« 岩手山 七ツ滝コース | トップページ | ’13 夏山遠征 ② »

2013/09/20

’13 夏山遠征 ①

130913060018r004_rr_29月13日(金)6:00 2013 やまかけ倶楽部の夏遠征、今年は秋山遠征?

難関、槍~西穂縦走を混雑を避けサクッと駆け抜けようとした計画。
新人、マキ姉に埼玉隊の“きん太郎”さんを迎え、賑やかな山行となった。

130913062605r002_rr6:25 満員の駐車場に車をこじ入れ歩き出す。 3度目は無いかも知れないが、次回こそはこのロープウェーで安楽登山をしてみたいもの。
130913071134r005_rr7:11 穂高平小屋
130913075612r008_rr7:56 白出沢分岐
130913085547r014_rr8:55 湧谷

この辺りまでは皆さん爽やかな笑顔を振りまいていますね♪
スタート時から稜線には雲がかかり、結構なムシムシ感なんですが・・・皆さん、 このコースの苦しさ長さをまだ理解していないのです^^;

130913092520r000_rr9:25 ○○レリーフでしたっけ? 後で調べておきますね^^;
130913095333r003_rr9:53 ようやく槍平小屋。
ここで靴を脱ぎランチタイム。 トイレが臭いのが難ですが豊富な水が嬉しい。
130913112914r006_rr11:30 槍平からが山登りらしい。
気温はそんなに高くない筈だが、水の消費が半端ないです。
前日の長距離移動の障害がジワジワ感じられます。
130913125817r009_rr12:58 千丈乗越分岐

幸か不幸か、山頂方向に雲がかかり頂も小屋も見えない。
6年前の遠征では、笠~双六~槍~新穂の下山路でこのルートを歩いた。
あの時もきん太郎さんと一緒だったが、長くてうんざりしたっけ・・・

130913135118r012_rr13:51 ホント歩いても歩いても近づかない。
前方にかかる雲が取れるほど遠くなる稜線 トホホ・・・
130913153832r048_rr_215:35 ようやく槍ヶ岳山荘到着。

当初危ぶまれたテント組の2人が最先着で、見晴らし良好なテン場を確保できたとか。やはり年齢順に小屋到着になった。

130913160741r072_rr_2待ちきれず登頂を済ませたメンバーの尻を叩き、あらためて山頂を目指す。
130913163106r078_rrホント楽しそうだねぇ~♪ 若さだねぇ~~♪
130913163307r079_rr16:33 山頂そろい踏み!俺にとっては2回目の槍山頂。 
130913170530r013_rr夕食時間が迫り大急ぎで下山したいところ、クサリ場で転落しかけている登山者に遭遇。若干の障害を抱え、片手でぶら下がっており落下寸前だった。 
心優しいFマンの本領発揮、とりあえずの安全確保と応援要請で事なきを得る。

今夜は宿泊客も少なく、布団1枚に1.5人。
疲労困憊+アクシデントで、ゆっくり酔いしれる間もなく消灯前に爆睡。。。

|

« 岩手山 七ツ滝コース | トップページ | ’13 夏山遠征 ② »

登山」カテゴリの記事

コメント

6年前下った槍平へのルート。
登る人は皆ヘロヘロ状態だったのを思い出しました。catface

まさか今回そのルートを登るとは・・・happy02

坂道前半は寝不足もあり、足取りがふらついてました。
甘酸っぱい大粒のベニバナイチゴを頬張りながら登れば、雲ノなかから現れた飛騨乗越。

不思議ですね。槍の穂先を見ると疲れが吹っ飛ぶのはなぜ?wink

投稿: きん太郎 | 2013/09/21 18:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岩手山 七ツ滝コース | トップページ | ’13 夏山遠征 ② »