« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014/04/28

’14 岩木山春スキー

140427095636r022_rr
27日(土) 岩木山春スキー初日。
どうしたことかリフトが運転されていないannoy
弘南バス様は春スキーポスターさえ作ればスキー客は勝手に集まって来ると思っているようだ。

140426133510r018_rr
グチグチ言いながらも50分ほど歩き、1本目は「長平コース」へ。
ズブズブグサグサの腐雪ながらスキー場ゲレンデは完全に繋がっており一気に駐車場まで滑ることができた。

140427103013r024_rr
28日(日) やはりリフトは休業中。
30分ほど歩き鳥ノ海噴火口で夏道に合流する。

140427104751r030_rr_4

今日は「弥生コース」へ。
岩々が露出した「おみ坂」をスキーブーツで登るのはかなりシンドイ。

140427110317r032_rr

あろうことか山頂へscissors
普通は「一ノおみ坂」からトラバースするのだが、我らはあえて山頂からのドロップにこだわっている。

140427111824r035_rr
1月7日、坊主の合格祈願以来の山頂は穏やか~
140427113146r041_rr_2
まずは「大黒沢」源頭へ向けて滑る。

140427113428r042_rr
ここからがメインステージ「大黒沢」shine

140427113601r043_rr
今シーズン3度目の大黒沢は晴天なれどドフドフの腐雪down
ロングターンでスピードに乗り一気に滑り降りる。

140427114356r045_rr_2
この辺りからは“妖怪イタツカミ”のお出まし・・・

140427123332r049_rr
デポ車両までの歩行距離50~60m。

140427141411r050_rr
2日目は欲張りにもう一本。 2本目は「百沢コース」へ。

140427142615r051_rr_3
滑り出しの「鳥海山」から見る盟主「岩木山」はホントカッコいいgood

140427143749r056_rr
こちらも30度ほどの急斜面。

140427144041r057_rr
午前中の大黒沢よりは底が固く滑りも良い感じ。

140427145621r001_rr
なんと20分で「百沢スキー場」へ。
こちらも雪が切れたのは最後40~50m。

弘前市の気温は25℃まで上昇。桜は一気に満開になり、GW後半まで雪が持つか心配なところです。

| | コメント (2)

2014/04/14

向白神岳

120859
4月12日(土) 8:40
3週越しでようやく好天になり、同人仲間6人で『向白神』を目指す。

120955
9:55 『最終水場』

121048
『マテ山』分岐に向かわずショートカット気味に登山道尾根に登る。

121138
Co850m付近で登山道に合流、アイゼン装着する。

121214
森林限界付近から西風が強まり、雪面もクラストしている。

121230
風は冷たいが、今年に入って週末晴れは初めてとのこと。
青い空、白く波立つ海岸線に疲れも吹っ飛ぶ気がする。

121240
12:40 『大峰分岐』から『白神岳』へのなだらかな稜線。

121256
12:56 奇しくも5年前の今日、準備不足で『向白神』まで行けなかった。

121304
今季3週越しというより、5年前からず~っと憧れていた『向白神』へ向かう。

121321
13:21 『玄関岳』へ。 白神岳からは一層風が強まり、よろけた際にスパッツに穴を開けてしまった。

121453
14:10 ベースキャンプ設営。 荷物をデポし『向白神』を目指す。

121532
東側斜面はいたるところ亀裂が走り、デブリが堆積している。

121543
15:43 Co1221m付近のなだらかな尾根の先が『向白神』か・・・

121557

さらに先、小さな尖がりが『向白神』のようだ。

121616_3
16:15 ようやく『向白神岳』到着。

130554
13日(日) 5:54 2日目も快晴。小屋に泊まった登山者が既に歩き始めていた。

130757
7:57 幾分軽くなったはずのザックもズッシリ肩に食い込む。

130910
9:10 再び『白神岳』でcamera

131140
「カタクリ」

131142
「フクジュソウ」

131145
「キクザキイチゲ」

12:00 膝腰の痛みに耐えながら無事下山。素晴らしい天気、景色に感激した2日間だったが、歩きはじめにしてはチョットハードだったかな・・・

| | コメント (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »