« 八甲田山の日 | トップページ | 鳥海山(祓川) »

2013/07/16

もうひとつの 月山

130714133118r001_rr7月14日(日) 青森県にもあった 『月山』 へ。

分県別登山ガイド 「青森県の山」 に紹介され以前から気になっていたが、なかなか機会に恵まれなかったところ、前日の登山道整備ボラで疲労困憊、ちょっとした骨休みで訪ねてみた。

130714104722r011_rr国道からいきなり登山道へ。
最初は鬱蒼とした杉林だが、下草は綺麗に刈られている。

130714131949r000_rr15分ほどで庭園風の開けた場所へ。
やたら “個人の敷地につき・・・” って看板が立っており、先へ進む登山道を探して右往左往するcoldsweats02
130714110224r014_rr綺麗に刈り込まれて見落としがちだが、わずかな窪みを辿り登ると再び杉林に延びる登山道を発見する。
130714113428r017_rr杉林は二手に分かれるが、まずは尾根道(左)の急登を行くとひと登りでナラなどの広葉樹林になる。
130714113537r018_rr以降は程よいアップダウンの尾根道を登り、最初のピークでようやく目指す山頂を見据える。
130714124158r029_rr僅かに上り返すと、本宮入り口の鳥居がある。
鳥居の先、15分くらい下ると本宮があるらしいがこちらの下草は刈られていない。女人禁制の言い伝えのある御秘所らしいが、さっきまで見えていた大海原も雲に隠れ涼しい風が吹き始めたので山頂へ急ぐ。
130714123840r027_rr急な登り30分ほどで視界が開けたザレ場に到着。
130714122756r025_rrさらに10分ほど樹林を進むとようやく山頂到着。
小さな祠と、この奥に三角点がある小広場があるが、ともに視界は利かない。
130714131326r032_rr小さな虫が喧しく、雨も零れそうなためソソクサト下山。
前半直登した尾根道を外れ、杉林に進むと直ぐに札所?が建つ広場がある。全般的によく整備され、コース中に点在する祠の供物も比較的新しいことから、地元の方々に親しく崇められていることが伺える。

|

« 八甲田山の日 | トップページ | 鳥海山(祓川) »

青森県の山」カテゴリの記事