« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013/12/15

冬将軍様へご挨拶

131214090252r004_rr_212月14日(土) 9:02 嶽温泉から岩木山へ
冬将軍様のご機嫌を伺いに、雪不足のためワカンでハイクアップ。

131214093509r005_rr_5「羽黒分岐」 先行者はスノーシュー4~5人?
歩幅からして元気な若者と推測、ありがたくトレースを使わせてもらうhappy01

131214100043r000_rr_2「巨木の森分岐」 この辺りの積雪は40センチほど

131214103656r001_rr_2先行者のトレースに従い冬道を登るが、1000m付近でブッシュに掴まる。

131214111529r002_rr_211:15 「8合目リフト乗り場」
先行していたのは弘前大学探検部の4人。お礼を言い更に上を目指す。

131214115645r003_rr_211:56 今年の冬将軍様は穏やかで寛大な方と思いきや、リフト終点付近では強風とガスtyphoonmisttyphoon

131214121208r005_rrせめて「鳥海山」を目指すが、「鳥ノ海噴火口」の外輪に出たところで吹き飛ばされそうな烈婦とハイマツの落とし穴に苛まれ断念down
131214121726r009_rrほんの数分で風も視界も一気に悪化happy02
131214122546r000_rrそれでも、このリフト下を歩くぶんには大丈夫good

この後、山頂を目指した弘大生はどうしたかな・・・
8合目にテント泊とのこと。楽しい夜を過ごせたかなぁbottle

八甲田は酸ヶ湯アメダスで100センチの積雪らしく、来週はあちらで初テレマークの予定です。

| | コメント (0)

丹沢 焼山口~大倉

131207101932r011_rr12月7日 10:20 焼山登山口から林道を10分。いよいよ登山道へ。

'13 夏山人の歩き納めは神奈川県最高峰「丹沢」へ。
9月の北アルプス遠征でもお世話になった埼玉隊のキンさん、同人仲間で東京在住のYukariさんなど・・・総勢7人の大所帯。
131207115349r001_rr_211:50 「焼山」 日差しは暖かいが日陰で弁当を食べると寒い。

131207130326r026_rr今時期の津軽は雪空でこんなに晴れることは無いなぁ~
131207132800r028_rr13:28 「黍殻山(キビガラヤマ)」
131207143358r032_rr14:30 「青根」分岐を過ぎたあたりは一面の笹原
131207145412r036_rr14:55 「姫次」
どんどん空模様が怪しくなり、富士山は見えないfuji
131207162241r005_rrこの急階段を上りきると「蛭ヶ岳」らしいrun
131208065007r002_rr16:53 丹沢最高峰「蛭ヶ岳」・・・8日出発前↑

ヘッデンも覚悟したがなんとか日没前に小屋へ。
1泊2食7000円だが、はっきり言って素泊まりの方が賢明かな?
夕食はパックおでん、朝は佃煮+味噌汁のみ。
缶ビール500円は良いにしても、水(500ML)も缶コーラも500円均一wobbly

131208072142r057_rr8日 7:18 昨日までの天気予報では2日間とも晴れの予報だったのに・・・
131208082751r068_rr8:27 休憩所・・・トイレなし!
131208083043r069_rr綺麗な笹原に木道が延び、霞んで見えるのは相模湾
131208084256r003_rr131208090043r075_rr9:00 丹沢山頂 と「みやま山荘」
131208095322r000_rr131208101209r084_rr10:11 塔の岳山頂と「尊仏山荘」

この辺りから登山者の数が大幅にアップするup
131208113244r001_rr11:29 「鍋割山」

131208115046r096_rr_2お決まりの山荘名物“鍋焼きうどん”を頂く。
当初は一時間待ちと告げられたが、30分ほどで出来上がりgood

131208124149r100_rr表丹沢山稜コースを下る
131208132609r107_rr13:26 「大倉二俣」
131208132652r108_rrへぇ~担ぎ上げたら値引きしてくれるのかな・・・
131208142015r115_rrこの林道がまた長かったぁ~
131208152929r122_rr_215:29 秦野ビジターセンター

131208180725r002_rr_2温泉で汗を流し、駅前居酒屋で打上げbeer

普段の山行は車移動が普通。
下山して直ぐ飲めるのは嬉しいねぇ・・・
美味しいお酒と疲れで、この後の高速バスでは熟睡で帰宅となりましたbus

| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »