« 朝日縦走 ① | トップページ | 裏岩手縦走 »

2015/09/27

朝日縦走②

Img_3623

9月21日(2日目)の狐穴小屋、屋外泊はこんな感じ・・・

最奥、黄色のツェルトで一夜を過ごす。

150922053430r019_rr
一夜明け、この景色&日差しではモチベーションがアップしますね。

150922060759r020_rr
「中千峰」の先には小さな池塘が・・・周囲はビバーク適地?

150922070218r021_rr
「以東岳」への登りも、昨日よりは俄然元気に!

150922072217r022_rr
7:22 最後のピーク「以東岳」

山頂西には赤い屋根の『以東岳避難小屋』があり、昨夜は数名が泊まったらしい。

150922074413r023_rr
「オツボ峰」へ向かう稜線は昨日までより一層鮮やかに色づいている。

150922081804r000_rr

「オツボ峰」の手前の小ピークあたりから『大鳥池』が姿を現す。

150922082402r001_rr
振り返ると「以東岳「と「以東岳避難小屋」。小屋はいよいよ取り壊されるらしいが、早々に再建して欲しいところ・・・

150922095106r002_rr
9:51 急坂で何度か尻もちをつきながらも『大鳥池小屋』に到着。

後続を待つ間、コーラを飲みたかったが売り切れとのこと。しかたなく縦走最後のアサヒで喉を潤すbeer

150922122837r003_rr
小屋で昼食を摂りさらに2時間半。つり橋を2度渡る。

150922131052r004_rr_2
途中、小さな沢を渡渉したり滝を見上げたり・・・次第に広く、平坦になる。
150922131605r005_rr

13:16 突然視界が開け「泡滝ダム」に到着。

「大鳥小屋」からの下山中にすれ違った登山者は20人くらいか。「以東岳避難小屋」が使えないとなると一気に「狐穴避難小屋」まで登るのも厳しく、少しゆっくりスタートで初日は「大鳥小屋」い泊まるのがベターなのかも。

|

« 朝日縦走 ① | トップページ | 裏岩手縦走 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝日縦走 ① | トップページ | 裏岩手縦走 »