« '14 夏山遠征 in 十勝 ① | トップページ | '14 夏山遠征 in 十勝 ③ »

2014/07/29

'14 夏山遠征 in 十勝 ②

140719053551r010_rr
19日(土) 5:35 早朝まで霧雨だったが次第に晴れだすhappy01
騒がしい一団を送り出し、ゆっくりスタートが幸いしたようだ。

140719054452r011_rr
昨日は雲に見え隠れしていた山並みがクッキリeye

140719064519r012_rr
6:45 レインウェアーを脱ぎ「十勝岳」へrun

140719075739r015_rr
7:55 盟主「十勝岳(2,077)」到着

R009_rr_2

北西には「望岳台」からのコース

140719075552r008_rr_2
北東方向には「美瑛岳」と大雪山、トムラウシ

140719073838r014_rr
雲が流れ幻想的な雰囲気の砂礫の大地から「十勝岳」を振り返る

140719103139r001_rr
9:30 「美瑛岳」へdash

140719094036r000_rr_2
9:40 「美瑛岳(2,052)」山頂

140719113447r005_rr
10:34 「美瑛富士分岐」

140719104639r002_rr
先ずは「美瑛富士避難小屋」へ

140719105749r003_rr
10:57 「オプタテシケ、大雪分岐」

140719110300r004_rr
11:03 「美瑛富士避難小屋」到着。
小屋には環境省のモニタリング調査の方が2人。 我らは昼食を摂り、荷物を
デポして「オプタテシケ」を目指す。

140719132718r006_rr
ず~っとガスの中。 それでも大雪方向から縦走してこられる人がチラホラと・・・予想以上に歩かれている模様。

140719134452r007_rr
13:45 「オプタテシケ山(2,013)」 
3時間くらいかかると思いきや1時間半で到着。 荷物が無かったせいもあるが大雪完全縦走への期待がより大きく膨らんだ。

小屋に帰ると既に満員でキャンプ指定地には10張り以上のテント。
小屋周辺の雪渓は既に消滅し皆さん水には困窮しており、下山される方から譲り受ける方々も・・・この避難小屋、水場はおろかトイレもなし。今回のモニタリング調査を受け近年中に新しい施設が建設されるのかな?

|

« '14 夏山遠征 in 十勝 ① | トップページ | '14 夏山遠征 in 十勝 ③ »

登山」カテゴリの記事

コメント

十勝岳からの眺めは、まるで月にでも来たかのようですね。天気もまずまず。大雪からの完全縦走も期待できますね。

投稿: きん太郎 | 2014/07/31 22:46

きん太郎さま。
以前お誘いいただいた際は同行出来ませんでしたが、なるほど良い縦走路でした。
天気もまずまず、トムラウシ・大雪完全縦走への夢がより大きくなりました。

投稿: Q太郎 | 2014/08/04 09:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« '14 夏山遠征 in 十勝 ① | トップページ | '14 夏山遠征 in 十勝 ③ »