« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012/06/25

梅雨2‥岩手山

120624151046rimg0048_r_3
6月24日(日) 網張スキー場から焼走へrun

台風4号は凄まじい荒れっぷりで本土を直撃。
東北地方通過時には温帯低気圧に変わっていたが、まぁ~今季は梅雨らしいというか、週末天気がよろしくない様で wobbly

120624102430rimg0009_r_2
姥倉山から黒倉山への稜線。
正面にはドッカーンと岩手山・薬師岳、左には八幡平から続く「裏岩手縦走路」が見えるはずが・・・足元の花々も、チョット時期が早かったかなtulip

120624122513rimg0027_r

120624125831rimg0031_r_6
幸い風が強くないことから、鬼ガ城コースを行く。
進行方向左は崩れ落ちているが、右側を巻くと小さなお花畑が散在する。

120624120152rimg0019_r
俺としては、樹林帯に咲く花よりもこうした風衝地帯で岩陰にへばりついて咲く花々が好きだ。

120624115041rimg0016_r
120624122128rimg0026_r_5
120624152018rimg0052_r_2

ムシトリスミレ、ツガザクラ、イワウメは最盛期。
ミネズオウやコケモモも綺麗だったが、ピンボケにつきアップできませんでしたcoldsweats01

120624105806rimg0013_r
120624113932rimg0015_r
120624160634rimg0054_r
コヨウラクツツジ、イワナシ、ウコンウツギ。

山頂を越え、再び樹林帯に突入する頃にはすっかり脚がガタツキ、否が応でも花々にカメラを向けつ小休止。

120624164138rimg0073_r
120624170551rimg0075_r
そして本日のメインイベントtulip

コマクサ、コマクサ、コマクサ・・・そして、可憐なタカネスミレ。
コマクサはまだ咲き始めだが、いろどり鮮やかでカメラ目線good
こうした時はミストシャワーも良い塩梅で、花々を引き立たせてくれた。

さて、来週こそ百花繚乱かな?
週間予報を睨みながら、ツアープランを練りましょうか。。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012/06/11

入梅の蔵王

120609101614rimg0001_r_12
6月9日(日)
運悪く・・・? 東北南部が入梅となったこの日、蔵王へ。
ホワイトシーズンは週末ごとに吹雪だったが、以降は比較的好天に恵まれていたのだが・・・

120609102353rimg0002_r
思い返せば13年ぶりの蔵王。
我々温泉へのコースを予定していたが、生憎の悪天候のためお気軽な釜見物へ。
120609103321rimg0003_r_3
コンナ視界に加え、すっ飛ばされそうな強風。
メゲズに熊野岳を目指すハイカーは7~8人だったかな?

120609110632rimg0006_r_4
この頃には、ますます視界も利かなくなり休むことなく下山。

120610080117rimg0009_r_4
10日(日)
期待していたにも関わらず、東北地方南部まで入梅したとのニュース。
変わらぬガスッぷりも風は穏やか・・・南蔵王を歩く。

120610081444rimg0010_r
予定では不忘山だったが、まぁ~行ける所まで・・・
このコースはそのまま硯石まで縦走できたら良いのだが、どうにも公共交通機関が貧弱。

120610085813rimg0016_r

小さなアップダウンを繰り返し変化に富んだ山脈の筈も、視界が利かない今日は静けさだけ。

120610092551rimg0018_r

時に、こうした残雪があり花々の季節にも少し早かったかな?

120610092918rimg0020_r

芝草平も一部木道が見えているが、雪解け間もないようで花々の彩りはなし。

120610094855rimg0026_r

南蔵王の最高峰「屏風岳」への道は、沢登りの呈。

120610102544rimg0027_r
悪天候にも関わらず、コースタイムどおり2時間で到着。
ここまでにであった登山者は、芝草平で引き返した2人連れのみ。
雨の中パンとコーヒーで一息入れ引き返す。
120610102731rimg0029_r

この辺りも西側には残雪があり、本格シーズンには程遠い感じ。

120610121426rimg0036_r

帰路は10人くらいの団体と数人の登山者とすれ違う。

視界にも花々にも恵まれなかったが、もう少し公共交通が整備されていあたら縦走したかったなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »