« 2017年4月 | トップページ

2017/05/23

黒森



5月21日 八甲田山系を道一本隔てた『黒森』へ。
登山道が無い1022mの小峰は残雪時期限定。


急な雪渓はアイゼンが欲しいほど…今日はスパイク付き長靴にダブルストック。


田代平を見下ろす。
石倉山から八幡嶽。その先には昨秋登った烏帽子岳。


山頂三角点はヤブに覆われ発見出来ない。
この先に南八甲田が連なるのだが…前に来た時はヤブも雪に埋もれていたため、南方の視界も開けていたのだが…残念。

| | コメント (0)

2017/05/09

尾崎山(権現崎)

4月30日(日) 津軽半島北端近くの尾崎山トレッキング。
青森県の日本海側海岸線「七里長浜」の北端にある小泊岬とも言われる地。
たぶん小泊地区の権現崎にある尾崎山ってことなんでしょうか・・・

Img_6786_2 東北自然歩道の標識が設置され半島を周回するトレッキングコースとして整備されたようだが、いつかの地震で海岸歩道が壊れ一部閉鎖中との注意書きがされている。釣り人が集う人気コースと見て事故責任で侵入することにする。
Img_6793 透明度のある清々しい海岸線を行く。
コンクリート製の歩道の一部に段差や崩落箇所があるものの、特段危険を感じることも無くテクテク歩を進めることができる。
Img_6794 弁天崎?の先端で釣上げたという「ワラサ」を下げ、誇らしげに帰途に着く釣り人・・・
Img_6798 ここは高度もあり怖かったぁ~
Img_6801 以降は快適な海岸線。歩道が崩壊している箇所もあるがそれほど危険を感じることも無く海岸トレッキングを満喫できる
Img_6807 遠めに見ると確かに「ブタの尻」っぽく見えないことも無いが、海岸歩きに飽きてきたころにあるポイント
Img_6814 風化が激しいながらも「権現崎」と読める看板から山の道へ
Img_6815 「ゼンマイ」と「カタクリ」が咲くなだらかな斜面を行く
Img_6817 「海軍」っていうのはなんだろう・・・稜線っぽいあたりから等(近)間隔で設置されていた
Img_6835 ほどなく山頂らしき所に「尾崎神社」が鎮座する。
周辺は広く整備され鳥居や灯篭、朽ちてはいるがコンクリート製の展望台まで建てられている
Img_6830 Img_6831 200mを超える断崖から望む日本海・・・北には北海道「白神岬」、南には七里長浜の先に「岩木山」が見えるはず・・・
Img_6843
Img_6839 この後の下り「山の道」が長かったぁ~
よく整備されて入るが、散在する東屋などは朽ち侘しい雰囲気。コース中の視界も芳しくなく単調な道程が120分ほど続く
Img_6847 木々の隙間に小泊漁港を見下ろすころ、こうした崩壊箇所があり通行禁止看板が設置されているが、これまた自己責任で通れないことも無い
Img_6849
正直なところ、スリリングな海岸線に比べ単調だった山の道ゴールは「柴崎城址(神社)」
Img_6852 旅館や個人宅の裏庭みたいなスペースを通り小泊漁港へ降り立つ。
約12k、4時間余りのトレッキングコース。雪解けの遅い北国ハイカーにとっては心地いいハイキングコースだったかな


| | コメント (0)

« 2017年4月 | トップページ