« 百沢から種蒔苗代へ | トップページ | 賑やかに雛岳 »

2012/04/17

南八甲田3Kツアー

120415065018rimg0001_r
今年の八甲田は残雪たっぷりscissors
例年は4月第1週がお勧めの南八甲田3Kツアー。
今季は10日遅れですが、“たがじょ”メンバー外12名で挑みましたsun

120415071811rimg0005_r
スタート地点の「睡蓮沼」に上がる雪壁も7mほど。
早朝はガチガチに凍り足元が滑ります。この上にトイレがありますが、例年見えるはずの屋根も完全に埋没していました。

120415081050rimg0010_r
8:00 ゴール地点の「蔦温泉」に回送車をデポし、雲海を背にスタート。

120415085059rimg0017_r
最初に目指すKは「猿倉岳」fuji
そう。今日は南八甲田の三つの“倉”を越えて、蔦温泉を目指すものdash
“倉”は崖のような急峻な地形のことを云いますが、北方向からはこんなに緩い
斜面を行きますhappy01

120415091638rimg0019_r
振り返るとこの景色good
北八甲田の大パノラマが広がりますheart04heart04heart04

120415093107rimg0022_r
9:20 「猿倉岳」山頂。シールを剥がし滑走準備中のメンバーski

120415092627rimg0021_r
南には、次のピーク「乗鞍岳」。その奥には、「戸来岳」をはじめとする十和田湖外輪山を望む。

120415095246rimg0028_r
なだらかな北斜面と一転し、南側は30°ほどの快適な斜面が広がるshineshine

120415101953rimg0032_r
10:10 再びシール装着し二つ目のK、「乗鞍岳」を目指しハイクアップdash
この日の市内は17℃の予報だったが、無風のためかTシャツでも良いくらいの
暖かさ。
120415105737rimg0035_r
10:50 この辺りでは、「猿倉温泉」から登って来られたツアー客もチラホラ・・・

120415121526rimg0041_r_2
11:30 二つ目のピーク「乗鞍岳」では眺め?・・・のランチタイム。
「十和田湖」はもちろん、遥か「岩手山」も綺麗に見えましたshineshineshine

120415121503rimg0039_r
あまりの心地よさに、シートを被って昼寝をするメンバーもsleepysleepy

120415130906rimg0048_r
13:10 ランチタイム後、これまた快適な斜面を一気にダウンヒルbombbomb

120415133117rimg0051_r
三つ目のK、「赤倉岳」への登りは緩く、本コース中最も短い。

120415133955rimg0053_r
13:40 最後のピーク「赤倉岳」到着。

120415134820rimg0056_r
眼下には雪に覆われた「赤沼」、半分が融けた「蔦沼」、右の険しい△は1001mピーク。
120415140316rimg0057_r
これまた“超”美味しい斜面です。
さすがに雪が緩み重くなりましたが、これだけの斜度と長さはなかなか味わえ
ませんhappy01
120415141050rimg0062_r
快適な斜面は沢床まで続き・・・

120415142356rimg0065_r
ツアーの締めくくりは、ブナ巨木帯をまったり滑る。

120415152831rimg0069_r

15:25 「菅沼」到着。
残雪豊富な今季、遊歩道も完全に埋もれている。
このぶんだと、春スキーシーズンはいつまで続くことやらcoldsweats01
夏山人にスイッチしたいし、沢にも行きたいんだがなぁ。。。

2010年のコース状況はコンナでした

|

« 百沢から種蒔苗代へ | トップページ | 賑やかに雛岳 »

テレマークスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157650/54491350

この記事へのトラックバック一覧です: 南八甲田3Kツアー:

« 百沢から種蒔苗代へ | トップページ | 賑やかに雛岳 »