« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014/06/23

白神 妙師崎沢

140621093626r007_rr
6月21日(土) 世界遺産白神山地の緩衝地帯で沢歩き。
今シーズン初沢歩きでもあり、ゆるいコースをと思い「妙師崎沢」を下る。

9:35 自然観察道から岩木山を望む。

140621100208r009_rr_2
マザーツリーより太く立派な「ヤコブ爺さん」

140621105332r016_rr
10:50 自然観察道から若干のヤブ漕ぎで「妙師崎沢」へ。

140621105229r015_rr
早春の沢は土砂の堆積や倒木が多く歩きづらい。

140621113639r021_rr
11:35 コース中、最大落差の滝。 ここでは遂にロープを出し懸垂降下。

140621115342r025_rr
3年前の秋に遡行した時に比べ、下りの方が難しく時間もかかる。

140621124609r031_rr
こうした雪渓が3箇所。安定しており上を乗り越えて進む。

140621131152r032_rr
オカエッコノ沢出合いを過ぎた滝。 
流れも穏やかになり、ブナやサワグルミが美林が広がる。

140621131433r033_rr
巨岩を飲み込む(?)ブナ

140621134303r034_rr
13:40 西股沢出合い

140621142508r002_rr
14:25 暗門「第1の滝」。

滝右岸を乗越す杣道は崩壊が進んでおり、渓流散策道を歩く観光客への落石被害が懸念されている。
そうした危険を防ぐためだろうか、滝を巻くルートでは手掛かりになりそうな木枝が切り払われていた。
次回からは下流側からの杣道を使うことにしよう。

※H26.6.21現在、暗門の滝遊歩道は雪害のため「第3の滝」までしか開通しておりません。

| | コメント (0)

2014/06/05

志和三山縦走

140601062137r000_rr
6月1日(日) 同人のK女史のリクエストで集まった気の好い仲間7人。
6:20 紫波町「ラフランス温泉」を意気揚々スタート。

140601062203r002_rr
“志和”だったり“紫波”だったりで良く分からないが、20kに及ぶ超ロングコースなのは覚悟の上。

140601062226r003_rr
頼りはこの標識・・・100番からカウントダウンで進む。

R007_rr
昨年の豪雨被害の傷跡・・・凄まじい。

140601064140r004_rr
6:40 針葉樹林を九十九折れに進みようやく広葉樹林に変わってきた。

140601070742r005_rr
7:07 「一の平」

R003_rr_2
8:30 「東根山」手前の展望台到着。
ここはホント気持ちの良い草原広場で360°の展望が得られる。

140601085131r007_rr
8:45 縦走コースの最高峰「東根山」の三角点はこちら。
たしかコース標識は80番だったかな・・・?

R004_rr
10:20 「へったくれ」でしょうか?
両岸がスパッと切れ落ち、なかなかの高度感です。

140601111832r015_rr
大きく下り高架電線の足元で小休止。

R005_rr
ありゃりゃ・・・舗装道路に飛び出す。
ここはエスケープルート? 矢巾温泉に下山することも可能。

R000_rr_2

11:50 コース中最高に整備された登山道(急坂)を登り、「南昌山」山頂へ。

140601122944r000_rr
宮沢賢治が愛したらしいことが書かれている。

R002_rr
コース標識は50番。
ちょうど半分らしく、ここでランチタイムにriceball

140601135523r003_rr
200m近いアップダウンを繰り返し、この辺りではかなりヘバッテいた。

140601144555r004_rr
14:45 「赤林山」ピークはパスして「ぶな広場」へ。

140601153503r005_rr_2
15:35 「箱ヶ森」にたどり着いた時点で大いに安堵する。

140601160305r019_rr
「猪去沢」方向へ下山する。

140601164625r020_rr
16:45 本来なら林道上のはずだが、昨年の豪雨で林道は激しく崩壊し川床と見境なし。

140601165442r009_rr
「オガセ滝」からは10分ほどでデポ車両へ。

140601173332r000_rr
17:30 デポ車に分乗し登山口へ到着。やっと風呂に入れる~
歩行距離20.01K、10時間50分でしたwobbly

こちらの「ラフランス温泉」は東根山頂写真を提示すると200円引きで入浴可spa

| | コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »