら、ギャップも無く快適な一枚バーン。

Imgresize3
よく締まったザラメ雪は滑りも良く、ついついスピードオーバーにdash
調子に乗りすぎて帽子を飛ばしてきました。紺色のfinetrackです。
拾われた方は、ぜひとも連絡くださいconfident

120428120020rimg0031_r
大黒沢下部では流石に雪も緩み、妖怪itatukami出現する。

120428121417rimg0036_r
所どころ川床が開き、落ち込まないように注意sign03

120428122813rimg0046_r
12:25 あらかじめデポしておいた車まで滑り降りることができた。

120428140946rimg0052_r
欲張りに2本目は、百沢コースへ。
こちらはリフトトップから歩行時間15分くらい。

120428142733rimg0056_r
14:30 h1502「鳥海山」からは、百沢スキー場へ一直線dash

120428143018rimg0060_r
「大黒沢」はすり鉢状だが、こちらは裾広がりでフラットな一枚バーン。

120428143447rimg0061_r
途中2~3度休んで「焼止り避難小屋」へ。
先月は屋根まであった雪もグングン消えている。

120428145221rimg0068_r
14:50 営業を終えているが、期間中ピステがかけられたゲレンデはやはり滑りやすいnote

120428145451rimg0071_r
昨日は駐車場まで雪が繋がっていたが、GW後半は登山道尾根の方がイイかも・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012/04/23

賑やかに雛岳

120422075812rimg0002_r
4月22日(日)は賑やかに『雛岳』へ。
前日行われた“山岳同人たがじょ”総会に続く山行のため、20人の大所帯となった。
コースは箒場から『雛岳』へ。
総会には出れなかったものの、早朝から合流しツアーのみ参加した。

120422080127rimg0003_r
8:00 「又兵衛茶屋」からスタート。

120422092126rimg0007_r
スキーチームは『高田大岳』との鞍部を目指す。
予報では夕方から雨。どんより曇り空で湿った風が冷たく感じられるtyphoon

120422093426rimg0010_r
もう30分もすれば沢山のスキーヤー&ボーダーで賑わう『赤倉大斜面』。

120422104403rimg0016_r
山頂直下では雪が切れ、ツボ足にcoldsweats02

120422115137rimg0018_r
昼食後は北東斜面へ。
30度以上のすり鉢状で、雨溝に注意しながら滑り降りる。

120422115412rimg0021_r
最下部の沢まで滑り込んでも良し、北尾根に乗りツリーを楽しむのも良しheart04

120422125820rimg0025_r
あっという間に「箒場コース」と合流しゴールへsign04







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/17

南八甲田3Kツアー

120415065018rimg0001_r
今年の八甲田は残雪たっぷりscissors
例年は4月第1週がお勧めの南八甲田3Kツアー。
今季は10日遅れですが、“たがじょ”メンバー外12名で挑みましたsun

120415071811rimg0005_r
スタート地点の「睡蓮沼」に上がる雪壁も7mほど。
早朝はガチガチに凍り足元が滑ります。この上にトイレがありますが、例年見えるはずの屋根も完全に埋没していました。

120415081050rimg0010_r
8:00 ゴール地点の「蔦温泉」に回送車をデポし、雲海を背にスタート。

120415085059rimg0017_r
最初に目指すKは「猿倉岳」fuji
そう。今日は南八甲田の三つの“倉”を越えて、蔦温泉を目指すものdash
“倉”は崖のような急峻な地形のことを云いますが、北方向からはこんなに緩い
斜面を行きますhappy01

120415091638rimg0019_r
振り返るとこの景色good
北八甲田の大パノラマが広がりますheart04heart04heart04

120415093107rimg0022_r
9:20 「猿倉岳」山頂。シールを剥がし滑走準備中のメンバーski

120415092627rimg0021_r
南には、次のピーク「乗鞍岳」。その奥には、「戸来岳」をはじめとする十和田湖外輪山を望む。

120415095246rimg0028_r
なだらかな北斜面と一転し、南側は30°ほどの快適な斜面が広がるshineshine

120415101953rimg0032_r
10:10 再びシール装着し二つ目のK、「乗鞍岳」を目指しハイクアップdash
この日の市内は17℃の予報だったが、無風のためかTシャツでも良いくらいの
暖かさ。
120415105737rimg0035_r
10:50 この辺りでは、「猿倉温泉」から登って来られたツアー客もチラホラ・・・

120415121526rimg0041_r_2
11:30 二つ目のピーク「乗鞍岳」では眺め?・・・のランチタイム。
「十和田湖」はもちろん、遥か「岩手山」も綺麗に見えましたshineshineshine

120415121503rimg0039_r
あまりの心地よさに、シートを被って昼寝をするメンバーもsleepysleepy

120415130906rimg0048_r
13:10 ランチタイム後、これまた快適な斜面を一気にダウンヒルbombbomb

120415133117rimg0051_r
三つ目のK、「赤倉岳」への登りは緩く、本コース中最も短い。

120415133955rimg0053_r
13:40 最後のピーク「赤倉岳」到着。

120415134820rimg0056_r
眼下には雪に覆われた「赤沼」、半分が融けた「蔦沼」、右の険しい△は1001mピーク。
120415140316rimg0057_r
これまた“超”美味しい斜面です。
さすがに雪が緩み重くなりましたが、これだけの斜度と長さはなかなか味わえ
ませんhappy01
120415141050rimg0062_r
快適な斜面は沢床まで続き・・・

120415142356rimg0065_r
ツアーの締めくくりは、ブナ巨木帯をまったり滑る。

120415152831rimg0069_r

15:25 「菅沼」到着。
残雪豊富な今季、遊歩道も完全に埋もれている。
このぶんだと、春スキーシーズンはいつまで続くことやらcoldsweats01
夏山人にスイッチしたいし、沢にも行きたいんだがなぁ。。。

2010年のコース状況はコンナでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »