« 2015年9月 | トップページ | 2016年1月 »

2015/10/28

赤沼から赤倉岳

151021082803r004_rr_2

10月21日(水) 蔦トンネル南口からスタート、先ずは紅葉末期の明るいブナ林を「赤沼」に向う。広く明瞭な道筋だが、けっこうな泥んこ道である。
151021084215r005_rr途中「仙人橋」からの道と合流し30分ほどで「赤沼」に到着。標高は正直ですっかり秋枯れの雰囲気だが、透明度2位だか3位を誇る水面は寒々しい。
151021090024r008_rr_3
「赤沼」から先の登山道は国土地理院の地形図に表示されていない。環境省では南八甲田のルートは閉鎖したいらしく、地元の愛好家が踏みしめる事で辛うじてその痕跡を残している。
151021130350r017_rr950mの湿原で「旧県道・間道」と合流する。目を凝らすと若干の踏み跡が見えるが、標識はすっかり朽ち果てている。
151021122144r016_rr「北ナガムテ」から尾根伝いに40分ほど。北側に「乗鞍岳」が姿を現すと登りも緩やかになり、これまた朽ち果てた「乗鞍分岐」標柱がある。
151021121533r015_rrスタートから3時間半ほどで「赤倉岳」山頂へ。山頂とて三角点は無く、やせ細り想像しないと文字も判読できない標柱があるのみで、広さも5~6人が座れる程度。東側のヤブの先でようやく視界が開け、「赤沼」をはじめ太平洋側を一望する。
151021131105r000_rr帰路は湿原から間道方向をチョイ探索。
硫黄臭の強い鉱泉が湧きだす小さな湯だまりへ。ポコポコ泡立つ場所は温かみがあるものの、裸になって浸かるにはチョッとですな。
151021150942r002_rr北八甲田のそれと区別するため「南部赤倉岳」と呼んだりするが、静かで奥行きもあり素晴らしい山。荒廃が著しい南八甲田だが、絶やさぬよう歩き続けないと草木に覆われ埋もれてしまうかも・・・

| | コメント (0)

2015/10/13

泉ヶ岳

151008073308r008_rr息子は修学旅行で不在。カミさんと仙台の娘のところへ。
とはいえ日中は学校。カミさんをアパートに残し近く「泉ヶ岳」へ。

151008075507r010_rr7:55 登山口の駐車場でコンビニ弁当を食べ水神口からスタート。

151008083336r013_rr8:33 「水神」 駐車場には登山者らしい女性が2人、仲間と待ち合わせ中の雰囲気だったが・・・こちらのコースは前後とも人影なし。

151008091433r017_rr9:14 「三叉路」 晴れ予報だか風が強く、ミズナラの木立のざわめきがやかましいほど。

151008094058r020_rr9:40 コースタイムがシビアなのか昨夜飲み過ぎたせいか、ぴったり2時間で北泉ヶ岳到着。それにしても、三叉路からは強風で揺れるブナが倒れるんじゃないか?ってくらい。
折れた枝が落下しやしないかと交互に腕を上げ、頭をカバーしながら歩いたせいで腕が疲れた。

151008100708r022_rr_2次いで泉ヶ岳への登り返し。
「北泉ヶ岳」から「泉ヶ岳」方向は見えなかったが、この辺りからは「北泉ヶ岳」の山頂尾根付近が見通せる。

151008102608r023_rr山頂直下では北西の風をまともに受け何度か耐風姿勢をとる。
後で知ったが暴風警報が発令されてたのね^^;

151008104018r026_rr10:30泉ヶ岳山頂にはめげない登山者が4人。
皆さん写真を撮りそそくさと下山。おいらも風下側の滑降コースを下山。

151008104646r028_rrこちらは視界良好で風もなく穏やか。
大壁はちと急坂+岩々で歩きにくいが、見返平からの樹林帯は爽やかで歩きやすい。結局、昼食を摂ることなく11:50下山する。

| | コメント (0)

裏岩手縦走

150930082502r008_rr9月30日(水)8:25 裏岩手縦走路の最初のピーク「畚岳」に立つ。
岩手山では平年より13日早い初冠雪をみたこの日、晴天の予報のわりに雲が多く強風が吹き荒れるなかスタート。

150930094039r009_rr9:40 「石沼」 この縦走路4回くらい歩いているが北東北じゃ最高のトレイルだと思う。平日の今日はスタート地点に車が2台いたが、皆さん「畚岳」を飛ばしたらしくコースは閑散としたもの。

150930100616r013_rr10:05 「嶮岨森」と「鏡沼」。紅葉は過ぎているがチシマザサの照返しがビロードのように美しい。

150930110904r024_rr11:10 「大深山荘」 強風のため中で昼食を摂る。
素晴らしく管理が行き届いた小屋は快適そのもの。それもそのはず、平日のこの日も自然公園管理員の腕章をされた方が巡回しサッサとトイレを掃除されていた。感謝。感謝。。

150930124213r029_rr12:42 「八瀬森分岐」から「小畚山」へ。
2年前?・・・県境コースを乳頭温泉へ縦走した。あの時も終盤はヤブだったが、この辺りは少し刈り払いされていたような??

150930133627r036_rr13:36 「小畚山」まで来てようやく「三ッ石山」を確認。
「岩手山」もグッと迫力を増し、本コース初のメンバーにとっては垂涎の的?

150930141259r001_rr14:10 「山ッ石山」から「三ッ石山荘」と「岩手山」。

150930143004r002_rr_214:30 ちょっと早足で来たため小休止。
どうせならもっと早く出すんだったぁ~キンさんから送られた梨。

150930155754r005_rr15:57 予定どおり「松川温泉」に到着。
途中、赤川渡渉から松川大橋のコースはがけ崩れで通行止めだった。

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2016年1月 »