« 尖岳 | トップページ | 朝日縦走② »

2015/09/25

朝日縦走 ①

150920134017r006_rr
9月20日(日)~22日(水) シルバーウィークを利用し朝日連峰へ。

10年前は日暮沢から竜門山~大朝日岳~小朝日岳~古寺山~日暮沢の周回コース。平日だったせいか大朝日小屋の同宿者も3~4人ほどだったっけ。

今回は車2台利用で、古寺鉱泉から主稜線を踏破し泡抱ダムまで縦走した。

連休の混雑を予想しゆったり午後から入山。駐車場はおろか道路にも車が溢れ、どうにか駐車する事ができ一安心。

150920162906r007_rr
16:30 初日のお宿「鳥原小屋」に到着。外にひと張りテントが張られ慌てるが1階に寝場所を確保し早速乾杯beer

イケメンの小屋番さんから勧められるままビールを購入するもキリンじゃないかcoldsweats01

150921052904r008_rr
流石は朝日sun ご来光もアッパレの様子。

150921083425r010_rr
2日目は5:40スタート。熱すぎる日差しの中小朝日岳を越える。

北には月山、鳥海山。南には飯豊、吾妻の山並みと遠くに磐梯山を一望する。

150921093738r011_rr
「大朝日小屋」では鳥原小屋以上に多くのテントが張りっぱなし。

聞くところによると、これらは非常時用の小屋所有テントらしい。

150921095712r012_rr
鳥原小屋でもチラホラ気になっていた単独女子のHちゃんとツーショット。

聞けば、彼女のゴール地点も泡滝ダムでタクシー利用とのこと。それならばと中年グループに誘い込み、以降一緒に行動することにgood

150921100543r013_rr
中朝日~西朝日~竜門山を越える。眼下の「竜門小屋」では外で寛ぐ人たちが大勢おり、水場には冷たいアサヒビールが・・・飲みたい衝動をグッとこらえ更に先へ進む。

150921122414r014_rr_2

「竜門小屋」から寒河山へ。次第に足と口が重くなるメンバー。心なしか空も曇りがちになる。

150921142310r015_rr_3
14:20 寒河山 小屋までもう少し・・・さて、今宵の混みようが気になりだす。

150921150048r016_rr
15:00 「狐穴小屋」をロックオンup 一気に駆け下りる。

150921173915r017_rr
やはりと言うか、がっかりと言うか・・・小屋番さんも慌てるほどの混雑ぶり。

150921142310r015_rr

一旦は小屋内に寝場所を確保するもの、遅れて到着する団体さんの情報を聞くや『テントをお持ちのお客さんは是非テン泊をお願いします』とのこと。

150921181011r018_rr
厳冬期のランチタイムには暖かく使い慣れたツェルトだが、テントのありがたみを痛感する。

深夜、顔に落ちる雫に雨かと思い目を覚ますと満天の星。強風に煽られ結露した水滴が零れ、シュラフカバーを濡らしていたのだった。以降はカバーに深くもぐりこみ、ウトウト朝まで長い夜を過ごす。

|

« 尖岳 | トップページ | 朝日縦走② »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 尖岳 | トップページ | 朝日縦走② »