« 遠征・・・おまけ | トップページ | No.27 眺望山 »

2014/08/06

滝ノ股大滝

140802092658r009_rr
8月2日(土) 9:00 浅瀬石川水系の「滝ノ股沢」へ。
ここは南八甲田の櫛ヶ峰を源とし、水量豊富なのが特徴らしい。

140802092926r011_rr
大小4箇所の堰堤を越えて遡る。

140802094625r012_rr
途中に立派な案内板を発見!

140802094734r013_rr
『お気軽に散策ください』みたいなことが書かれ、遊歩道でもありそうな表示。

140802104427r022_rr
1時間半ほどで、地形図よりやや上流に位置する「滝ノ股大滝」に到着。 
落差10mほどだがたっぷりの水量と深く広い釜を持つ。

140802112757r027_rr_2
トップが残置ハーケンと細引き?を手掛かりに登り、後続を確保する。

140802114826r033_rr
滝上部がようやく沢らしい景観になる。

140802115413r038_rr
「滝ノ股大滝」の上流に続く5mほどの緩やかな滝。

140802120223r046_rr
11:30 「萢ノ沢」出合から「滝ノ股沢」への入り口にある「銚子の首」。
突破するのは困難なようで、右岸の巻き道を偵察し昼食にする。

140802130820r051_rr_2
「萢ノ沢」もチラッと覗いてみたが、ナメと小滝が連続し楽しそうな雰囲気。

140802141533r003_rr
折り返しは沢山のアブに付き纏われ、立派なマムシに見送られて懸垂下降。

この後、堰堤を巻いた際に発見した踏み跡は、延々と入渓地点まで続いていた。 
途中あやしい箇所もあったが、始めからこれを辿ったら30分以上時間短縮になりそうだ。 今回はスタート時間が遅かったが、しっかり準備して臨んだらもっと深くまで楽しめただろう。








|

« 遠征・・・おまけ | トップページ | No.27 眺望山 »

沢歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遠征・・・おまけ | トップページ | No.27 眺望山 »