« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013/06/28

高倉森

130623102830r010_rr6月23日(日) 暗門ビレッジから高倉森へ。
近年は訪れる観光客減少が深刻らしく、日曜日というのに閑散としたもの。暗門の滝まで続く渓流沿いのメインコースが雪害で閉鎖中なのだが、毎年繰り返される雪害と、工事現場の足場のような歩道を根本的に改善しないと・・・
130623105421r011_rr10:30 高倉森を目指し東北自然歩道を行く。
最初の急登はちとキビシイが、すぐに快適な尾根道になる。もう少し早い時期だと、津軽にしては珍しく「イワウチワ」が咲くtulip
130623111054r012_rr_211:10 マザーツリーばかりもてはやされるが、俺にはこちらの「ミズナラ」の方が断然大きく神々しく思える。
130623120247r000_rr_2再び尾根を伝い、ロープが張られた急登を行く。
130623120655r001_rr12:05 鬼川辺沢の源頭上のスラブ壁。
Sawaya さんは、あの壁を登るのが大好きらしいcoldsweats02
130623120907r003_rr再びロープが張られた急登りを過ぎると、高倉森の二つ目のピークがあり視界が開ける。ゆっくり昼食を摂ったのに、写真を撮り忘れていたdown
130623131943r005_rr12:40 昼食を済ませ、白神ラインの「津軽峠」へ。
コース中には2箇所ほど残雪があるほか、ゲチャ泥が続き長靴の方が良さそうだ。
130623135044r006_rr13:30 マザーツリーへの分岐だが、バスが既に乗車待ちしているためパス。
130623135216r007_rr 
13:32 「津軽峠」到着。 この先100mくらいに、トイレやベンチあり。
帰路は13:40分発「暗門ビレッジ」行きのバス(400円)を利用する。

この散策路、年に2~3回は歩くかな?
今日もすれ違ったのはガイドツアー1組と、2人連れのハイカーだけ。 いつ来ても静かで美しいブナ林を散策することができます。


|

2013/06/23

岩手山 御神坂コース

130610135336r059_rr6月10日(月) 岩手山御神坂コース
FD勤務のたがじょメンバー4人、岩手山で山岳訓練・・・?

130610082751r008_rr
130610091551r009_rr
130610103452r016_rr
130610101237r013_rr
130610104138r019_rr
130610112840r031_rr
130610110942r025_rr
130610111004r026_rr
130610113622r033_rr
130610112214r030_rr
130610114839r035_rr
130610120308r042_rr_2
130610130225r043_rr
130610131728r045_rr
130610134505r056_rr

|

2013/06/08

お山かけ in 男鹿三山

130601172538r000_rr6月1日(土) 男鹿半島 『なまはげオートキャンプ場』
翌日の “男鹿三山お山かけツアー” に備え前泊することにevent
130601174356r023_rr_2早々にテントを仕立て、前夜祭へ・・・先ずは秋田ならではの きりたんぽ鍋 。
虫もいなくて快適と思いきや、ちょっと目をはなした隙にカラスに真空パックのきりたんぽを奪われてしまったwobbly 
130601180202r024_rr_2続いては、先日の黒森でいただいた ギョウジャニンニク餃子 。
これはカリカリ熱々でビールのつまみに最適でしたbeer
130601185438r005_rr_2本日締めの一品は、やはり日本海に沈む夕陽でしょうかねぇsun

この後、各々行動していたメンバー2人を強引に呼び寄せ、さらに盛り上がるsmile

=================================

130602083142r008_rr_2翌日 6月2日(日) 8:00
なまはげ館の奥、真山神社に集結したメンバーは7人。
130602083422r012_rr_3正しく参拝してから、本日の “お山かけ” に向かいます。
R011_rr_2一方の私は、神様よりは美人の巫女さんとツーショットです。
以前誰かのレポートで見たとおり、秋田美人の巫女さんに爽やかにお見送りしてもらいました。
130602101422r014_rr_4コース前半はこんな感じ。
マイズルソウ、チゴユリ、シラネアオイ、ツクバネソウ、エンレイソウ、クロモジ、ヨツバツツジ、ムラサキヤシオツツジ、オオサクラソウ、etc・・・咲いていました。
130602112814r016_rr_2これは 『毛無山』 を通過したあたりでしょうか。
すっかり東北自然歩道です。
津軽衆からみると笹ダケほどのサイズなんですが、付近はその最盛期らしくあちこちガサガサゴソゴソしていました。

実は自分のカメラが早々にバッテリー切れで、CLのカメラを借りてパチパチしていましたので、詳細なレポートは同行者のヤマレコレポートを参照ください。

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-305413.html

|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »