« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017/06/21

南部赤倉岳



猿倉温泉から幻の県道を行く。
大岳を盟主とする北八甲田と違い夏の南八甲田は超静か。


途中からルートを外れ矢櫃沢を徒渉。


高田大岳を背に名もない湿原を進む。


北ナガムテで赤沼を見下ろし一息。更に30分ほどで赤倉岳山頂へ。


再び湿原に戻り東に向かう。ブナ林に変わる頃巨木に刻まれた赤沼への道標。


南八甲田の瞳。透明度第3位、晩秋には朝陽に照らされた赤倉岳に多くの写真愛好家が集う。
新緑爽やかな今日、昼時にもかかわらず閑散としたもの。

| | コメント (0)

ドラゴンアイ



頂上近く『鏡沼』上に降り積もった雪解けが進むにつれ出現するらしく皆さんfacebookなどに紹介している。
どうにもスッキリしない空模様。ドライブがてら樹海ラインを辿る。


見返り峠からの歩道には残雪たっぷり。


八幡沼と稜雲荘。


広い湿原。木道は見えているがショウジョウバカマがチラホラ…


後半はすっかり雪に覆われた樹林帯を竹竿に導かれ見返り峠へ。

八幡沼、ガマ沼展望台から先は花々が咲く季節までハイカーも少ない様子。
やはり今年は雪解けが遅いのかなぁ〜


翌日も休み。近くで車中泊&晩酌beer
サブバッテリーやら防虫ネットなど取り付けたがなかなか車中泊する機会がない。
これまでの車中泊も仙台の子等を訪ね、ハチベエと街中パーキングに泊まるのみ。
これからは山と車中泊で行動範囲を拡大さねば…

| | コメント (0)

2017/06/08

烏帽子岳

Img_6978_rr

6月5日(月)南蔵王 「烏帽子岳」 を訪ねた。
前に来たのは5年位前・・・? 正面に見える屏風岳の稜線を歩いた後、シロヤシオツツジを見るために立ち寄ったが悪天候で断念。その時も開花時期にあたらなかったっけ。
Img_6947_rr 平日の今日は登山者も少ないとのこと。時間は10時過ぎ、ゴンドラで楽々ハイクアップで時間短縮を図る。
Img_6962_rr ゲレンデは結構な急斜面で日差しも強く退屈だった。どうせならリフトもう1本運転してくれたら良かったのに・・・ただ黙々と登り、ゲレンデ上部で3人組を追い越しよく整備された登山道へ。
コッヘルの蓋みたいなのに書かれた標識は、以降も⑦④③①と続く。
Img_6970_rr
シロヤシオツツジ目当てなのに足元にはショウジョウバカマ。
岩木山のはもっと色濃いサファイアブルーなんだぞ!などと心でつぶやく。
Img_6963_rr
シロヤシオ・・・と思いきやオオカメノキ
Img_6955_rr
ムラサキヤシオハ鮮やかに、いたるところに咲いているのに・・・モヨウラクツツジ、ミネザクラ、ハウチワカエデ、ナナカマドなど見慣れた花々。
Img_6976_rr 前烏帽子岳分岐。予定ではこの分岐から前烏帽子岳経由で下山するはずだったが・・・
Img_6984_rr 山頂までは2時間弱。ろうずめ平へ下山する3人組を見送りながら昼食を摂る。
Img_6986_rr 結局ここまでシロヤシオツツジにはお目にかかれなかった。ゴンドラで時間短縮したこともありパンフレットに書かれたシロヤシオ群生地を目指し、ろうずめ平~股窪~三段の滝コースへ。
Img_6990_rr 後烏帽子岳を右手に下山するのだが、こちらのコースは一転荒れた様子。
Img_7004_rr ほとんど視界が利かない中を歩くが後半になり一昨年歩いた雁戸山を目にし懐かしむ。一人って退屈だ・・・
Img_6995_rr 咲いてないマイズルソウロードを足早に通過。以降もイワカガミ、ツマトリソウ、シラネアオイ、サラサドウダンなどチラホラ見やりながら黙々と・・・結構長く単調な道。
Img_7009_rr ボウズがお世話になってます・・・倉石ヒュッテ
この後は更に荒れた道になり退屈至極。三段の滝まで遂にシロヤシオツツジを目にすることは無くゲレンデへ。
Img_7019_rr 最後はゲレンデを早足で下り、チケット売り場のおばちゃんに下山報告し帰路へ。
ここの春から息子も仙台人になり、もう4年間は宮城の山を訪ねる機会も増えそうだ。

| | コメント (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »