« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014/11/26

階上岳&名久井岳

141123135221r019_rr
11月23日~24日 県内とはいえ遠い県南地方へ。
分県別ガイド 青森県の山 に掲載されている『階上岳』と『名久井岳』を訪ねる。

141123141120r025_rr_2
冬の入り・・・津軽地方はcloudsnowrain 
鉛色の空に覆われうっとおしい日々が続くが、こちらは一転カラッと晴れわたり太平洋を一望する。

141123141350r027_rr
大開平までズルシテ登ったてまえ、山頂から南端の739Pまで足を延ばす。
途中には「階上岳龍神水」なる清水もあり霊験あらかたな雰囲気・・・

141123143420r029_rr
739Pからは逆光に輝く山々はなんだろう・・・
この左手近くに見えた『久慈平岳』へは縦走路が延びているようだ。

141123171139r001_rr
そそくさと下山し、山仲間の病み上がりを祝いつつ大いに飲み喰らうbeer

141123171155r002_rr_2
ほのかな暗さが良い雰囲気。

141123195844r004_rr
なにより、薪ストーブが暖かく美味しい?

141124065537r005_rr
翌日は霜柱が立っていたが、寒さを感じることなく朝を迎える。

141124095420r006_rr
そして、ついでにとばかり『名久井岳』へ。

141124095957r007_rr

体調が万全ではなかったので、峠コースで?

141124100732r010_rr
ところが、短いコースながら急登の連続。
こうした鎖場が2箇所・・・?

141124102110r012_rr
20分ほどで山頂へ。
いかにも里山。 眼下の家々は近く、自分の家を指差しできそう。

141124102214r015_rr
それでも遠くには、雪を纏った『八甲田』と『十和田三山』が輝いて見える。

141124112121r017_rr
ドライバー以外は健脚コースを降る。
登山口は3箇所。 もっとも長いのがこちら「恵光院」からのルート。

| | コメント (0)

2014/11/10

高森山

141109133808r016_rr11月9日、青森市の奥座敷 浅虫温泉 の裏山「高森山」へ。
みちのく銀行の駐車場に車を置かせてもらい、裏側の「淡嶋神社」からスタート。
141109093303r017_rr_2森林公園として整備されているようで分かりやすい案内板が設置されている。
141109093850r018_rr_2振り返ると温泉街と陸奥湾が近い
141109094634r008_rr尾根筋を辿るコースで迷いようもないが、こうした里山こそ地図&コンパス使いの練習に適している。
141109103346r000_rrオオクロモジの黄葉が残っていた
141109104949r001_rr雌雄異株のツルシキミ
141109110444r002_rr11:00 水族館裏手からのメインコースに合流
141109121332r004_rr千手観音の様なブナの奥に山頂の社
141109112902r003_rr11:30 山頂へ。
冬に来た時はイグルーがあったりして・・・オールシーズン楽しめる里山ってことだね。
141109112844r013_rr陸奥湾の眺め
141109132835r005_rr下山は「煤川口」へ。温泉街奥の畑に通じていた。
この辺りにもしっかり案内板が設置されており、畑で大根収穫中の方々から奇異の眼差しを受けることもなし。
ホント、地域に融合した里山って感じが大好きscissors

| | コメント (0)

2014/11/06

晩秋のキノコ

141106125037r007_rr
散歩がてら、BCスキーコースの下見に出かけた。

141106122921r006_rr
岩木山北麓の『二子沼』

141106111900r001_rr
晩秋のブナ林はスッキリ明るく開放的

141106112555r004_rr
厚い落ち葉を散らしてみると・・・

141106112334r003_rr
晩生のナメコ

141106112923r005_rr_2

同行した先輩自慢の“ナメコ採り器”で切り取りながら掬う。
3時間ほどの短い散歩だが、予想外に2Kほどのナメコを収穫。
あたご温泉に浸かり、産直でナンバ漬けを購入し、早速ナメコのナンバ漬け作成に取り掛かるbottle

| | コメント (0)

初冬の岩手山

141030101839r012_rr10月30日(木) 10:18
かなり時期外れだが、夏休を消火すべく岩手山へ。
久しぶりの岩手山馬返しコース。それよりも、完璧な晴天にテンションアップup

141030120226r015_rr厚着もさることながら、重すぎる嗜好品のためとにかくゆっくり。

141030133234r021_rr13:32 七合目

141030134315r024_rr13:43 8合目避難小屋は冬仕舞い。
入り口は冬用口(裏側)だが、止水された水場も裏側の引水パイプ付け根から汲むことができた。

141030151643r029_rr小屋に荷物を置き、夕暮れの山頂へ。

141030150842r028_rr中央奥に鳥海山。これって悪天候の兆し?

141030152414r034_rr15:24 久々の山頂ショットcamera

141030172833r041_rr貸切の小屋ではツェルトを張らせていただきました。

141031060421r049_rr翌日 6:04 外輪からご来光を拝する。

141031061355r050_rr_3不動岩と不動平避難小屋。
素晴らしい夏山納め&冬山始めになった。
これからの津軽地方はジメジメと冷たい雨、霙。 加えて鉛色の空に覆われて心まで塞がれそうになう毎日。
こんな清々しい日は当分おあずけだろうかね・・・

| | コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »